ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

まだまだ流行っている手足口病!その病気の招待や対処法とは?

   

保育園に通う子供を持つママなら、一度は耳にしたことがある手足口病です。この病気は、子どもを持つまで、あまり耳にしたことがなかった方も多いのではないでしょうか。

プール熱と並んで夏の病気というイメージがありますが、実は春~秋にかけて流行する病気です。実際に都内の保育園では9月に入ってから、再び手足口病が流行り出したという声も上がっています。

今回は、まだまだ油断ならない手足口病の症状や治療法について紹介していきましょう。

どうして手足口病になってしまうの?その症状とは?

手足口病とは、コクサッキーウイルス、エンテロウイルス等のウイルスに感染することにより発症する感染症です。ウイルスが猛威をふるうのは夏場が多いので、夏風邪の一種として捉えられています。そして残念ながら非常に感染力が強いことでも知られています。

ウイルスの潜伏期間は3~5日と比較的短く、感染後すぐに発疹が出る子供もいますが、1/3の子供は発疹の前に発熱があったという報告もあります。しかし熱自体は高くても38度程度で、比較的すぐ下がるといわれています。

手足口病の発疹について

そんな軽微な発熱とは反対に、発疹はなかなか厄介です。あっという間に水ぶくれのような米粒大の発疹が現れます。

また発疹といえば背中やお腹などの柔らかい部位に出ることが一般的ですが、手足口病は病名の通り手や足のひら、更に口の中にまで発生するのが、この病気の最大の特徴です。

通常、発疹には痛みやかゆみはありませんが、口の中に出てしまうとそれが口内でつぶれてひどい口内炎になってしまうことがあります。ひどい子供だと食事はおろか、お水を飲むだけでも痛みを伴うことがあります。

発疹は一週間程度で消失しますが、食事が思うように摂れないこともあるため、脱水症状に気を付けましょう

集団感染に注意!手足口病の感染経路

手足口病の感染経路は以下の通りです。

  • 咳やくしゃみによる飛沫感染
  • 手指等による接触感染
  • 便に排出されたウイルスによる糞口感染

感染発生動向調査によれば、感染者の90%が5歳以下の乳幼児です。うち半数は2歳以下が半数を占めるということで、保育園などでの集団感染が多く見られます

しかし、まれに大人も感染することがあり、その場合は子供に比べて重症化しやすいと言われています。手足口病が感染力が強いので、看病するママにも注意が必要です。

一度感染したら免疫はつくの?

「手足口病は去年やったから大丈夫!」と思っているママはいませんか?実は、手足口病は複数のウイルスが原因となっています。そのウイルスはわかっているだけでも10種類以上とも言われています。

よって型の違うウイルスに感染してしまい、何度も手足口病になってしまう子供も見られます。手足口病が周囲で流行しているときは、一度なったことがあるからと油断せずに予防しましょう。

いつから登園しても良いの?

働くママにとっては、可愛い子供の苦しむ姿は辛くても、そう何日も休めないと言うのが本心でしょう。実は、手足口病は学校保健安全法の予防すべき感染症には含まれていません。よって、出席停止になる疾患ではないと考えられているのです

潜伏期間3~5日を経て発症した手足口病は、発熱や発疹はだいたい1週間程度で回復します。ですが、これはもう感染しないということではなく、あくまで感染した本人の症状が落ち着いただけであり、回復後2~4週間経っても便中にウイルスは排出されます。

しかし発症してから完全にウイルスが排出されなくなるまで一カ月以上休むのは現実的ではないということで、基本的には熱が下がり、口内の発疹が治って通常の食事をとれるまでに回復したら登園許可を出す保育園が多いようです。

もちろん保育園によって考え方は違うので、登園については保育園に相談してみましょう。中には完治証明書にかかりつけ医からのサインを求める保育園もあるようです。

有効な薬はあるの?また、おうちでの看病は?

手足口病は有効なワクチン等はなく、特別な治療法はないとされています。症状の軽さによっては、小児科に行っても薬も出されず経過観察となることもあります。

気になる家庭でのケアですが、口内の発疹が痛み食事を上手く摂れない子供がいるので、そのときは食べやすい形状にしてあげましょう。柔らかく煮たうどんやお粥がおすすめです。

水を飲むのも痛い場合もありますが、脱水症状にならないようスプーン一杯ずつでも水分を小まめにあげましょう。

また入浴して良いのか悩むご家庭も多いようですが、高熱が出ていない限りは大丈夫です。しかし、お風呂で使った桶やタオルを介して家族に感染する恐れがあります

手足口病は予防できる?

このようにこれといった治療法がない手足口病ですが、ママ達が最も気になるは、いかに感染を防ぐかです。一般的な感染対策は、徹底した手洗いうがいと、排泄物の適切な処理です。可能であれば、タオル等も共用しない方が良いでしょう。

しかし子供は衛生観念がまだ発達しておらず、集団生活では子供同士も生活距離が近くなりがちでしょう。それに加え、ウイルスが消失するまで一カ月以上はかかることから、感染を完璧に防ぐことは困難だと言えます。

それよりも、まずは「手足口病かな?」と思ったら、焦らずに対処することが大切です。

注意すべき合併症と間違えやすい病気

発疹はあるものの、比較的軽い症状で済む手足口病ですが、ごく稀に髄膜炎脳炎などの中枢神経系の深刻な合併症を引きおこすこともあります。高熱や嘔吐、ぐったりとしている等の症状があった場合は注意が必要です。

命の危険もある!細菌性髄膜炎の原因や治療法などまとめ

また手足口病は症状が良く似ていることから、水ぼうそうと間違えられることがあります。夏場に多く、手足口に発疹が多く見られる手足口病に対して、水ぼうそうの発疹は頭や顔に見られます。

水ぼうそうは早期発見が大事!その原因と症状と治療法を知っておこう

しかし最近は、手足口病でも季節問わず発症することもあり、全身にまんべんなく発疹が出来る子供もいます。治療に関しても、手足口病では経過観察となることに対し、水ぼうそうには抗ウイルス剤を用いた治療が有効です。素人には判別しにくい病気なので、まずは病院を受診しましょう。

手足口病は身近な病気!時には諦めも肝心

発疹が痛々しく、気の毒になってしまう子供の手足口病。感染力も強く一カ月以上ウイルスを保有してしまうことから、感染を100%防ぐことは不可能だと医師も言っています。

ですが、あくまで風邪の一種と言うこともあり、難しく考えることはありません。日頃から手洗いうがいの基本的な予防は大切ですが、保育園で流行り出したら諦めるのも大切です。

お友達をウイルスの交換をしながら、子供は少しずつ強くなっていきます。重症化しないようにだけ注意し、落ち着いて対処していきましょう。

  関連記事

子供を肥満にしないために、原因と判別するための計算方法を覚えておこう!

乳幼児がたくさんごはんを食べるのは、とてもよいことです。ただし、その食事内容によ …

赤ちゃんが髪を引っ張るのはストレスかも、と心配しているママへ

ふとわが子を見たら、自分の髪の毛を引っ張ったりむしったりしている!!その光景を見 …

赤ちゃんの顔や頬が荒れている!肌荒れの原因と対処法について

赤ちゃんの肌はみずみずしく、ツルツルでスベスベという印象を持っているママやパパが …

とても簡単!語りかけ育児の正しい方法と効果とは?

語りがけはお金も手間もかからず、すぐに始められる子供との楽しい対話の時間です。反 …

冬の流行、インフルエンザ…赤ちゃんがかかったらどうなるの!?症状、予防法、治療など

冬になると必ずといっていいほど流行する、インフルエンザ。特にここ数年は新型インフ …

子どもの添い寝はいつからいつまでするのがいい?兄弟がいる場合は?

欧米にはない子育て文化の一つに、日本の「添い寝」があります。産まれたばかりの赤ち …

クーファンの魅力とは?事故にならないための正しい使い方知っておこう

赤ちゃんを優しく包んでくれる道具といえば、おくるみ、ベビーベッド、バウンサー、チ …

赤ちゃんのほっぺが赤い時は、原因に合わせて対処しよう!

赤ちゃんの肌は、柔らかくてデリケートなものです。それが、生後3ヵ月を過ぎて、赤く …

生後3ヵ月の赤ちゃんの外出の心得とは?

持っていくものは?どのくらいの外出までOKなの? 0歳3ヵ月になると、赤ちゃんは …

赤ちゃんがいる部屋で蚊取り線香や殺虫剤を使うのはOK?NG?

大人と赤ちゃんが同じ部屋にいると、赤ちゃんの方が虫に刺されやすいことを知っていま …