ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因とは?対処法と予防法について

   

fb2a2889b3da9b2e6fb05e2470de7f69_s

赤ちゃんの歯が生えてきたことを喜んだのもつかの間、続々と乳歯が生えてくると、その歯並びが気になるママとパパは、案外多いようです。

歯と歯の間に隙間があったり、指しゃぶりの影響で歯並びが悪くなると、永久歯に影響を与えることがあるのでは?と、不安に思うこともあるでしょう。そこでここでは、赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因と対処法、予防法について、お話しします。

ママやパパの心がけで、子どもの歯並びをよくすることができます。ぜひ、参考にしてくださいね。

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因って何?

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因は、「先天的要因」「後天的要因」に大別されます。

先天的要因としては、上あごや下あごの骨が大きすぎる、あるいは小さすぎるなど、骨格の問題のことが多いです。出っ歯や受け口であることも、骨格の遺伝によるものが多く、歯並びに影響します。

後天的要因としては、食べ物の食べ方により、口の周りや舌の筋肉の動きが悪く、歯並びに悪影響が及ぶことがあります。食事をするときの姿勢やくせなども、歯並びに関係するので注意が必要です

また、赤ちゃんにおしゃぶりや指しゃぶりをする習慣があると、出っ歯になりやすいといわれています。また、口呼吸が習慣になっていると、上の前歯が出やすくなったり、前歯のかみ合わせが浅くなることもあります。

赤ちゃんの歯並びを悪くしない予防法とは?

381013e7d578b4f6a765da44ce51794d_s

後天的要因による歯並びの悪さは、生活習慣によって予防することができます。おしゃぶりや指しゃぶりをさせないこと、頬杖をつかせないこと、虫歯をつくらないことが基本です。

また、食事をするときに、やわらかいものばかり食べさせない、しっかりと噛む習慣をつけさせることで、あごの骨の発達を促すことも大事です。また、食べ物を噛むときにも、左右バランスよく食べるよう、促してあげましょう。

また、夜に寝かせるときに、決まった体勢で寝かせないことも大切です。同じ姿勢で眠り続けることで、骨格が歪み、それがあごの発達に悪影響を与えることがあるのです。

特にうつぶせ寝は、歯並びに影響するので、できるだけさせないようにしましょう

受け口や前歯のかみ合わせが深い場合、出っ歯、歯と歯の間に隙間のない歯並びの場合は、乳歯の段階で矯正やトレーニングを行った方がよいこともあります。

小児歯科の先生に相談し、永久歯の歯並びをよくするためにした方がよいことを、教えてもらうとよいでしょう

赤ちゃんの歯並びが悪いときの対処法は?

赤ちゃんの歯並びが悪いと思うときには、まず虫歯をつくらないようにケアしてあげましょう。乳歯が虫歯で抜けてしまうと、その下にある永久歯がまっすぐに生えてこられない可能性があります。

子どもが自分で歯磨きするようになっても、ママやパパが仕上げ磨きをしてあげてください。また、歯科検診を定期的に受けることが大事です。

歯の状態だけでなく、あごの発達に問題がないかを診てもらうことで、必要に応じて矯正治療を検討することもできます。

矯正が必要なケースもあるので、心配なときは病院へ行こう

赤ちゃんの歯が生えてくるときには、前歯が斜めになったり、歯と歯の間に隙間がある「すきっ歯」になることがありますが、これが永久歯に影響することはないとされています。

ですが、歯と歯の間に隙間がないと、大きな永久歯が生えにくく、歯並びが悪くなりやすいので、歯科検診で相談することをおすすめします。

また、歯並びの悪さがあごの骨格の発育が進んでいないことによる場合には、小児歯科や矯正歯科に通って、あごを発達させる治療を行う方がよいこともあります。子どもには、定期的に歯科検診を受けさせましょう。

  関連記事

骨や筋肉がついてきたらいよいよおすわり!生後6ヵ月の赤ちゃんの注意点とは?

とってもかわいいおすわり!ただ、転びやすいので気を付けて。 0歳6ヵ月くらいの時 …

【月齢別】赤ちゃんの歯磨き徹底解説!歯磨きのやり方や上手に磨くコツ、注意点とは?

可愛らしい歯が生えてくる生後6ヵ月ころは、そろそろ歯磨きをスタートする時期ですね …

赤ちゃんに40度の高熱が!どうすればいいの?考えられる病気や対処法について教えて

新生児は、ママから「母子免疫」をもらって生まれてきます。そのため、細菌やウイルス …

アレルギー検査をしても大丈夫?検査内容もチェック

離乳食を始めたら気になるのが食物アレルギー! 気付いたら赤ちゃんの体が赤くなって …

赤ちゃんがダニに刺されたときの症状や対処法とは?

ダニにはいろいろな種類があり、家の中のあらゆる場所に存在します。そして、大人はダ …

抱っこ紐だと寝るのに、布団に下ろすと泣く…。どう対処したらいい?

首が座って外出が増える生後6カ月ころに、抱っこ紐を使うママも多いことでしょう。抱 …

パパにこそ覚えてほしい!ベビーサインで赤ちゃんとの絆を深めよう

平日は仕事に追われ、帰宅するとわが子はすでに夢の中…。頑張って働くパパ達は、なか …

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で …

赤ちゃんの歯茎に白いものがついた!その原因と治療法について

赤ちゃんの口の中は、歯が生えていない状態でも、トラブルがおこることがあります。授 …

離乳食にはちみつを使用してはダメ!赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由とは?

つい最近、赤ちゃんの離乳食にはちみつを利用してしまったために死亡事故がおきてしま …