ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児の正確な血液型検査は不可能?血液型を知るメリットや検査方法とは?

   

昔から日本人と血液型は切り離せない話題です。集団意識の強い日本人は、周囲の人を血液型で分類し相性を占うことが大好きな民族です。

しかし、昨今の多くの子供は自分の血液型を把握していないといいます。大人であれば輸血や献血など血液型が必要になる機会が多くあります。また、血液型は個人情報として扱われます。

では、新生児の血液型検査について今どのように扱われるのでしょうか。出産を控えたママも気になるところですね。

新生児の血液型検査は行われない?性格に判断出来る時期とは?

新生児の血液型が調べられない理由とは?

出産後に新生児の血液型を知りたいと申し出ると、「まだ分からないから」とだけ告げられることも多いものです。

事情を知らされない家族のものとしては、「どうして?ただの血液型でしょ?」と疑問に思った経験をした人もいるのではないでしょうか。そこで、新生児の血液型が知らされない理由をご紹介します。

クリニックで新生児の血液検査が行われない理由とは?

「血液検査」といえどもその項目が無数にあることはよく知られています。血液型を調べてもらうためには、採血を行った血液を数種類の項目に分けて調べてもらう必要があります。

しかし新生児の血液にはまだ血液型を特定する材料の抗体が存在しておらず、明確な血液型は特定されにくくなっているといいます。

たとえクリニックで新生児の血液型が告げられた場合にも、「おそらく」と言われたり、後々実は別の血液型であることが判明したというケースも多く散見されます。

新生児の血液型を検査する方法とは?

新生児の血液検査の方法とは?

血液型を調べるためには、ABO式が一般的ですが、赤血球に抗A抗体と抗B抗体を反応させる表検査、血清に抗A抗原と抗B抗原を反応させる裏検査の両者で照合をはかります。

成人のような検査が可能になるには赤血球の反応がある2歳時から4歳児頃と言われています。一方、血清中の反応を示す抗体が産出される時期は生後3ヶ月目頃からです。生後1年で抗体が完全にできると言われています。

これでは生後間もない新生児では検査対象の抗体はまだできていないために、結果血液型が調べられないことになります。

おまけに、生後1歳児未満の照合率は50パーセントであり、これは整合性という面で信憑性に欠けるため血液型検査は抗体ができている4歳以上になってから受けることが良いと判断されています。

このような事由で4歳以上の血液型検査が推奨されています。

血液型の検査をしておくべきメリットはあるの?

輸血の必要性が講じる場合や献血を視野に入れた場合に、血液型を把握しておくことは重要なことです。血液型検査が必ずしも義務ずけられていない場合において、どのようなメリットがあるのかまとめてみました。

血液型を知るメリットその1 自分の個人情報を把握する。

持病や自分の身体的特徴を把握する権利があると同様に、自分の血液型を知る権利があります。血液型を把握できた後の使い道は個々によって異なります。

血液型を知るメリットその2 プロフィールなどに公開できる

今や個人情報として自己紹介の情報になっている血液型ですが、コミュニティのメンバーが全て血液型を把握しているなか、自分のだけ知らないという人がいると肩身がせまいものです。

必ず「病院で調べられるから、調べてもらったら?」と言われることでしょう。

間違っても、「血液型を把握しても役にも立たないよ」という見解を持つ人は日本の社会では稀です。

検査が不可能でも両親の血液型で赤ちゃんの血液型がわかる?

新生児の抗体を調べると母親由来の抗体が検出されることがあります。本来は生後4ヶ月から抗体が産出されてくるため、4ヶ月以降の検査が望ましいのですが4歳未満の検査の信憑性は低く、4歳以降の検査が推奨されます。

血液型においては様々な憶測があります。夫婦とその子供の血液型には相関関係が見られ、これを「ABO式血液型」といいます。

「一方rh式血液型」と呼ばれる方法も知られています。いずれにしても、血液型検査を行わずして、臨床以外の方法で理論的に子供の血液型を推測するという場合に用いられる方法です。

この理論は夫婦の血液型から誕生しえない血液型があるという点を覚えておくと、もしものクリニックでの新生児の取り違え、もしもの子供の父親を特定する場合においては都合がよいかもしれません。

両親の血液型から生まれる子の血液型はおよそ二種類から三種類と推測は可能ですが、特定を除いた場合に限られます。

必要に応じて血液型の検査をしよう

新生児の血液型検査が積極的に行われない事由については、新生児は生体の未熟さから信憑性がないという背景があることが判明しました。

したがって推奨される4歳以上まで血液検査を待つ方が賢明だと医師は告げているわけです。また、生育過程で血液検査が必要になる機会が訪れることもあるでしょう。

個々に血液型検査の必要性が生じた時に検査を受ければ良いことです。大人になってから血液型を知る人もいるくらいです。焦らずに個々のペースで受けましょう。

  関連記事

アレルギー検査をしても大丈夫?検査内容もチェック

離乳食を始めたら気になるのが食物アレルギー! 気付いたら赤ちゃんの体が赤くなって …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

セレブママの間で流行中!?ハーフバースデーって何するの?

みなさんは、「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?海外の習慣で、近年は …

生後6ヵ月なのに、寝返りさせると泣くのはなぜ?

首がすわった生後5~6ヵ月の赤ちゃんは、寝返りできるようになるのが一般的です。で …

赤ちゃんがケンケンという咳をしたらクループ症候群の可能性が!

生後6ヶ月を過ぎたあたりからは発症することがある病気の一つに「クループ症候群」と …

パパにこそ覚えてほしい!ベビーサインで赤ちゃんとの絆を深めよう

平日は仕事に追われ、帰宅するとわが子はすでに夢の中…。頑張って働くパパ達は、なか …

【月齢別】赤ちゃんの歯磨き徹底解説!歯磨きのやり方や上手に磨くコツ、注意点とは?

可愛らしい歯が生えてくる生後6ヵ月ころは、そろそろ歯磨きをスタートする時期ですね …

0歳6ヵ月の赤ちゃんはどんな遊びをはじめたらいい?

赤ちゃんが喜んでくれる遊びを実践しましょう。 赤ちゃんが小さいうちは赤ちゃんに合 …

骨や筋肉がついてきたらいよいよおすわり!生後6ヵ月の赤ちゃんの注意点とは?

とってもかわいいおすわり!ただ、転びやすいので気を付けて。 0歳6ヵ月くらいの時 …