ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんがダニに刺されたときの症状や対処法とは?

   

new_165798

ダニにはいろいろな種類があり、家の中のあらゆる場所に存在します。そして、大人はダニに刺されることがないのに、赤ちゃんだけ症状があらわれることがあるのです。それは、赤ちゃんは体温が高く、汗をかくので、ダニに刺されやすいからです。

そこで今回は、赤ちゃんがダニに刺されたときに出る症状、対処法や予防法について、お話しします。ほかの虫刺されとは特徴が異なりますので、しっかり理解して、赤ちゃんをダニから守ってあげてくださいね。

赤ちゃんがダニに刺されたときに出る症状は?

人がダニに刺されると、激しいかゆみを伴う、ポツポツした赤い発疹があらわれます。刺される部分は、太ももやわきの下、腕の内側など、皮膚が柔らかい部分が多いです。

ダニに刺されたときにできる発疹は、1カ所の大きさが5mm~1cmくらいになることが多く、中心部が硬くなりやすいです。また、ダニは通常2カ所ほど刺すので、左右非相性の発疹が複数出ます。

太ももやわきの下、お腹に、丘疹と呼ばれる皮膚が赤く盛り上がった発疹が出ているときには、ダニに刺されたと考えて間違いありません。そして、一度発疹があらわれると、消えるまでに1週間ほどかかります

また、ダニに刺されてからかゆみが出るまでに、6~8時間かかるとされています。赤ちゃんが前触れなく泣きだしたら、ダニに刺されていないかをチェックしてあげてください

赤ちゃんがダニに刺されたときの対処法は?

赤ちゃんの身体に、ダニに刺された痕を見つけたら、まず患部を水で洗ってあげましょう。清潔さを保つことが、大事です。

また、患部が赤ちゃんの手の届くところだった場合、書き壊してしまう可能性があります。赤ちゃんの爪は、短めに切っておきましょう。そして、患部を濡れたガーゼやタオルなどで、冷やしてあげてください。

また、赤ちゃんがダニに刺されたときには、その衣類にダニが生息していることがあります。万が一に備えて、その衣類は70度以上の熱湯に浸し、殺菌しておくことをおすすめします

もし、赤ちゃんがぐずったり、寝つきが悪いときには、皮膚科に連れて行くようにしましょう。赤ちゃん用のかゆみ止めを塗ると、機嫌もよくなるはずです。

赤ちゃんがダニに刺されないための予防法は?

new_futon_tataki

赤ちゃんがダニに刺されないようにするためには、室内にダニを増やさないのが一番です。まず、室内の湿度が高くなり過ぎないように注意しましょう。

ダニは湿気の多い場所を好むので、梅雨時期は増えやすくなります。晴れている日はこまめに窓を開けて喚起をする、洗濯物は外干しするのがおすすめです。

同様に、赤ちゃんが使っている布団は、こまめに天日干しにして、寝具に含まれている水分を減らし、ダニの繁殖を防ぎましょう。取り込む際に布団を叩いて、ダニの死骸や排泄物を取り除き、最後に掃除機をかけましょう。

また、こまめに掃除をすることで、ダニのエサとなる髪の毛やフケ、食べかすを取り除きます。ぬいぐるみにもダニがつきやすいので、黒い布やビニール袋に包み、外の日の当たる場所に2~3時間置くのもおすすめです。

もしダニに刺されたらホームケアを徹底してあげよう

赤ちゃんがダニの発疹を掻き壊してしまうと、そこから黄色ブドウ球菌が侵入し、とびひができることがあります。また、ダニが原因でアトピー性皮膚炎、気管支炎、ぜんそくなどを発症することもあります

もし、赤ちゃんがダニに刺されてしまったら、まず患部を掻かないように気をつけてあげること、身体を温め過ぎないこと、かゆみ止めを塗ってあげること、ダニの駆除に努めることを、徹底してあげてください。

症状を悪化させないよう、ホームケアしてあげてください

  関連記事

生後6ヵ月までに多い「揺さぶられ症候群」って何?

月齢が進むにつれて、赤ちゃんはスンナリ眠ってくれないことに、悩むママが増えてきま …

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因とは?対処法と予防法について

赤ちゃんの歯が生えてきたことを喜んだのもつかの間、続々と乳歯が生えてくると、その …

子どもが言語を身につけるのに最適な時期があるの?その際の注意点とは?

赤ちゃんの生活リズムができ始め、日中におきている時間が増えてくると、「あ~」「う …

赤ちゃんが寝てしばらくするとおきてしまう寝ぐずり!その原因や対策とは?

授乳とおむつ替えを済ませて寝かしつけた赤ちゃん。このまま眠ってくれると思いきや1 …

乳歯はいつ頃生えてくる?生後6ヵ月の赤ちゃんの歯茎のムズムズ対処法も紹介!

乳歯が生える時期や順番は?乳歯が生えたあとのケアについてもチェック 0歳6ヵ月く …

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で …

ホクナリンテープで呼吸がラクに?!赤ちゃんへの効果と使い方とは?

赤ちゃんが咳き込んでつらそう!病院へいったら『ホクナリンテープ』が処方され「この …

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

セレブママの間で流行中!?ハーフバースデーって何するの?

みなさんは、「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?海外の習慣で、近年は …

赤ちゃんがケンケンという咳をしたらクループ症候群の可能性が!

生後6ヶ月を過ぎたあたりからは発症することがある病気の一つに「クループ症候群」と …