ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ホクナリンテープで呼吸がラクに?!赤ちゃんへの効果と使い方とは?

   

赤ちゃんが咳き込んでつらそう!病院へいったら『ホクナリンテープ』が処方され「このテープを貼るだけで呼吸が楽になるの?」と不安に思ったママもいるのではないでしょうか。

また通常の飲み薬と違って体に貼るテープタイプのお薬に戸惑い「どういうものなのかしら?」「副作用の心配はないの?」「水にぬれても平気なの?」とさまざまな疑問を感じる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、ホクナリンテープについて「作用や効果」「使い方と保管方法」「副作用」など、さらに「さまざまな疑問点」についてもご説明しますので、使用する際の参考にしてください。

ホクナリンテープはどんな作用や効果があるの?

ホクナリンテープは「気管支拡張薬(きかんしかくちょうやく)」というお薬です。気管支が炎症をおこすと空気の通り道が狭くなり息苦しさを感じるため、気管支を広げ呼吸が楽になるよう使用します。

息をするときに“ゼイゼイ”や“ヒューヒュー”という「気管支喘息(小児喘息)」、ウイルスや細菌などが気管支に感染することでおこる「急性気管支炎」、大人では長年有害な空気を吸うことなどでおこる「慢性気管支炎」や「肺気腫」などの肺疾患などの治療に使われています。

ホクナリンテープを赤ちゃんの皮膚に貼ることで、ツロブテロールという成分がゆっくり体に吸収されます。そして、血液の流れによって気管支まで届くことで、気管支を広げる仕組みになっています。

1日1回貼るだけで24時間効き目が持続します。これはテープに含まれる成分がすぐに効き目が出るものと、ゆっくり溶け出す成分のものが混ざっていることで(結晶レジボアシステム)、薬の濃度が一定に保たれ、長時間持続するように作られています。

サイズは年齢で違う?薬の含有量と正しい使い方

ホナクリンテープの処方は年齢により含有量(サイズ)が決まります。ホナクリンテープを製造している『マイラン製薬株式会社』によると、下記の容量のテープを「胸、背中、上腕のいずれかに1日1回貼付する。」としています。

また容量は症状によって異なることがあります。小児は通常ツロブテロールとして5ヶ月~3歳未満は0.5mg、3~9歳未満は1mg、9歳以上は2mgとなっています。

※大人は通常ツロブテロールとして2mgです。

貼る際の注意点

実際にホクナリンテープを使用する際、注意点すべき項目を確認していきましょう。

貼るところを清潔にする

皮脂や汗などお風呂上りなど水分が皮膚ついていると、テープがはがれやすくなります。タオルなどで清潔に拭いてあげてから貼るようにしましょう。

また汗を掻きやすいところ、クリームを塗ったところ、傷口や湿疹のあるところは避けて貼ってあげましょう。

再度使うことはできません

1度剥がしたら、もう一度貼りなおすことはできませんので注意しましょう。少し剥がれてしまった程度であれば、絆創膏で止めるなどして固定をしましょう。

同じところに貼らない、手の届かないところに貼る

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。かぶれの原因になるので、続けて同じところに貼らないようにしましょう。また赤ちゃんが自分で剥がさないように、手の届かない場所に貼るとよいでしょう。

ホクナリンテープで副作用はあるの?

主な副作用として下記の症状が赤ちゃんにあらわれた場合、必ず処方していただいた医師、薬剤師に相談をしましょう。

  • 指、手、足のふるえ
  • 動悸、頻脈、血圧変動
  • 頭痛、吐き気、めまい、不眠
  • 貼ったところのかゆみ、かぶれ、発疹、発赤など

また、まれにアナフィラキシー様症状やカリウム値の低下の症状が出る場合もありますので、下記のような初期症状が出た場合は使用をやめて、すぐに医師の診察を受けましょう。

  • アナフィラキシー様症状の初期症状:呼吸困難、全身潮紅、蕁麻疹など
  • 重篤な血清カリウム値の低下:手足のしびれまたは筋力減退、手足の麻痺、呼吸困難など

上記以外でも気になる症状が出た場合は、必ず医師の診察、相談を受けるようにしてください。

お風呂に入るときはどうする?ホクナリンテープに関する疑問点

ホクナリンテープを使用中に他に注意する点、使用中のよくある疑問点を以下に説明します。

水の中でも大丈夫?

ホクナリンテープは、入浴やプールなど水の中でも剥がす必要はありません。剥がれる心配がある場合は、刺激の少ない絆創膏などで固定をするとよいでしょう。

テープを切って貼ってもいいの?

テープは含有量が決まっていますので、切ってはることは避けてください。必ず医師の指示通りに貼りましょう。

兄弟間で使ってもいいの?

年齢や体重などにより医師が個人にあわせて処方をしていますので、兄弟間で使うことは避け、必ず医師の診察を受けて処方していただきましょう。

保管方法は?冷蔵庫にいれたほうがいいの?

直射日光、高温、湿気を避け、袋のままで開けずに保管してください。とくに冷蔵庫にいれる必要はありません。

市販はされているの?

医師の処方が必要なお薬ですので、ドラッグストアなどで市販はされていません。

医師、薬剤師の指導の下で安心して使用しましょう

ホクナリンテープの効果や副作用について説明をしてきましたが、飲み薬と一緒で処方されるお薬です。必ず正しく指示、指導されたとおりに使用しましょう。

使用する際に疑問点や不安な点がある場合は、必ず医師や薬剤師に相談してから使用するようにしましょう。また万が一、具合が悪い、何か不安に感じる、などの症状がでたら必ず医師の診察を受けてください。

どんなお薬でも同じですが、赤ちゃんに安心して使用してあげられるように、しっかりと使用方法を確認してから、治療に専念しましょう。

  関連記事

赤ちゃんに多い腸重積は早期発見が重要!見分けるポイントとは?

みなさんは、「腸重積」という病気を知っていますか?生後3ヵ月から2歳までの子ども …

「あーあー、うーうー」と喋りだす赤ちゃん言葉!その言葉には何か意味が込められてるの?

赤ちゃんを産んで、育てていると「早く言葉を話さないかなぁ」と楽しみですよね。赤ち …

生後6ヵ月の我が子のうつぶせ寝、危険はないの?

赤ちゃんも生後6ヵ月になると、寝返りが打てるようになり、気が付くとそのまま眠って …

知ってるようで知らない?食物アレルギーの原因、症状などまとめ

特定の食物を食べるとおこる「食物アレルギー」。子どもの時から食物アレルギーを持っ …

生後6ヵ月の赤ちゃんが少しずつ言葉を発するようになったら何に注意すればいい?

赤ちゃんの言葉にはどうやって反応してあげるのが理想か知りましょう 話せる言葉が増 …

赤ちゃんの蕁麻疹の原因と症状は?どう対処すべき?

赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、とてもデリケートです。そのため、ちょっとした刺激で …

セレブママの間で流行中!?ハーフバースデーって何するの?

みなさんは、「ハーフバースデー」という言葉を知っていますか?海外の習慣で、近年は …

抱っこ紐だと寝るのに、布団に下ろすと泣く…。どう対処したらいい?

首が座って外出が増える生後6カ月ころに、抱っこ紐を使うママも多いことでしょう。抱 …

離乳食にはちみつを使用してはダメ!赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由とは?

つい最近、赤ちゃんの離乳食にはちみつを利用してしまったために死亡事故がおきてしま …

スマホは赤ちゃんに悪影響を及ぼすって本当?適切な使い方を覚えておこう!

赤ちゃんも生後6ヵ月を過ぎると、様々なものに興味を示すようになります。ママが家事 …