ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんに40度の高熱が!どうすればいいの?考えられる病気や対処法について教えて

   

新生児は、ママから「母子免疫」をもらって生まれてきます。そのため、細菌やウイルスなどが体内に侵入してきても、それを排除する力を持っており、病気にかかりにくいと言われています。

ですが、この母子免疫は永久に続くわけではありません。母乳で育てても、ミルクで育てても、母子免疫があるのは生後6カ月ころまでが目安です。

生後6カ月を過ぎたあたりから、赤ちゃんが発熱する機会が増えるのは、この母子免疫の効果がなくなってしまったからです。

普通に生活していれば、細菌やウイルスが体内に侵入するのは珍しいことではありませんが、赤ちゃんの熱が40度を超えると、ママやパパはやはり心配ですよね。

そこで今回は、高熱が出る理由や病院に連れて行くタイミング、原因となる病気と症状、家庭での対処法などについてお話しします。

どうして40度の高熱が出るの?

人間は外部から侵入した細菌やウイルスに対し、免疫反応を起こすために発熱をします。

これは赤ちゃんも大人も同じことで、発熱は細菌やウイルスから身体を守るうえで大切なプロセスなのです。

そもそも乳児は、大人と比べると平熱が高く、37度台が平熱という場合もあります。動き回ったり泣いたりした後に38度台まで上がることもあり、発熱した時に40度になることも珍しくありません。

ママやパパの中には、高熱が脳にダメージを与えるのではと心配するひともいそうですが、まずは脱水症状が起きないように気をつけながら、様子を見るようにしましょう。

ただし、母子免疫のある生後3カ月未満の赤ちゃんが高熱を出した時には、重篤な病気が隠れていることがあります。すぐに小児科で診察を受けるようにしてください。

病院に行くタイミングは?

赤ちゃんが40度の熱を出していても、母乳やミルク、白湯、イオン飲料などが飲めている場合は、自宅療養で様子を見ます。1~2日高熱が続いても、食欲があって水分が摂れていれば、自然に治まることが多いです。

そのため以下のような症状の時は、少し様子を見ましょう。

  • 食欲があり水分も摂れている
  • 機嫌がよい
  • 咳や鼻水など風邪の初期症状がみられる

どんな時にすぐに病院に連れて行くべき?

一方で、早めに小児科で診察を受けた方がよいケースもあります。以下ような症状がみられた場合は、すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

  • 生後3カ月未満の乳児の高熱
  • 高熱が3日以上続いている
  • 食欲がない
  • 水分が摂れない
  • 眠ってばかりいる
  • 呼びかけても反応がない
  • 苦しそう
  • 嘔吐や下痢が続く
  • 呼吸が浅い
  • 顔色が悪い
  • 意識がもうろうとしている
  • 発疹がみられる

また、初めて赤ちゃんが高熱を出し、ママやパパでは判断できないこともあることでしょう。

そんな時には、「小児救急でんわ相談(♯8000にダイヤル)」に問い合わせたり、「こどもの救急」で赤ちゃんの症状をチェックして緊急度が高いかどうかを確かめてみるという方法もあります。

なお、小児救急でんわ相談については、後の項目で詳しく説明します。

子どもが40度の高熱を出した時に考えられる病気

通常の風邪を除き、赤ちゃんが40度以上の熱を出す原因となる病気には、いろいろなものがあります。

原因によって、あらわれる症状や治癒するまでの時間が異なりますので、代表的なものについて、詳しく説明していきます。

インフルエンザ

ウイルス性呼吸器感染症で、インフルエンザウイルス保持者から飛沫感染、接触感染、空気感染します。潜伏期間は1~3日で、悪寒を伴う39~40度の高熱、全身倦怠感とともに、急激に発症します。

咳や鼻水、喉の痛み、吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、関節痛があらわれることも多いです。

冬の流行、インフルエンザ…赤ちゃんがかかったらどうなるの!?症状、予防法、治療など

おたふく風邪

ムンプスウイルスに感染することで起こる急性ウイルス感染症で、片方あるいは両方の耳下腺が腫れ、おたふくのような顔になるのが特徴です。

幼児から学童期にかかりやすく、感染経路は飛沫と接触です。2~3週間の潜伏期間を経て、片方あるいは両方の耳下腺と顎下腺、舌下腺が腫れ始めます

圧痛や嚥下痛、発熱を伴うことが多いです。発症すると対症療法しかなく、入院するケースも少なくありません。

おたふく風邪になる前に!予防法やかかってしまった時の対処法について

突発性発疹

ヒトヘルペスウイルス6または7が原因で発症する急性ウイルス性感染症で、季節性がない、通年で起こる可能性がある病気です。

生後6か月から1歳くらいで起こることが多く、大半の子どもが3歳までに経験します。38~39度台の熱が3~4日続き、熱が下がるタイミングで全身に発疹があらわれます

ごくまれに、咳や鼻水を伴ったり、発熱時に熱性けいれんを起こすことがあります。

39度以上の高熱が出たら突発性発疹!?気になる症状や原因、対処法について教えて

溶連菌感染症

溶連菌である「A群溶血性連鎖球菌」という細菌に感染することで起こる、喉が痛くなる病気です。1年の間で、春から夏にかけてと冬の2回流行します。

感染経路は、飛沫と経口です。潜伏期間は2~5日ほどで、咽頭痛を伴う38~39度の発熱や嘔吐から始まり、かゆみのある赤く細かい発疹、イチゴ舌、解熱後に手足の皮膚がむけるなどの症状があらわれます

抗生物質を正しく服用することで、10日から2週間で回復します。ただし、完治したどうかは小児科で検査しなければわからないので、きちんと受診して確認しましょう。

溶連菌への感染が発疹の原因かも!?原因と治療法を知っておこう!

咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウイルスに感染することで起こる病気で、プールの水を介して流行することが多いことから、「プール熱」と呼ばれています。

アデノウイルスは1年中活躍していますが、6月から感染者が増え始め、7~8月にピークを迎えた後、10月ころまで流行します。

2日から2週間と潜伏期間にはばらつきがあり、喉の痛みを伴う39度前後の熱が数日から1週間ほど続きます

結膜炎を発症することもあり、涙が増える、まぶしがるお子さんも多いようです。このほかにも、頭痛と食欲不振、腹痛、下痢、咳が3日から1週間ほど続くことがあります。

子どもだけでなく大人でもかかる!プール熱(咽頭結膜熱)のこと

ヘルパンギーナ

コクサッキーウイルスA群あるいはB群、エコーウイルスなどに感染することで発症します。流行のピークは6~8月ころで、1歳を中心に4歳以下の子どもがかかることが多いです。

感染経路は接触と飛沫です。2~4日の潜伏期間を過ぎると、39度前後の熱とともに、口内炎を発症します

熱は2~3日で下がりますが、喉にできた水泡が治るまでに、4~6日かかります。喉が痛いので、水分や食事を摂るのを嫌がることがあり、脱水症状が起こることも珍しくありません。

症状は治まっても、1カ月ほどは便にウイルスが含まれていると言われています。

ヘルパンギーナは普通の風邪と一味違う!その症状と治療方法とは?

肺炎

ウイルスあるいは細菌、真菌が肺に達することで起こる病気です。世界的にみると、5歳未満の乳幼児が毎年140万人以上、肺炎で亡くなっています。

肺炎の症状は、原因によって異なります。ウイルス性肺炎の場合は、咳や鼻水が出た後で発熱、頭痛、嘔吐といった症状が出てきます。インフルエンザやRSウイルス、エンテロウイルスなどが、主な原因です。

細菌性肺炎だと、高熱と激しい咳、痰があらわれます。倦怠感や食欲不振を伴うことも多々あります。

非定型肺炎になると、2~3週間の潜伏期間の後、発熱と頭痛、全身倦怠感があわられ、3~5日後に咳を伴うようになり、長引きます。マイコプラズマ菌が原因です。

子どもが肺炎になる原因と治療法は?入院が必要?かかる費用の目安は?

RSウイルス

RSウイルスに感染することで発症する病気で、秋から冬にかけて流行します。1歳未満の赤ちゃんが感染すると重症化するケースが多く、予防を心がけたい病気の1つです。

飛沫あるいは接触で感染し、潜伏期間は2~8日です。38度の熱と鼻水、乾いた咳がみられ、重症化すると強い咳、痰がらみ、大量の粘り気のある鼻水、喘鳴、陥没呼吸、多呼吸、無呼吸発作、不眠症などがあらわれます

その結果、気管支炎や細気管支炎、肺炎に進行することもあります。治療は対症療法しかなく、1~2週間を経過すると症状が治まり始め、2週間から1カ月で完治します。

2歳までに一度はかかる!?RSウイルスについて知っておこう!

夜中に40度の高熱が出た場合は? 夜間救急に連れていくべき?

赤ちゃんが夜中に高熱を出しても、意識がはっきりして、水分がしっかり摂れていれば、安静にさせて様子を見ていてかまいません。

ですが、迷わずに夜間救急や休日診療に連れて行くべき症状もあります。具体的には、以下のような症状です。

  • 生後3カ月未満である
  • 意識がもうろうとしている
  • 水分がとれず尿量が少ない
  • 声をかけても、身体に触れても反応しない
  • 痙攣が5分以上続いている
  • 呼吸が早い
  • 全身を使って呼吸している
  • 顔色が悪い
  • 激しい下痢や嘔吐を伴っている
  • 身体に赤い斑点が出た

朝まで様子を見ている間に、重篤な状態に進んでしまう可能性があります。夜中に高熱だけでなく、上記の症状が見られる時には、すぐに救急病院に連れて行ってあげてください

自分だけでは判断できないときは

厚生労働省では、小児救急電話相談事業を行っています。これは、乳幼児を持つ保護者に対し、夜間や休日に起こった子どもの病気への対処法について、小児科の医師あるいは看護師に電話で相談できるという事業です。

どの地方自治体に居住していても、「♯8000」をプッシュすれば、都道府県に設置された相談窓口につながります

開設時間は、場所にもよりますが、19時から翌朝8時まで対応しているところが多いです。電話をすると、ホームケアの方法や病院に連れて行くべきかどうかの相談にのってくれます。

電話で相談する時には、いつからどんな症状が起こっているのか、いま飲ませている薬、それまでにお子さんがかかったことのある病気を知らせてください。

そうした情報に基づいて専門家が判断し、緊急性がある場合には救急診療を受けるように指示されます。自宅で様子を見るようにアドバイスされた時には、翌朝に小児科を受診するとよいでしょう。

家庭で出来る対処法

緊急性のある症状がみられない場合は、少しでもお子さんの状態がよくなるように、ホームケアをしてあげましょう。

発熱は身体の免疫力を高めるために必要なプロセスなので、むやみに解熱剤に頼るのではなく、適切に対処することが大事です。

保冷剤を使って体温を下げる

高熱が出ると、どうしても汗をかきます。それをきちんと拭き、着替えさせてから、身体を冷やしてあげましょう。

わきの下や首の後ろには太い血管が通っているので、保冷剤をあててあげると、血液が冷えやすくなり、体温が下がることが多いです。

ベビー用の熱を冷ますシートなどが販売されていますが、体温ですぐに温まってしまうので、保冷剤や氷を入れた袋などにタオルを巻いて、あててあげる方がよいでしょう。

こまめな水分補給

赤ちゃんが高熱を出した際、脱水が起こらないようにするのがポイントです。こまめに母乳やミルク、白湯などを飲ませてあげましょう。

ただし、嘔吐がある時は無理に飲ませる必要はありません。月齢によっては、ベビー用の麦茶やイオン飲料を飲ませるのもよいでしょう。

子どもの高熱に市販の解熱剤は使っていい?

発熱は、身体が体内に侵入したウイルスや細菌と戦うことにより起こる症状です。高熱で辛そうにしている時に一時的に使うのはよいですが、解熱剤が病気を治すわけではありません。お子さんの状態に合わせて、適切に使う必要があります。

子ども向けの解熱剤も市販されており、生後3カ月以上であれば使えるものがあります。その際、お子さんに安全な成分が使われている解熱剤を選ぶようにしてください。

アセトアミノフェンが最も安全な成分なので、それが含まれた「小児用バファリン」を使うようにしましょう

小児科で処方されている解熱剤には、「コカール」「カロナール」「ピリナジン」「アニルーメ」「アルピニー」「カルジール」「アンヒバ」「アフロギス」などがあります。

避けるべき成分は?

反対に、アスピリンやメフェナム酸、ジクロフェアクナトリウム、スルピリン、インドメタシンが入った解熱剤は、小児に使ってはいけません

薬局やドラッグストアで市販の小児用解熱剤を購入する際には、必ずお子さんの月齢と体重、症状を伝えたうえで薬剤師に相談し、用法と用量を守って服用させてください。

また、3日間使っても症状が回復しない時には、小児科で診察を受けましょう。

落ち着いて正しい対応を心がけましょう

赤ちゃんが初めて高熱を出すと、慣れないママとパパは慌ててしまいがちです。ですが、高熱が出て体力が低下しているからこそ、小児科や救急外来で別の病気に感染することがあります。

そうした二次感染を避ける意味でも、赤ちゃんの状態を見極めて、自宅で様子を見るべきなのか、すぐにでも病院に連れて行くべきなのか、冷静に判断しなければなりません。

どんな状態なら危険度が低いのか、あるいは重篤なのかを理解しておくとともに、小児救急でんわ相談など専門家にアドバイスをもらえる環境をつくっておくと、気持ちに余裕が生まれるはずです

ただし、赤ちゃんの病状は何がきっかけで変化するかわかりませんので、高熱が出た時には、いつから、どのくらいの熱が出たのか、母乳やミルクが飲めているか、水分補給はできているか、おしっこやウンチの回数などはメモしておくのがおすすめです。

熱以外の症状もチェックしておいて、それを小児科の先生に伝えれば、より病気を特定しやすくなります。症状と状態に合わせて、適切に対処してあげてくださいね。

  関連記事

粉ミルクにオリーブオイルを足すと、母乳に近くなるって本当?

できるだけ母乳で育てたいと考えているママでも、母乳の出が悪かったり、仕事に復帰す …

痛い!赤ちゃんはどうして噛むの?「噛む」が分かると育児がもっと楽しくなる!

育児中のママやパパが一度は経験する「赤ちゃんに噛まれる」こと。歯が生えていないと …

赤ちゃんはなりやすい?ものもらいの一種、麦粒腫について教えて

皆さんはまぶたに“ものもらい”が出来たことがありませんか?かゆみがあったり痛みが …

赤ちゃんと一緒に覚えよう!ベビーサインを上手に教えるコツとは

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる、と話題の「ベビ …

新生児の正確な血液型検査は不可能?血液型を知るメリットや検査方法とは?

昔から日本人と血液型は切り離せない話題です。集団意識の強い日本人は、周囲の人を血 …

赤ちゃんの嘔吐下痢症って、どんな病気?その原因と治療法は?

授乳中の乳児は、よく母乳やミルクを吐くものです。最初はビックリしていたママも、熱 …

生後6ヵ月目の赤ちゃんは睡眠リズムを定着させるようにしよう!

赤ちゃんは生後3ヵ月目を過ぎたころから、脳内でメラトニンという入眠ホルモンをつく …

赤ちゃんがケンケンという咳をしたらクループ症候群の可能性が!

生後6ヶ月を過ぎたあたりからは発症することがある病気の一つに「クループ症候群」と …

ホクナリンテープで呼吸がラクに?!赤ちゃんへの効果と使い方とは?

赤ちゃんが咳き込んでつらそう!病院へいったら『ホクナリンテープ』が処方され「この …

子どもが言語を身につけるのに最適な時期があるの?その際の注意点とは?

赤ちゃんの生活リズムができ始め、日中におきている時間が増えてくると、「あ~」「う …