ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

その血便、新生児メレナかも?気になる症状、原因とは?

   

生まれたばかりの赤ちゃんは、岩のりのような粘度のある、黒っぽい胎便を排泄します。しかし、まれに少し赤みがかったもので「もしかして血が混じっている?」というような便やどす黒い便をすることもあります。

その時に新生児メレナかも…という診断を受けることもあるかもしれません。新生児メレナというのは、医療の現場では時にみられることなのですが、ママにはなじみのない病名でしょう。

自分の子どもにそのような診断がついたら、びっくりして心配になるはずです。今回はそんな新生児メレナについてご紹介します。

新生児メレナって何?原因は?

新生児メレナは、文字通り、新生児に見られる便に出る症状です。新生児の便にどんな症状がみられるかというと、下血により黒色便が出ることを意味していますが、吐血も含め新生児メレナと呼ばれることが一般的です。

その原因は、羊水の中にいる時や分娩中にママの血液を飲みこんだことや血液の凝固を促進するために必要なビタミンKが不足していること、または赤ちゃん自体の血液の病気や消化器官の病気により、新生児が吐血や下血をおこしてしまったことなどがあります。

赤ちゃんが生まれて入院中の排便で新生児メレナが、発見されることも少なくありませんが、退院してからわかることもあります。

新生児メレナの主な症状とは?真性と仮性がある?

新生児メレナの主な症状は、血液が混じったものを吐くという吐血、また便に血が混じっているという下血の二つが代表的です。しかしこの血液が混じる原因は、大きく分けて、母体に由来する物、また赤ちゃん自身の原因に由来する物の二つに分けることが出来るのです。

この母体に由来するものを仮性メレナと呼び、赤ちゃん自身の血液が混じるものを真性メレナと呼びます。

仮性メレナの場合、胎盤から出血したままの血液が便に交じることもあります。また授乳をする時に、ママの乳首が亀裂をおこして、その血液を赤ちゃんが飲みこんで便に血が混じるということもあるのです。

反対に真性メレナというのは、赤ちゃんの消化管出血が主な原因になります。上部消化管と呼ばれる胃や十二指腸で出血をした場合、便は黒っぽい色になります。また株消化管である結腸や直腸で出血をした場合、やや赤みの混じる便が出るようになります。

知っておきたい!新生児メレナの診断方法や治療法は?

便がおかしい、新生児メレナかな?と疑われた時には、まず便に血が混じっているかどうかを調べます。その後、アプト試験という母体の血液か新生児の血液かを判定する検査を行います。

もしも赤ちゃん由来の血液だった場合は、赤ちゃんの採血をして、血液の凝固に関連するビタミンKが不足していないか?などをチェックしますね。

それと同時に消化器官の異常を予測して、レントゲンの検査、また精密検査を行って消化器官のどの部分に異常があるのか?その原因となる疾患があるのかということを特定します。

もしもビタミンKが少ない場合は、ビタミンKを補い、その後、消化管を保護する薬物治療などが行われます。また出血量が多く貧血などがある場合は、輸血などを行うこともあります。また外科的治療が必要となる場合は、手術が行われることもあります。

新生児メレナの予防法はあるの?

通常ビタミンKは胎盤を通過しないので、赤ちゃんはビタミンKが不足した状態で生まれてきます。そのため赤ちゃんが生まれた時には、通常、生まれた日、生後5日目、そして一カ月健診の際にビタミンK2シロップを飲むことが一般的です。

ビタミンK2シロップを3ヶ月の間、1週間ごとに飲む場合もあります。ビタミンKを飲むことで新生児ビタミンK欠乏症出血症を予防することができるのですね。この時に注意したいのは、赤ちゃんに確実にK2シロップを飲ませることです。

そのため授乳の前に飲ませるのが基本で、その後に哺乳を行うのがよいとされています。

もしも赤ちゃんが吐いてしまった場合、まずはかかりつけ医に連絡をして指示を仰ぎましょう。K2シロップを飲んでから吐いた時間によって、全量を飲み直す場合、そしてそのまま様子を見ることもあります。

また飲む予定の日に飲み忘れた場合も連絡をして相談すると良いでしょう。

赤ちゃんのうんちをしっかり確認して、早期発見を心がけよう

新生児メレナと言われると、聞きなれない病名だけに心配は大きくなりますよね。特に新生児の赤ちゃんは、まだまだ未熟ですし、出血のしやすいほどもろいのです。

しかし、新生児メレナは予防や早期発見に努めることで発症を防ぐことのできるのです。それには、ママのおかしいなと感じる気づきも大切です。またビタミンKをしっかり飲ませることも大切です。

自宅に退院後飲ませる必要もあるので、しっかり指導を受け、確実に飲ませるようにしましょう。

  関連記事

赤ちゃんの歯茎に白いものがついた!その原因と治療法について

赤ちゃんの口の中は、歯が生えていない状態でも、トラブルがおこることがあります。授 …

赤ちゃんが寝てしばらくするとおきてしまう寝ぐずり!その原因や対策とは?

授乳とおむつ替えを済ませて寝かしつけた赤ちゃん。このまま眠ってくれると思いきや1 …

生後6ヵ月なのに、寝返りさせると泣くのはなぜ?

首がすわった生後5~6ヵ月の赤ちゃんは、寝返りできるようになるのが一般的です。で …

離乳食にはちみつを使用してはダメ!赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由とは?

つい最近、赤ちゃんの離乳食にはちみつを利用してしまったために死亡事故がおきてしま …

生後6ヵ月目の赤ちゃんは睡眠リズムを定着させるようにしよう!

赤ちゃんは生後3ヵ月目を過ぎたころから、脳内でメラトニンという入眠ホルモンをつく …

赤ちゃんがケンケンという咳をしたらクループ症候群の可能性が!

生後6ヶ月を過ぎたあたりからは発症することがある病気の一つに「クループ症候群」と …

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因とは?対処法と予防法について

赤ちゃんの歯が生えてきたことを喜んだのもつかの間、続々と乳歯が生えてくると、その …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …

パパにこそ覚えてほしい!ベビーサインで赤ちゃんとの絆を深めよう

平日は仕事に追われ、帰宅するとわが子はすでに夢の中…。頑張って働くパパ達は、なか …

男の子が生まれたらやるべき?赤ちゃんのむきむき体操のこと

みなさんは、「むきむき体操」という言葉を知っていますか?これは、男の子の赤ちゃん …