ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

   

atopy_640_427

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で赤くなったり、発疹がおこります。

そんな赤ちゃんの皮膚トラブルの中でも、よく聞かれるのが「蕁麻疹」です。蕁麻疹は突然発症するだけでなく、かゆみが強いので、赤ちゃんが辛い思いをすることがあります。

そこで今回は、赤ちゃんに蕁麻疹がおこる原因や症状、対処法について、お話しします。蕁麻疹の中には、病院に連れて行った方がよいケースもあるので、よく見極めましょう。

蕁麻疹って何?その原因は?

蕁麻疹とは、皮膚の一部に突然、強いかゆみを伴う、赤く盛り上がった発疹があらわれる状態のことをいいます。

発疹の形状は、境界が明確な円形や輪状のことが多く、皮膚だけでなく、唇や口腔内、のどの奥にあらわれることもあります。

蕁麻疹のほとんどは、数分から数時間で消えるものです。ですが、中には半日から1日、蕁麻疹が続くものもあります。

赤ちゃんに蕁麻疹がおこる原因はさまざまですが、特定の食品や薬などに対する、アレルギー反応であることが多いです。そのほかにも、衣類や寝具との摩擦や圧迫といった物理的な刺激、気温変化、疲労などによる精神的なストレスが原因で、赤ちゃんに蕁麻疹が出ることがあります。

赤ちゃんに蕁麻疹がみられたら、飲食したものや皮膚が接触したものがないか、思い返してみましょう。

赤ちゃんの蕁麻疹の症状とは?

赤ちゃんの蕁麻疹は、原因別にいくつかの種類に分かれます。

特発性蕁麻疹」や「刺激誘発型蕁麻疹」が、赤ちゃんによくみられます。特発性蕁麻疹はさらに、「アレルギー性特発性蕁麻疹」「寒冷特発性蕁麻疹」「温熱特発性蕁麻疹」「日光特発性蕁麻疹」に分かれます。

強いかゆみを伴う、赤い発疹が出ることに変わりはありませんが、そのきっかけがアレルゲンに触れたことか、急激に身体が冷えたことか、反対に身体を急激に暖めたことか、日光にあたったことかどうかで分かれます。

赤ちゃんの皮膚に発疹があらわれたら、唇や口腔内、のどの奥に発疹や腫れがあらわれていないか、必ず確認しましょう。

そして、蕁麻疹が広がって身体中が赤くなる、血圧が下がるなどの場合は、アナフィラキシーショックをおこしている可能性があるので、きちんと経過観察しましょう

赤ちゃんの蕁麻疹への対処法は?

赤ちゃんの特発性蕁麻疹は、数分から数時間で消えることが多いです。そのため、まず蕁麻疹の症状を和らげる対処をしてあげましょう

具体的には、強いかゆみを軽減させるために、冷たくしてしぼったタオルを患部にあて、冷やしてあげましょう。

また、入浴をさせるときにも、湯温をぬるめにしたり、シャワー浴で済ませるのもおすすめです。

そして、患部を掻き壊さないように、爪を短く切ってあげる、場合によってはミトンをつけてあげましょう。

また、口腔内にも蕁麻疹が広がっているときには、赤ちゃん用のイオン飲料や麦茶で水分補給をしたり、離乳食が始まっている場合は、うどんやゼリー飲料など、口当たりのよいものを食べさせてあげましょう

そして、蕁麻疹の症状が悪化していないか、赤ちゃんの体調に変化がないのかを、きちんと観察してください。

治療が必要なこともあるので心配なときは病院へ行こう

c2207037a011e694663395652d71b653_s

蕁麻疹は短時間で治まることが多いので、慌てて病院に連れて行く必要はありません

ですが、数時間経っても蕁麻疹が消えない、一度消えても何度もおこる、かゆみがひどくて赤ちゃんが辛そう、アナフィラキシーショックが疑われるときには、病院に連れて行くのがおすすめです。

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用させることで、症状が治まったり、かゆみ止めを処方してくれることもあるので、お医者さまの指示に従いましょう。

また、食物アレルギーが原因と考えられるときには、何を飲食させたかを、お医者さまに伝えてください

  関連記事

セレブママの間で流行中!?ハーフバースデーって何するの?

みなさんは、「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?海外の習慣で、近年は …

食後に赤ちゃんの様子が急変!…それはもしかしてアナフィラキシーショックかも!アレルギーとアナフィラキシーショックについて知っておこう

赤ちゃんが5、6ヵ月ごろになると離乳食が始まりますよね!そこで、誰もが気になるの …

赤ちゃんがパパ見知りをするって本当?原因と解消法が知りたい!

ママもパパも、赤ちゃんに対する愛情に変わりはありません。ですが、赤ちゃんが成長す …

子どもが言語を身につけるのに最適な時期があるの?その際の注意点とは?

赤ちゃんの生活リズムができ始め、日中におきている時間が増えてくると、「あ~」「う …

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

赤ちゃんの歯固めは、いつから必要?選び方のポイントは?

赤ちゃんも生後6カ月を迎えるころになると、何でも口に入れたがるので、見ていてハラ …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …

赤ちゃんの水分補給はいつから始めるの?何をどれくらい飲ませる?

ベビー用品店やドラッグストアには、たくさんのベビー飲料が並んでいます。汗をかきや …

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因とは?対処法と予防法について

赤ちゃんの歯が生えてきたことを喜んだのもつかの間、続々と乳歯が生えてくると、その …

生後6ヵ月の我が子のうつぶせ寝、危険はないの?

赤ちゃんも生後6ヵ月になると、寝返りが打てるようになり、気が付くとそのまま眠って …