ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの歯茎に出血や腫れがある!原因と対処法を教えて!

   

fb2a2889b3da9b2e6fb05e2470de7f69_s

赤ちゃんは生後6カ月を迎えるころから、歯が生え始めます。それと前後して、口の中のトラブルがおこりやすくなるので、ママは歯磨きも含めたオーラルケアに気をつける必要があります。

ママはきちんとケアしているつもりでも、赤ちゃんの歯茎から出血したり、腫れてしまうことがあります。そこでここでは、赤ちゃんの歯茎に出血や腫れがみられる原因と対処法について、お話しします。

ママが良かれと思って行っている歯磨きが、赤ちゃんの歯茎を傷つけることがあるので、正しいケアの方法も合わせて、ご紹介します。

赤ちゃんでも、歯茎に出血や腫れがみられることがあるの?

大人が歯磨きしているときにも、歯茎に出血や腫れがみられることがあります。それと同じように、赤ちゃんの歯茎から出血したり、腫れることがあるのは、歯茎に菌が侵入したと考えて間違いないでしょう。

大人の場合は虫歯が原因なのですが、まだ歯が生えていない赤ちゃんがそうなるのはレアケースです。ですが、母乳やミルクの残りカスが歯垢となって口内に残ってしまい、それは歯茎に侵入することがあるのです。

まず、歯茎が腫れ、それを放置すると歯肉炎になって出血するようになります。そのため、歯茎が腫れていることにいち早く気づいてケアできれば、出血を防ぐことはできます。ママが毎日、赤ちゃんのお口の状態をチェックすることを習慣にしましょう。

赤ちゃんの歯茎に出血や腫れがみられる原因は?

赤ちゃんの歯茎が腫れたり、出血する原因はほかにもあります。まず、乳歯が生えかけていることです。乳歯は歯茎を突き破って出てくるものなので、歯茎が腫れたり出血することが、一時的におこります。

次に、乳歯が生えた後の歯磨きの刺激が強く、歯茎が傷つくことです。

そして、歯肉炎です。歯肉炎は「不潔性歯肉炎」と「萌出性歯肉炎」に大別されます

不潔性歯肉炎

不潔性歯肉炎とは、歯磨きが行き届かないことで、歯垢がたまっておこる歯肉炎のことをいいます。

萌出性歯肉炎

萌出性歯肉炎とは、生えてきた入試と歯茎のすきまに、飲み物や食べ物の汚れが溜まることでおこりますヘルペスウイルスに感染することも、萌出性歯肉炎の原因となります。その結果、歯茎に腫れや出血がおこるのです。

赤ちゃんの歯茎に出血や腫れがみられたときの対処法は?

口の中の汚れや萌出性歯肉炎が原因の場合

赤ちゃんの歯茎の腫れや出血の原因が、口の中の汚れや萌出性歯肉炎の場合は、正しく歯磨きを行い、歯と歯茎を清潔に保つことで、症状は改善されます。授乳や離乳食、おやつの後は歯を磨く習慣をつけることが基本です。

ヘルペス性歯肉炎の場合

ヘルペスウイルスが原因のヘルペス性歯肉炎の場合は、赤ちゃんは口の中に痛みがあるので、水分を摂るのも嫌がることが多いです。この場合は、すぐに病院に連れて行き、抗ウイルス剤を処方してもらって治療しましょう

薬を飲んでも、症状が改善されるまでに1週間から10日かかり、完治する目安は2週間といわれています。この間は、脱水症状を防ぐためにも、スポイトやスプーンを使って、こまめに水分補給することを心がけてください。

歯茎を傷つけない歯磨きをしてあげよう!

brushing-teeth-787630_640

赤ちゃんの歯茎はデリケートなので、強くこすり過ぎても、歯茎の腫れや出血につながる可能性が高いです。それを防ぐためには、正しい歯磨き方法を実践する必要があります。

乳歯が上下で数本しかない時期は、ガーゼを濡らして歯の表面の汚れを取るので十分です。乳歯の数が増えたら、歯ブラシを使い始めましょう。その場合も、ベビー用の柔らかい歯ブラシを選び、歯茎を傷つけないように優しくブラッシングするのがポイントです。

乳歯が虫歯になったり、歯肉炎の状態が続くと、永久歯にも悪影響が及びます。しっかりケアして、それを防いであげましょう。

  関連記事

嬉しい成長!赤ちゃんの伝い歩きって?時期や注意すべきことって?

ハイハイが出来るようになり、机やソファーにつかまって立つようになると、いよいよ次 …

赤ちゃんにはいつからメープルシロップを与えてもいい?その際の注意点は?

子どもが2歳を過ぎるまでは、ボツリヌス菌への感染を避けるため、はちみつを与えない …

発達障害の赤ちゃんによく見られるサインと特徴とは?

発達障害の不安がある場合はよく観察しましょう 子供の発達障害について心配をしてい …

赤ちゃんの命が危険!!インフルエンザ脳症(脳炎)って知っていますか?

冬の流行病、インフルエンザ。大人がかかってもつらい病気ですが、赤ちゃんがインフル …

赤ちゃんに歩く練習をさせるには?ただし無理をさせるのはNG

赤ちゃんには赤ちゃんのペースがあります。注意点を確認しましょう! どれくらいでよ …

よく聞く「桶谷式断乳」ってどんな方法?やり方や注意すべき点を教えて!

母乳育児をしているママにとって断乳の悩みはつきものですよね。職場復帰を考えていた …

生後10ヵ月の赤ちゃんにおすすめの遊びと外遊びの注意点とは?

0歳10ヵ月は遊びの幅が広がる時期!一緒に楽しく遊びましょう 赤ちゃんは年齢に合 …

おやつの与え方の基本とは?生後10ヵ月の赤ちゃんにはどんな物がおすすめ?

0歳10ヵ月になるとおやつに興味も出てきますが、与えすぎは厳禁! 0歳10ヵ月は …

生後10ヵ月の離乳食は?量やミルクとの割合はどうすればいい?

生後10ヵ月になると3回食になる子も!離乳食に関する注意を知っておこう! 0歳1 …

離乳食に慣れてきたら後期へ!1日3食になる離乳食後期の進め方とは?

離乳食の後期へはどんな進め方をすればいい? 離乳食が始まってからしばらく経つと赤 …