ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

知ってるようで知らない?食物アレルギーの原因、症状などまとめ

   

6580ad48341a4379fe46f8ca0b7fe96a_s

特定の食物を食べるとおこる「食物アレルギー」。子どもの時から食物アレルギーを持っている人は、摂取しないように気を付けながら食事をされていると思います。

しかし生まれた後初めて食事を開始する子どもは、食物アレルギーを持っているかどうか分かりません。そのため食物アレルギーをおこしてしまう可能性があり、初めて食べる食品を与える時は注意が必要です

今回はこの食物アレルギーについて、どのような症状が出て、対策はどうすればよいのかなどを紹介していきます。

なんとなく使ってる言葉だけど、そもそも食物アレルギーってどういうものなの?

身体に入ってきた有害な物質に対して抗体ができ、次に同じものが体内に入ってきたときに、攻撃する仕組みを「免疫」と言います。体の重要な仕組みですが、時に体によって有害に働いてしまうことがあります。それが食物アレルギーです。

食物アレルギーとは、特定の食品が体の中に入った時に、アレルギー反応をおこす症状をいいます体内の免疫機能がその食物を異物と判断することが原因でおこります

口の中に入れなくても、接触するだけでアレルギー反応が出ることもあります

0~3歳の乳幼児は免疫機能が発達しておらず、消化機能も未熟なため、特に食物アレルギーをおこしやすくなっています。時にはママの母乳に含まれる成分から、アレルギー反応をおこしてしまうこともあります

アレルギーがあるとどんな症状が出るの?注意すべきポイントは?

new_8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s

食物アレルギーの症状としては、かゆみを伴う湿疹やじんましん、鼻水などの症状が現れます。腹痛や吐き気、嘔吐、下痢といった消化器症状が出ることもあります。

食べた直後に口のまわりが赤くただれたり、口腔内にかゆみが出る、喘息などが現れることもあり、症状は多岐にわたります

アレルギー反応が出るタイミングもさまざまです。食べた直後に出ること(即時型食物アレルギー)もあれば、その食品を食べてから半日から数日後に症状が出ること(遅延型食物アレルギー)もあります。

アレルギー反応が強くでた場合は、「アナフィラキシーショック」という激しいアレルギー反応をおこすこともあります。

この場合、食品を食べた直後に急激な症状がおき、気道が腫れて呼吸が出来なくなったり、意識障害が出ることもあります。放置していると、命に関わるため急いで小児科を受診する必要があります

原因となる食べ物ってどんなものがあるの?年齢によって変わるって本当?検査ってどんな方法があるの?

食物アレルギーの原因となる食物は多岐にわたりますが、卵、小麦、牛乳の3つは特にアレルギーをおこしやすく、三大アレルゲンと言われています。

また大豆、米もアレルギーをおこしやすいため、アレルギーが心配な場合は離乳後期から与えるようにします

与える場合も、最初は少量すつ与え、食後は皮膚に湿疹が出ていないか、体調の変化がないかを注意して観察します

そのほかに皮膚のかゆみなどをおこしやすい食品としては、ホウレンソウ、イチゴ、ナスなどのヒスタミン様物質を含む食品や、ヤマイモ、サトイモ、キウイ、マンゴーなどのかぶれやすい食品などがあげられます。

またカレーなどの香辛料やアイスクリームなどの甘いもの体を温め、痒みを誘発しやすいと言われています

成長と共に消化機能が発達してくると、徐々にアレルギー反応をおこしにくくなっていきます。年齢を重ねることで、アレルゲンが変わることもあります

特に大人になってなりやすい食物アレルゲンとしては、甲殻類や小麦、そば、ピーナッツなどがあげられます。食品アレルギーの検査としては、血液検査や皮膚検査、食物除去試験、食品負荷試験などがあります。

食物アレルギーと診断されたら食べちゃだめ?何か対策はないの?

new_16f919e22b3451ead22cf692c1604125_s

食物アレルギーと診断された場合は、基本的にはアレルギー反応をおこす食品を食べないようにする「除去食療法」を行います。

除去食療法には、その食品がわずかでも含まれる食品をいっさい摂取しない完全除去と、アレルギー食品を少量にする不完全除去の2種類があります。

どちらの方法を選択するかは、アレルギーの重症度にもよるため、医師の指示に従います。赤ちゃんが健康に成長するためには、バランスのいい食事が必要で、栄養が偏ることで赤ちゃんの発育に悪い影響を与えることもあり、貧血をおこす可能性もあります。

そのため、ママの判断で除去食にするのではなく、医師に相談した上で、指示通りの食事療法を行うようにしましょう。また除去する食品の種類が多い時、完全な除去食療法を行うことが難しい場合は、抗アレルギー薬を処方されることもあります

また最近では、専門の医師の指示の下で、少量ずつからアレルゲンの食品を食べさせ、アレルゲンに対して体を慣らしていく「経口免疫療法」を行っている病院もあります。

年齢を重ねるにしたがって、徐々に食物アレルギーが克服できる場合もあります。医師と相談しながら、対応策をとりましょう

うまく付き合っていけば、克服できることもある

一度子どもが食物アレルギーをおこすと、その食品を与えることに抵抗を感じるかもしれません。しかし子どもにとっては、栄養の面からもバランスよく食事を摂ることも大切です。医師の指示の下で正しい食事療法を行っていきましょう。

子どもが小さい内はアレルギーもおこしやすく、ママは食事にも気を使うことが多いですが、成長するにしたがって克服できる食物アレルギーもあります。子どもの様子を見ながら食物アレルギーとうまく付き合っていくようにしましょう

  関連記事

ママもドキドキ…はじめての離乳食クッキング!何をどのくらい作ればいいの?

スムーズな離乳食スタートを切るために予習しておきましょう! 0歳5ヵ月から6ヵ月 …

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

赤ちゃんに40度の高熱が!どうすればいいの?考えられる病気や対処法について教えて

新生児は、ママから「母子免疫」をもらって生まれてきます。そのため、細菌やウイルス …

赤ちゃんがパパ見知りをするって本当?原因と解消法が知りたい!

ママもパパも、赤ちゃんに対する愛情に変わりはありません。ですが、赤ちゃんが成長す …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …

生後6ヵ月までに多い「揺さぶられ症候群」って何?

月齢が進むにつれて、赤ちゃんはスンナリ眠ってくれないことに、悩むママが増えてきま …

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

パパにこそ覚えてほしい!ベビーサインで赤ちゃんとの絆を深めよう

平日は仕事に追われ、帰宅するとわが子はすでに夢の中…。頑張って働くパパ達は、なか …

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子ども …

「あーあー、うーうー」と喋りだす赤ちゃん言葉!その言葉には何か意味が込められてるの?

赤ちゃんを産んで、育てていると「早く言葉を話さないかなぁ」と楽しみですよね。赤ち …