ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが髪を引っ張るのはストレスかも、と心配しているママへ

   

d1aea0e7c481453355803c0535ae0155_s

ふとわが子を見たら、自分の髪の毛を引っ張ったりむしったりしている!!その光景を見た時に、多くのママやパパはショックを受けてしまうのではないでしょうか。

「うちの子、何かストレスを抱えているのかしら?」特に赤ちゃんの場合はまだ言葉も話せず、知らず知らずのうちに溜め込んだストレスが髪の毛をむしる行為に出ているのではないか、と思ってしまうかもしれません。

しかし、安心してください。赤ちゃんが髪の毛をむしるのは、ストレスが原因ではないことの方が多いんです

そもそも赤ちゃんの髪の毛ってどうなっているの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだまだふわふわした毛のことが多いですよね。まれにふさふさと生えている場合もありますが、実はまだ皆産毛が生えているだけなんです。生後3か月頃から生え変わり始めて、3歳ごろまでには大人と同じしっかりとした髪に変わっているといわれています。

また、赤ちゃんの髪の生え具合には非常に個人差があるので、1歳ごろでもまだ薄い子もいれば、もうロングヘアになっている子もいます。ただ、気長に待っていればきちんと強い髪の毛が生えてくるので安心してくださいね。

赤ちゃんが髪の毛をむしる理由とは?ストレスではないの?

もし、髪の毛をむしっているのが2~3歳くらいの子であれば、ストレスの可能性もあります。その頃には社会的な関わりも増えてきて、感じることも複雑になってきているからです。しかし、1歳前後までの赤ちゃんの場合には、以下のような理由がほとんどです。

一時的な癖・遊び

赤ちゃんには様々なマイブームがやってきますよね。よだれを飛ばしたり、足をバタバタさせたり、おもちゃをなめたり…。まだまだ自分の体のことを知らない赤ちゃんたちは、興味を持って色々なことをしようとします。

髪の毛を引っ張るのもその一つで、ふと頭を手に持って行って「何か掴める!なんだこれ?」と思って遊んでしまうのです。また、眠たくて目をこする、という代わりに髪の毛を引っ張ってしまう子もいるようです。つい力が入りすぎて髪の毛が抜けたり、同じところばかり引っ張って一部分がはげてしまう…なんて場合もあるようです。

このような場合であれば、にこにこ笑っていたり不機嫌ではない様子で髪の毛を触っているはずです。また、髪の毛を認識できる1歳半くらいまでには落ち着く子が多いですよ。

かゆみなど、何か頭に気になることがある

もし頭皮にかゆみなどがあっても、赤ちゃんは言葉で伝えられないし「かく」という動作がわからないので、とりあえず髪を引っ張ってしまう、ということがあるようです。この場合は、不機嫌そうな顔をしていたり、ぐずっていたりすることも

赤ちゃんは代謝がいいので汗をかきやすく、特に夏場などは頭にあせもができることがあります。また、アタマジラミに感染していた…なんて可能性も。放っておくとあせもが悪化したり、かゆくてひっかき傷ができてしまうこともあるので、しきりに頭を気にしていたり、湿疹が見つかるなどした場合には病院へ連れて行ってあげましょう

赤ちゃんが髪の毛をむしってしまう時の対処法って?

特に湿疹などもなく、単に癖や遊びでやっているようであれば、無理にやめさせる必要はありません。成長して飽きればそのうちやめることがほとんどだからです。

ただ、あまりにも髪の毛の抜けが気になるようだったり、「今はちょっとやめてほしい!」と思う場面であったりする場合には以下のようなことを試してみましょう。

  • 抱っこしたり、お散歩や歌うなどで気を引く
  • お気に入りのおもちゃを渡して興味をそらす
  • 爪が伸びているようであれば爪を短くしておく(傷防止のため)
  • 汗をかいていたり暑そうな時は服を脱がせたり換気をして室温を下げる

また、かゆみが原因の場合などはお風呂で赤ちゃんの頭をしっかりと洗ってあげるのも大切です。しっかりと泡立てた石鹸で、指の腹を使って頭全体をくるくると円を描くように洗いましょう。石鹸が残っているとかゆみの原因になってしまうので、すすぎも丁寧に行ってくださいね。

基本的には見守っていて大丈夫!不安なときは相談を

4e946d13d5de4b389dbe8938e91b1749_s

赤ちゃんは、大人が思いもしないようなことやもので遊んだりします。しかしそれも赤ちゃんならではの大切な認識行動のひとつで、成長の過程です。ひどくないようであれば、見守ってあげてくださいね。

ただ、あまりにも頻繁に髪の毛をひっぱったり、血が出るほどむしるなど不安になる行動だと感じる時には、医師や保健師などに相談に行ってみるのもおすすめです。あくまで癖の範囲なのか、何か訴えていることがあるのかわかるかもしれません。

  関連記事

水ぼうそうは早期発見が大事!その原因と症状と治療法を知っておこう

子どもが保育園や幼稚園、小学校に通うようになると、伝染病に感染することが多くなり …

赤ちゃんが痙攣してしまったら、どう対処したらいいの?

痙攣の発作がおきると、赤ちゃんは白目をむいたり、手足が突っ張ったり、震えだしたり …

赤ちゃんの下痢の色で何がわかるの?その原因と対処法は?

赤ちゃんは消化器官が未熟なので、下痢をすることも多いものです。ですが、ウンチの色 …

赤ちゃんがいる部屋で蚊取り線香や殺虫剤を使うのはOK?NG?

大人と赤ちゃんが同じ部屋にいると、赤ちゃんの方が虫に刺されやすいことを知っていま …

よく笑う赤ちゃんに育てる方法とは?笑う子と笑わない子の違いは何?

赤ちゃんの笑顔にはそれだけで人を幸せにしてくれる不思議なパワーがありますよね。生 …

子どもの添い寝はいつからいつまでするのがいい?兄弟がいる場合は?

欧米にはない子育て文化の一つに、日本の「添い寝」があります。産まれたばかりの赤ち …

冬の流行、インフルエンザ…赤ちゃんがかかったらどうなるの!?症状、予防法、治療など

冬になると必ずといっていいほど流行する、インフルエンザ。特にここ数年は新型インフ …

クーファンの魅力とは?事故にならないための正しい使い方知っておこう

赤ちゃんを優しく包んでくれる道具といえば、おくるみ、ベビーベッド、バウンサー、チ …

破傷風ってどんな病気?予防接種の効果は?気になる副作用についても解説!

大人なら破傷風という言葉を1度は聞いたことがありますよね。でも身近な人が破傷風に …

毎年冬から春にかけて流行するロタウイルス!予防接種は必要?

胃腸が未発達で免疫力も弱い、生後12ヵ月の乳児の3分の1がかかる感染症といえば「 …