ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの命が危険!!インフルエンザ脳症(脳炎)って知っていますか?

   

冬の流行病、インフルエンザ。大人がかかってもつらい病気ですが、赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまうと、場合によっては合併症をおこすこともあります。

特に「インフルエンザ脳症(脳炎)」は、命にかかわる恐れもある怖い病気です。インフルエンザ脳症の原因や症状、対処法などについて理解しておくことで、いざという時に早期対処ができます。

インフルエンザ脳症(脳炎)ってどんな病気?

インフルエンザ脳症および脳炎は、インフルエンザにかかった乳幼児(5歳以下)におこり、けいれんや、意識障害、異常行動などの症状が見られます。脳症と脳炎の違い脳にウイルス反応が見られるかどうかですが、脳症のほうがより重篤な疾患です。残念ながらどうして脳症(脳炎)にかかるのか、医学的な仕組みはまだわかっていません

そのため、予防法というのはなく、インフルエンザにかかってしまった場合は赤ちゃんの様子をいつも以上に観察することが重要です。ただし、インフルエンザにかかった際に医師の指導なく解熱剤を使用した場合脳症(脳炎)にかかりやすくなったり、重症化する恐れがあります。高熱が出ても、自己判断で解熱剤を使用しないようにしましょう。

インフルエンザ脳症(脳炎)の症状は?

インフルエンザ脳症(脳炎)の恐ろしいところは、インフルエンザを発症してから1~2日以内に発症することです。特に発熱が見られてからは数時間~1日以内に発症することも多く、その間に重症化することもありえます。

具体的な症状は以下の三つといわれていますので、これらの症状が出ることがあればすぐに医師に診せましょう。

けいれん

子供が高熱を出すと、熱性けいれんをおこすことがありますが、大抵は5分以内におさまり、一度きりというものが多いです。インフルエンザ脳症(脳炎)の場合、10分以続く、何度も繰り返す、左右非対称のけいれんをおこしているという違いがありますので、そういった症状であれば速やかに医療機関にかかりましょう。

意識障害

おきているのか寝ているのかもわからず、ぐったりしている状態です。呼びかけても返事がなく、ちょっと痛いくらいの刺激にも反応がないというときは意識障害をおこしている恐れがあります。

異常行動(幻覚・幻聴など)

両親がいるのにいないかのようなそぶりをする、その場にいない人がいるという、自分の手を食べ物のように噛む、意味不明な発言、幻覚や幻聴があるかのような振る舞い、急に怒る、歌う、おびえるなど突拍子もない行動をとる…など、様々な行動があります。明らかにいつもと様子が違うなと感じたら、すぐに医療機関にかかってください。

インフルエンザ脳症(脳炎)の治療法は?後遺症はある?

インフルエンザ脳症(脳炎)は、とにかく進行が速い病気なので、急いで医療機関に診せることが重要になってきます。また、早期発見・対処できれば問題なく回復できる病気なので、パニックにならないでくださいね。インフルエンザ脳症(脳炎)の場合は「支持療法」「特異的治療」の2種類の治療法があります。

支持療法

心肺機能を維持・安定化させるため、体温・呼吸・血圧などをモニタリングします。また場合によっては人工呼吸器の使用や点滴を行ないます。けいれんがある場合はその抑制と予防のために抗けいれん薬などの点滴や注射を行ない、高熱がある場合は解熱のための処置を行います。

特異的治療

インフルエンザ脳症(脳炎)の原因とされる免疫異常を早期に抑えるための治療法です。インフルエンザウイルスの増殖を抑えるために「タミフル」を投薬したり、点滴の「ラピアクタ」などを使用します。また、免疫 を抑制するためのステロイドを投与します。症状によっては免疫抑制効果の高いガンマグロブリン療法も行われます。

また、インフルエンザ脳症(脳炎)にかかる子供の数や、かかった場合の死亡率は年々減っていますが、やはり脳に影響のある病気のため、約20%の子供たちに後遺症が出るといわれています。

主な症状としては、麻痺や嚥下障害、視覚・聴覚などの身体障害、精神遅滞や知能低下、てんかんなどの精神障害などで、重い場合には寝たきりになってしまうこともあります。

これらの後遺症を防ぐには、やはり早期対処が何よりも重要になってきます。赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまったら、早めに医療機関を受診するとともに、こまめに様子を観察するようにしましょう。

非常に恐ろしい合併症であるインフルエンザ脳症。かかる確率が高い病気ではないものの、5歳以下の子どもであれば誰にでもかかる可能性がありますので、まずは前提であるインフルエンザにかからないように流行期はくれぐれも注意して過ごしてくださいね。

  関連記事

よく聞く「桶谷式断乳」ってどんな方法?やり方や注意すべき点を教えて!

母乳育児をしているママにとって断乳の悩みはつきものですよね。職場復帰を考えていた …

生後10ヵ月の赤ちゃんにおすすめの遊びと外遊びの注意点とは?

0歳10ヵ月は遊びの幅が広がる時期!一緒に楽しく遊びましょう 赤ちゃんは年齢に合 …

生後10ヵ月の離乳食は?量やミルクとの割合はどうすればいい?

生後10ヵ月になると3回食になる子も!離乳食に関する注意を知っておこう! 0歳1 …

赤ちゃんにはいつからメープルシロップを与えてもいい?その際の注意点は?

子どもが2歳を過ぎるまでは、ボツリヌス菌への感染を避けるため、はちみつを与えない …

発達障害の赤ちゃんによく見られるサインと特徴とは?

発達障害の不安がある場合はよく観察しましょう 子供の発達障害について心配をしてい …

赤ちゃんの歯茎に出血や腫れがある!原因と対処法を教えて!

赤ちゃんは生後6カ月を迎えるころから、歯が生え始めます。それと前後して、口の中の …

赤ちゃんに歩く練習をさせるには?ただし無理をさせるのはNG

赤ちゃんには赤ちゃんのペースがあります。注意点を確認しましょう! どれくらいでよ …

離乳食に慣れてきたら後期へ!1日3食になる離乳食後期の進め方とは?

離乳食の後期へはどんな進め方をすればいい? 離乳食が始まってからしばらく経つと赤 …

おやつの与え方の基本とは?生後10ヵ月の赤ちゃんにはどんな物がおすすめ?

0歳10ヵ月になるとおやつに興味も出てきますが、与えすぎは厳禁! 0歳10ヵ月は …

嬉しい成長!赤ちゃんの伝い歩きって?時期や注意すべきことって?

ハイハイが出来るようになり、机やソファーにつかまって立つようになると、いよいよ次 …