ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもが言語を身につけるのに最適な時期があるの?その際の注意点とは?

   

赤ちゃんの生活リズムができ始め、日中におきている時間が増えてくると、「あ~」「う~」など、言葉を発する機会が増えてきます。そして、乳児期の赤ちゃんの脳の中では、言語能力が急激なスピードで発達しています。

そう考えると、母国語だけでなく、英語などの言語を身につけさせるチャンスと捉える、ママやパパもいそうです。

そこで今回は、赤ちゃんの言語機能の発達過程や、脳の臨界期との関係、子どもに言語を覚えさせるのに最適な時期などについて、お話しします。

赤ちゃんの言語機能の発達過程とは?

まず、赤ちゃんの言語機能の発達過程について、説明しておきましょう。実は赤ちゃんが喃語といわれる言葉を発するようになるのは、生後2~3カ月と、とても早い時期です。

このときは、音を発しているという感じですが、生後10カ月を過ぎるころには、明確な発音ではなくても、意味を含んだ言葉を発するようになります。

そして、1歳半から2歳になるころには、「ママ」「パパ」「ワンワン」など、赤ちゃん語でも意味が明確な言葉を発するようになり、その単語が増え、やがて2語文、3語文になっていきます。

身体の成長と比べると、言語機能の発達が遅いように感じられるかもしれませんが、これは言葉を理解していないということではありません。乳児の咽頭部の発達が未熟なことで、複雑な音声を発するのが難しかったり、舌を自由に動かせないためです

言語機能は脳の臨界期とも関係するの?

2018年から、英語教育のスタートが小学校3年生になります。そして、小学校5年生になると、成績表に評価が並ぶことになります。それを考えると、脳の臨界期を迎える前に早期に英語教育を行うべきではないかと、悩むママやパパもいそうです。

言語能力の臨界期は、0~6歳といわれています。ただし、これは母語の習得という意味で使われています。

その根拠になっているのが、ネグレクトや監禁などにより、言葉と接する機会がないまま育った臨界期を超えた子どもに母語を習得させようと思っても、言語の発達が一定レベルで止まるケースが多いことです。

ですが、英語など第二言語を習得する際には、臨界期にこだわる必要はないという説が有力です。というのも、母語の習得はゼロからのスタートですが、第二言語は系統的に学ぶことができるからです。

むしろ、母語と第二言語を同時に学ぶ方が、子どもの発語が遅れると考える研究者もいます。

子どもに言語を覚えさせるときの注意点とは?

では、子どもに言語を覚えさせるときには、何に注意したらよいのでしょうか。子どもの言語機能を向上させるためには、言葉を聞き取る能力と、その意味を理解できる能力の二つを伸ばす必要があります。

そのため、赤ちゃんが産まれたときから、ママやパパが常に言葉がけを行うことが大事です

日常的に語りかけされている赤ちゃんは、聞こえてくるたくさんの音の中から、言語に関わる音を聞き取る脳の部分に、たくさんの刺激を受けることになります。

また、聞き分けた音を言葉として認識し、その意味を理解するためには、絵本の読み聞かせがおすすめです。絵本の読み聞かせをすることで、日常生活では効くことのない言葉に触れることで、言語能力が高まっていくからです。

日頃から子どもに話しかける習慣をつけよう!

赤ちゃんの言語機能の発達には、個人差があるものです。そして、母語と第二言語の習得に適した時期も異なります。それを踏まえて、赤ちゃんの言語機能の発達を促す働きかけを、日々の生活の中で行うことが大事です。

赤ちゃんが産まれたときから、話しかける習慣をつけておくと、言語機能の発達に大きく役立つはずです。

とはいえ、中にはなかなか言葉を発しない赤ちゃんもいます。その場合は、聴覚障害や精神的な発達に遅れがあるなど、何らかの要因があることも考えられます。乳児検診などを利用して、相談してみるとよいでしょう

  関連記事

突然赤ちゃんが高熱に!突発性発疹ってどんな病気?症状や原因、対処法について教えて

生まれて間もない赤ちゃんが初めて経験する病気の一つに「突発性発疹」というものがあ …

その血便、新生児メレナかも?気になる症状、原因とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、岩のりのような粘度のある、黒っぽい胎便を排泄します。 …

赤ちゃんの嘔吐下痢症って、どんな病気?その原因と治療法は?

授乳中の乳児は、よく母乳やミルクを吐くものです。最初はビックリしていたママも、熱 …

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で …

知ってるようで知らない?食物アレルギーの原因、症状などまとめ

特定の食物を食べるとおこる「食物アレルギー」。子どもの時から食物アレルギーを持っ …

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因とは?対処法と予防法について

赤ちゃんの歯が生えてきたことを喜んだのもつかの間、続々と乳歯が生えてくると、その …

生後6ヵ月の我が子のうつぶせ寝、危険はないの?

赤ちゃんも生後6ヵ月になると、寝返りが打てるようになり、気が付くとそのまま眠って …

食後に赤ちゃんの様子が急変!…それはもしかしてアナフィラキシーショックかも!アレルギーとアナフィラキシーショックについて知っておこう

赤ちゃんが5、6ヵ月ごろになると離乳食が始まりますよね!そこで、誰もが気になるの …

乳幼児突然死症候群(SIDS)から、我が子を守るためにはどうしたらいい?

それまで健康で何の問題もなかった赤ちゃんが、ある日突然亡くなってしまうという悲劇 …

生後6ヵ月までに多い「揺さぶられ症候群」って何?

月齢が進むにつれて、赤ちゃんはスンナリ眠ってくれないことに、悩むママが増えてきま …