ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ママもドキドキ…はじめての離乳食クッキング!何をどのくらい作ればいいの?

   

スムーズな離乳食スタートを切るために予習しておきましょう!

e5721c875b68aaade459695a3a634dbe_s

0歳5ヵ月から6ヵ月ごろ、いよいよ赤ちゃんの離乳食がスタートします。いつも台所に立っているママでも、はじめて作る離乳食には不安を抱くもの。

我が子の“お食事デビュー”をスムーズなものにしたい!とお考えであれば、ブッつけ本番で作り始めるのではなく、しっかり予習をしておきましょう。

そもそも、離乳食って何?

初めて離乳食を口にするまで、赤ちゃんはミルクやお水など、飲み物しか摂取した事がありません。大人にとっては、ごくありふれた、できて当然とも言える“食事”ですが、赤ちゃんにとってはまさに未知との遭遇。

口に入れた時の違和感から始まり、どうやって咀嚼すれば良いのか、どのタイミングで飲み込むのかなど、わからないことだらけです。

とても簡単に説明すれば、離乳食とは、初めての食事で右も左も分からない赤ちゃんに、『食べる練習』をしてもらうための初めての食事

歯茎だけで食事を行う頃や、歯が生え始めてからの食事など、赤ちゃんの成長度合いに合わせて少しづつ形態もステップアップしていきます。

はじめての離乳食クッキング!いつもの調理器具で大丈夫?

最近ではベビーフードの種類も豊富!二人目以降の赤ちゃんを持つベテランママや、忙しいワーキングママは、普段の食事にどんどん活用している様子です。

とはいえ、赤ちゃんがはじめて口にする食事を、手作りしてあげたい派のママも多いことでしょう。はじめての離乳食クッキングにオススメしたい、便利な調理器具について紹介します。

フードプロッセッサー/すり鉢・すりこぎ/裏ごし器 など

とくに初期の離乳食では、歯の生えていない赤ちゃんのために食品を細かく刻んだり、すり潰してあげるシーンが多くなります。離乳食を自作で作る場合は、不可欠な調理器具だと言っても過言ではありません。ぜひ準備しておきましょう。

保存容器(小分けにできる工夫があればなおヨシ◯)

小さな赤ちゃんは、一度に食べる量も限られてきます。用意した材料を一回の食事で食べきることはまずあり得ません。そのため、作った離乳食や余った食材を保存しておく保存容器も必要です。

例えば、クタクタに煮たほうれん草や、かぼちゃなどの野菜。余ってしまったら、使いやすいように小分けに保存しておくといいですね。

離乳食の食材を小分けに冷凍保存するためのアイディア

『製氷器』に分けて冷凍しておけば、ちょうど一回ずつブロック状に保存できて便利です。また、フリーザーバックに流し込み、平らな場所で冷凍させておけば、使いたいだけ「パキン!」と折って活用できます。

小さめのお鍋

当然ですが、離乳食は、赤ちゃん一人分しか食べません。そのため、都度作る離乳食はほんの少しです。赤ちゃんに準備する食事用に、一つ小さなお鍋を持っておくと便利です。

いよいよ離乳食スタート!最初に作るメニューのレシピと、進め方について

はじめての離乳食。まずは“10倍がゆ”からスタートです。10倍がゆとは、お米1に対し10の割合のお水で作る、ゆるいおかゆの事。すでに炊き上がったご飯で作る場合は、ご飯1に対し、水を5の割合で煮てください。

簡単軽量!10倍がゆの作り方(炊き上がったごはんから作る方法)

材料
  • ごはん・大さじ1杯地位
  • 水・50ml
作り方
  1. 小さなお鍋に、材料を全て投入します。
  2. 強火にかけ、沸騰したら弱火にしてください。
  3. 弱火の状態で10分煮ます。
  4. 火を止めて蓋をし、10分蒸らしてください。

はじめて離乳食を食べる日。赤ちゃんによってははじめての味に戸惑う事も多々あります。もちろん、気に入って食べる子もいるようですが、「うえ~」という表情の後に吐き出してしまう子がほとんどなのではないでしょうか。

ここでくじけてしまう事はありません!

最初は、離乳食で栄養摂取してもらおう!という心持ちを捨ててください。「食べ物って、こんな感じなんだよ~」と、紹介する気分で。とくに離乳食スタートの日は、10倍がゆの上澄み(重湯)を小さじ1杯食べてもらうだけでOK!少しづつステップアップして、食べる事を教えてあげてください。

離乳食!最初の1週間のステップ

  • 離乳食1日目…小さじ1
  • 離乳食2日目…小さじ1
  • 離乳食3日目…小さじ2
  • 離乳食4日目…小さじ2
  • 離乳食5日目…大さじ1
  • 離乳食6日目…大さじ1
  • 離乳食7日目…大さじ1

「え!たったこれだけしか食べないの!?」と、驚くママも多いかもしれませんが、赤ちゃんの栄養は、母乳やミルクで摂取できているので心配はありません。

上でも触れましたが、食事で栄養を摂取してもらうのはもっと先のお話です。まずは、口に液体以外のもの(食べ物)が入って来る事に慣れてもらいましょう。もちろん、離乳食を気に入ってくれて、もっとスムーズに進む赤ちゃんもいます。

逆に、食べ物を受け入れてくれず、ステップアップできない事もあるでしょう。あまり神経質にならずお子様ができる範囲の事をできるペースで進めてあげてください。

  関連記事

赤ちゃんの歯は、いつ頃生えるの?ケア方法も教えて!

赤ちゃんの歯は、妊娠6~7週からつくられはじめ、妊娠10週には乳歯のもとがすべて …

子どもの仕上げ磨きはいつまで必要?正しいやり方とは?

子どもの健康を考えたときに、虫歯をつくらないことは、とても大切です。そのため、子 …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …

生後6ヵ月なのに、寝返りさせると泣くのはなぜ?

首がすわった生後5~6ヵ月の赤ちゃんは、寝返りできるようになるのが一般的です。で …

赤ちゃんの歯茎に白いものがついた!その原因と治療法について

赤ちゃんの口の中は、歯が生えていない状態でも、トラブルがおこることがあります。授 …

男の子が生まれたらやるべき?赤ちゃんのむきむき体操のこと

みなさんは、「むきむき体操」という言葉を知っていますか?これは、男の子の赤ちゃん …

離乳食で牛乳を使うタイミングはいつ?注意すべきことは?

断乳や卒乳に向けて、赤ちゃんが牛乳を飲めるように準備しておくことは、とても大事で …

離乳食初期“ごっくん期”までに身に付けたい!献立とママの心得とは?

ごっくん期はどう進めるべき!?ママが押さえておきたい献立のポイントと考え方 離乳 …

食後に赤ちゃんの様子が急変!…それはもしかしてアナフィラキシーショックかも!アレルギーとアナフィラキシーショックについて知っておこう

赤ちゃんが5、6ヵ月ごろになると離乳食が始まりますよね!そこで、誰もが気になるの …

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子ども …