ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの目が細い、小さい、腫れぼったい…。こんなお悩み一斉解決!

   

470309030bcb90883698fead5d14acd9_s

皆さんは、「目」に対してどのようなイメージがありますか?「大きな目=可愛い・イケメン」や「垂れ目=穏やか」などのイメージは、一般的によく言われているものですね。このように目に対して固有のイメージがついているため、ママは産まれてくる赤ちゃんの目の大きさや形が気になるところ

産まれたばかり赤ちゃんの腫れぼったい目を見て、先行き不安になることも多々あるのではないでしょうか。そこで、今回は赤ちゃんの目の大きさや変化についてお話ししていきます。

目の大きさはどうやって決まるの?

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、目から得られる情報はたくさんあります。大きなぱっちりした目、切れ長の目、垂れ目、つり目…等さまざまな目の形や大きさがありますよね。それぞれの目に対して、一般的なイメージが固定されがち。このイメージは良いイメージも悪いイメージもあり、その影響で自分の目をコンプレックスに思っている方も多いのではないでしょうか。

そもそも目の形や大きさはどのように決まるのでしょうか。目の大きさは、両親からの遺伝によってほぼ決まります。両親ともに二重であれば、子どもも二重になる確率が高いです。

遺伝によるものなので、「妊娠中にこうしたら目が大きくなる」等の方法は存在しません日本人は「二重の大きな目」への憧れが強い傾向にあります。だから自分の子どもの目の大きさや形が気になってしまいがちです。もし目を大きくできる方法があるとすれば、みんな二重を目指して何かに取り組むかもしれませんね。

なぜ赤ちゃんの目は腫れぼったいの?

産まれてきたばかりの赤ちゃんの顔を見て、可愛い!と同時に腫れぼったさに驚くかと思います。目は、特に腫れ上がったようになっていますよね。これはお腹の中の環境が影響しておこるものです。産まれるまでの間ずっと羊水の中にいたため、顔がむくんだ状態で出てくるのです。

生まれたての赤ちゃんは目をしっかりと開ける力がありません。この影響もあって余計に目が小さく腫れているように見えるのでしょう。出産当日に驚いた目の腫れぼったさも、退院するころにはすっきりとした目元になっていることが多いです。たくさんおっぱいを飲めるようになると、今度はまぶたに皮下脂肪が付いてきて、再び腫れぼったさが戻ってきます

目の腫れぼったさがある時期に、一重か二重か判断することは困難です。「生後一日目は二重だったのに、数か月経ったら一重になった」「寝おきだけ二重」など変化がつきもの。むくんでいた目もすっきりした目も、一重も二重もどれも短い間の素敵な思い出です。その時々の赤ちゃんの顔をしっかりと満喫していきましょう。

腫れぼったさはいつまで続く?

赤ちゃんの目の腫れぼったさは、生理現象なので徐々に解消されていきます。赤ちゃんの運動量が増える時期である、1歳頃に一般的には体全体がすっきりとしてきます。この時期に目の周りの脂肪も適度に落ち、腫れぼったさも無くなるのです。

腫れぼったさが無くなると、一重か二重か判断しやすくなるでしょう。ただ一重と二重、どちらが良いということはありません。どちらの目であっても、可愛いわが子であることは違いありませんからね。

成長すると目の大きさは変わるの?

赤ちゃんの顔つきは日々変化していきます。顔つきが変わるということは、目の大きさも変化すると思っていませんか?目本来の大きさは遺伝情報によって決まっているので、通常目の大きさが大幅に変化することはありません。

目自体の大きさは変わりませんが、痩せる・太るなどの体格の変化があると、相対的に見て目の大きさが変わったように見えることもあります。成長の中でどのような顔つきになっていくかは、誰にもわかりません。それが子どもの成長の楽しみな部分かもしれません。

全部可愛い!わが子の成長を楽しもう!

e2067386a1c55186b764e5d17ff9cfc1_s

人の印象を大きく左右する目。されど目だけですべてが決まるわけではありません。どんな目であっても可愛いわが子です。他の子と比べたりせず、その子の素敵な個性に目を向けてください。成長に伴い、子どもの顔はすごいスピードで変わっていきます

今しかない表情や仕草をたっぷり味わいながら、子どもの成長を温かく見守っていきましょう。心豊かな素敵な人になるよう、お子さんの良い部分をたっぷり伸ばす育児に励んでいきたいですね。

  関連記事

誤飲してしまうと重症化しやすい!ボタン電池の危険性について

乳幼児期の子供は好奇心いっぱいで、見るもの触るもの、何でも口に入れたがります。大 …

子どもの添い寝はいつからいつまでするのがいい?兄弟がいる場合は?

欧米にはない子育て文化の一つに、日本の「添い寝」があります。産まれたばかりの赤ち …

水ぼうそうは早期発見が大事!その原因と症状と治療法を知っておこう

子どもが保育園や幼稚園、小学校に通うようになると、伝染病に感染することが多くなり …

生後3ヵ月の赤ちゃんの外出の心得とは?

持っていくものは?どのくらいの外出までOKなの? 0歳3ヵ月になると、赤ちゃんは …

毎年冬から春にかけて流行するロタウイルス!予防接種は必要?

胃腸が未発達で免疫力も弱い、生後12ヵ月の乳児の3分の1がかかる感染症といえば「 …

雨の日はママとお出かけ!行き先やおすすめのレイングッズは?

長靴とレインコートで準備万端 雨の多い時期は赤ちゃんとのお出かけも大変です。雨だ …

生後3ヵ月の赤ちゃんに寝返りの練習は必要?方法は?

赤ちゃんが寝返りを始める時期には個人差があり、早い子だと生後3ヵ月ころから見られ …

赤ちゃんが痙攣してしまったら、どう対処したらいいの?

痙攣の発作がおきると、赤ちゃんは白目をむいたり、手足が突っ張ったり、震えだしたり …

とても簡単!語りかけ育児の正しい方法と効果とは?

語りがけはお金も手間もかからず、すぐに始められる子供との楽しい対話の時間です。反 …

ベビーマグはいつから使うべき?選ぶ時のポイントが知りたい!

生後3ヵ月を過ぎたあたりから、赤ちゃんに白湯を与えるママも増えてくることでしょう …