ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

冬の流行、インフルエンザ…赤ちゃんがかかったらどうなるの!?症状、予防法、治療など

   

冬になると必ずといっていいほど流行する、インフルエンザ。特にここ数年は新型インフルエンザが発見されるなど、非常に強い感染力のウイルスが流行っています。

大人がかかってもつらい病気ですが、赤ちゃんがかかるとどうなってしまうのでしょう?

赤ちゃんのインフルエンザは下痢・嘔吐から始まることも!

通常インフルエンザにかかるとまず高熱が出て、次第に倦怠感や重い風邪のような症状が現れますが、赤ちゃんの場合は発熱ではなく下痢や嘔吐から始まることがあります。これは、赤ちゃんは大人と比べて消化器系が未熟なため、ウイルスにやられてしまうと働きが弱まってしまうのです。

具体的な症状としては、熱は40度近く出て、2~5日続きます。また、熱の上昇と共に頭痛や筋肉痛など大人と同じ症状が現れるため、赤ちゃんの機嫌が悪くぐずぐず泣き続けることもあります。

インフルエンザは新生児でもかかります

インフルエンザは、子供から大人まで誰でも感染する病気ですが、生まれたばかりの赤ちゃんでもかかる恐れがあるといいます。

新生児や生後まもない赤ちゃんを人ごみに連れて行く機会はほぼないと思いますが、もし家族でインフルエンザにかかってしまった人がいる場合は赤ちゃんとの接触を少しでも減らしましょう。

こんな症状はインフルエンザかも!?

突然の発熱

特に38度以上で体がとても熱くなっていたり、ほっぺが真っ赤になっている場合、熱がその後40度近くになった場合

食欲がなく、ぐったりしている

倦怠感や筋肉痛、頭痛のせいかもしれません。

機嫌が悪く、泣き続けたり、いつもと違う泣き方

同じく倦怠感や筋肉痛などのせいかもしれません。

せきやくしゃみ、下痢、嘔吐など

重い風邪の症状はインフルエンザの特徴であり、また抵抗力の弱い赤ちゃんは消化器系への負担が大きいです。

風邪と症状が似ているため、判断が難しいのですが、少しでも心配な場合はなるべく早く小児科にかかりましょう。その際は「インフルエンザかもしれない」ということを伝えるようにしてくださいね。また、最近人混みの多いところに行ったか、近くにインフルエンザの患者がいるかということも判断のひとつになります。

赤ちゃんのインフルエンザは合併症に注意!

赤ちゃんは抵抗力が弱いため、時にインフルエンザから合併症をおこしてしまうことがあります。

インフルエンザ脳症

命にかかわる場合もある、非常に重い合併症です。10分以上のけいれん、意識障害、異常行動(ママがそばにいるのに探し出すなど)があった場合はすぐに診察を。必要であれば救急車を呼びましょう。

熱性けいれん

熱が上がるときに、まれに赤ちゃんや子供がおこすけいれんです。通常は5分以内におさまるので、衣服をゆるめてあげながらけいれんが続く時間をはかってください。10分以上続いたり、何度も繰り返す場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

気管支炎・肺炎

ウイルスが気管支や肺に感染するとおこる合併症です。たんが絡むようなゴホンと湿ったせきが出たり、息苦しそうな時は早めに診察を受けましょう。

急性中耳炎

ウイルスが耳の中にある中耳に感染するとおこります。耳が痛くなったり違和感が出るので、赤ちゃんの耳に触ると嫌がる、耳をしきりに気にする、耳垂れが出るなどの症状があれば医師の診察を受けましょう。

インフルエンザにかかっていたら?

赤ちゃん自身の免疫力で自然に治るのを待つしかない/>のです。そこで、自宅で看病する際に注意したいポイントをお伝えします。

水分補給をとにかくこまめに

赤ちゃんの体は、熱を下げようと沢山汗をかき、また下痢などがあればなおのこと体内から水分が失われていきます。ぬるま湯や赤ちゃん用のイオン水などをこまめに飲ませてあげましょう。母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんには、なるべく多く飲ませてあげるようにしましょう。冷たい飲み物は赤ちゃんの体には刺激的すぎるので、ほどよい温度のものをあげてくださいね。

離乳食は無理をせず!

赤ちゃんによっては食欲がなく、離乳食を受け付けてくれない場合も。せっかく進んだのに…と落ち込まず、食べないようであれば無理にあげずに飲み物で補給してあげましょう。食べられるようであれば、柔らかく煮込んだうどんやおかゆなど、お腹にやさしいものを少しずつあげましょう。

湿度を高くし、こまめに換気する

インフルエンザウイルスは乾燥に弱いため、湿度を高くすることが重要です。加湿器や濡れタオルなどを干して、常に50~70%ほどの湿度を保ちましょう。また、ウイルスが部屋に充満してしまわないように、こまめに換気を行うことも大切です。(ママもマスクをしてかからないように気を付けてくださいね!)

服を着替えさせ、お風呂は控える

赤ちゃんの熱が上がっている最中は寒くないように一枚多めに、上がりきった後は熱を放出できるように一枚薄着にしてあげましょう。汗を吸収しやすいやわらかな肌着を着せ、一時間に一回は赤ちゃんの状態を確認しましょう。また、お風呂に入れるのは赤ちゃんの体に負担をかけてしまうので、温かく濡らしたタオルで体を拭いてあげるのみにとどめましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかからないために

インフルエンザには必ずといった予防法はありません。そのため、大人と同じように

  • 手洗い・うがいを行う(うがいができない赤ちゃんは手洗いだけでも)
  • 流行期の人混みへの外出は控える
  • 湿度を50%以上に保つ

などの基本的な対策を行いましょう。また、予防接種は6か月以上で接種できますが、一歳未満は医師の方針によっては受けられない病院もありますので、確認しておきましょう。(一歳未満にはあまり効果がない、とする説もあるようです。)

赤ちゃんのインフルエンザは、早期発見、対策が非常に重要です。合併症を引きおこす前に適切な対処ができるよう、疑わしい症状が出たら早めに医師に診せるようにしましょう。

また、ママやパパ、他の家族がかかってしまわないようにみんなで予防を心がけることも大切ですね。赤ちゃんが辛い思いをしないよう、流行期はちょっと意識を高めて過ごしてくださいね。

  関連記事

生後3ヵ月の赤ちゃんがよく吐いてしまう!どうして吐くの?その原因と対処法は?

初めての育児に奮闘するママの中には、赤ちゃんがよく吐くことに驚き、不安を感じてい …

赤ちゃんの昼夜逆転はいつまで続く?直し方はあるの?

赤ちゃんが産まれると、ママは授乳に追われることになります。新生児は2~3時間おき …

赤ちゃんにみられる上皮真珠の原因と治療方法が知りたい!

赤ちゃんの口の中を見たときに、歯茎に白い粒が見え、「口内炎ができたのでは?」と心 …

0歳3ヶ月児に見られる関節コキコキとは?原因、注意点など

指や首をコキコキ鳴らすのが癖という方もいますよね。 ですが、それとは違い、生後3 …

赤ちゃんの後頭部にはげやへこみがある!予防法はあるの?

初めての育児を行っているママの中には、赤ちゃんの後頭部にはげができたり、頭にへこ …

赤ちゃんが痙攣してしまったら、どう対処したらいいの?

痙攣の発作がおきると、赤ちゃんは白目をむいたり、手足が突っ張ったり、震えだしたり …

生後3ヵ月目の赤ちゃんには睡眠リズムを整えてあげよう!

生後3ヵ月目の赤ちゃんは夜の睡眠で、心身の疲れを修復するだけでなく、脳や発育を促 …

チャイルドシートでグズる赤ちゃんが泣き止む方法とは!

赤ちゃんとの快適なドライブを叶えるコツを紹介します! 赤ちゃんとのドライブでは、 …

子育て支援センターには、いつから赤ちゃんを連れて行っていいの?注意点はある?

初めての育児に取り組むママの中には、双方の実家が遠い、転勤で友人がいない土地で暮 …

生後3ヵ月でも、乳児湿疹とアトピーは見分けられるの?

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートなので、赤くなったり、湿疹が出るなどのトラブルが …