ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

   

atopy_640_427

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で赤くなったり、発疹がおこります。

そんな赤ちゃんの皮膚トラブルの中でも、よく聞かれるのが「蕁麻疹」です。蕁麻疹は突然発症するだけでなく、かゆみが強いので、赤ちゃんが辛い思いをすることがあります。

そこで今回は、赤ちゃんに蕁麻疹がおこる原因や症状、対処法について、お話しします。蕁麻疹の中には、病院に連れて行った方がよいケースもあるので、よく見極めましょう。

蕁麻疹って何?その原因は?

蕁麻疹とは、皮膚の一部に突然、強いかゆみを伴う、赤く盛り上がった発疹があらわれる状態のことをいいます。

発疹の形状は、境界が明確な円形や輪状のことが多く、皮膚だけでなく、唇や口腔内、のどの奥にあらわれることもあります。

蕁麻疹のほとんどは、数分から数時間で消えるものです。ですが、中には半日から1日、蕁麻疹が続くものもあります。

赤ちゃんに蕁麻疹がおこる原因はさまざまですが、特定の食品や薬などに対する、アレルギー反応であることが多いです。そのほかにも、衣類や寝具との摩擦や圧迫といった物理的な刺激、気温変化、疲労などによる精神的なストレスが原因で、赤ちゃんに蕁麻疹が出ることがあります。

赤ちゃんに蕁麻疹がみられたら、飲食したものや皮膚が接触したものがないか、思い返してみましょう。

赤ちゃんの蕁麻疹の症状とは?

赤ちゃんの蕁麻疹は、原因別にいくつかの種類に分かれます。

特発性蕁麻疹」や「刺激誘発型蕁麻疹」が、赤ちゃんによくみられます。特発性蕁麻疹はさらに、「アレルギー性特発性蕁麻疹」「寒冷特発性蕁麻疹」「温熱特発性蕁麻疹」「日光特発性蕁麻疹」に分かれます。

強いかゆみを伴う、赤い発疹が出ることに変わりはありませんが、そのきっかけがアレルゲンに触れたことか、急激に身体が冷えたことか、反対に身体を急激に暖めたことか、日光にあたったことかどうかで分かれます。

赤ちゃんの皮膚に発疹があらわれたら、唇や口腔内、のどの奥に発疹や腫れがあらわれていないか、必ず確認しましょう。

そして、蕁麻疹が広がって身体中が赤くなる、血圧が下がるなどの場合は、アナフィラキシーショックをおこしている可能性があるので、きちんと経過観察しましょう

赤ちゃんの蕁麻疹への対処法は?

赤ちゃんの特発性蕁麻疹は、数分から数時間で消えることが多いです。そのため、まず蕁麻疹の症状を和らげる対処をしてあげましょう

具体的には、強いかゆみを軽減させるために、冷たくしてしぼったタオルを患部にあて、冷やしてあげましょう。

また、入浴をさせるときにも、湯温をぬるめにしたり、シャワー浴で済ませるのもおすすめです。

そして、患部を掻き壊さないように、爪を短く切ってあげる、場合によってはミトンをつけてあげましょう。

また、口腔内にも蕁麻疹が広がっているときには、赤ちゃん用のイオン飲料や麦茶で水分補給をしたり、離乳食が始まっている場合は、うどんやゼリー飲料など、口当たりのよいものを食べさせてあげましょう

そして、蕁麻疹の症状が悪化していないか、赤ちゃんの体調に変化がないのかを、きちんと観察してください。

治療が必要なこともあるので心配なときは病院へ行こう

c2207037a011e694663395652d71b653_s

蕁麻疹は短時間で治まることが多いので、慌てて病院に連れて行く必要はありません

ですが、数時間経っても蕁麻疹が消えない、一度消えても何度もおこる、かゆみがひどくて赤ちゃんが辛そう、アナフィラキシーショックが疑われるときには、病院に連れて行くのがおすすめです。

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用させることで、症状が治まったり、かゆみ止めを処方してくれることもあるので、お医者さまの指示に従いましょう。

また、食物アレルギーが原因と考えられるときには、何を飲食させたかを、お医者さまに伝えてください

  関連記事

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

パパにこそ覚えてほしい!ベビーサインで赤ちゃんとの絆を深めよう

平日は仕事に追われ、帰宅するとわが子はすでに夢の中…。頑張って働くパパ達は、なか …

生後6ヵ月の赤ちゃんが少しずつ言葉を発するようになったら何に注意すればいい?

赤ちゃんの言葉にはどうやって反応してあげるのが理想か知りましょう 話せる言葉が増 …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …

赤ちゃんの歯は、いつ頃生えるの?ケア方法も教えて!

赤ちゃんの歯は、妊娠6~7週からつくられはじめ、妊娠10週には乳歯のもとがすべて …

赤ちゃんがダニに刺されたときの症状や対処法とは?

ダニにはいろいろな種類があり、家の中のあらゆる場所に存在します。そして、大人はダ …

健康に良さそうなベビースイミングはいつから始められるの?

スイミングは、全身の筋肉を鍛える意味でも、とても良いスポーツです。いざという時に …

離乳食で牛乳を使うタイミングはいつ?注意すべきことは?

断乳や卒乳に向けて、赤ちゃんが牛乳を飲めるように準備しておくことは、とても大事で …

乳歯が虫歯になっちゃった!NO MORE虫歯のススメ

歯茎だけだった赤ちゃんの可愛い口の中。生後6か月ごろから、真っ白な乳歯がニョキニ …

子どもが言語を身につけるのに最適な時期があるの?その際の注意点とは?

赤ちゃんの生活リズムができ始め、日中におきている時間が増えてくると、「あ~」「う …