ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

使い方を間違えると依存や中毒の心配もある咳止めシロップ。副作用などしっかり抑えておきたい点とは?

   

a14d7884baa5eeb34b9dba91d2447e1c_s

子供の咳が止まらなくて苦しそうにしていると心配ですよね。子供の咳は発熱にならんで代表な子供の病気にあげられ、その原因は様々なことが考えられます。

夜間や休日などに咳をしていると、なかなかすぐ病院にも連れて行けませんが、どうにかしてあげたいものですね。そんな時に市販の咳止めシロップに頼りたいところですが、中毒症などの心配な噂も。

では、市販の咳止めシロップにはどんな効果があり、また副作用や中毒症の噂とはどんなものなのでしょうか

子供の咳が起こる原因はなに?

そもそも咳がでるのは口から肺につながる気道にホコリやウイルス等の異物が侵入してきた際、それを排除しようとするために反射的に起こる防衛機能のひとつです

では、子供が咳をするのにはどんな原因が考えられるのでしょうか。主にウイルスや細菌に感染して起こる呼吸器感染症や副鼻腔炎、気管支喘息などがあります。

咳にもそれぞれ特徴がありコンコンという乾いた咳がでる乾性咳嗽や、ゴホンゴホンという痰の絡んだような咳の湿性咳嗽があります。

また、まれにケンケンという犬が吠えるように聞こえる咳がでる犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)というものもあります。これは喉の奥が炎症し腫れることで、呼吸困難の症状が出る場合があるので注意が必要です

咳止めをシロップを使用するタイミングは?

new_cb50c5cf2d903adefafda7bffcd7983a_s

子供の咳が止まらないと、咳を鎮めてあげたいと思いますが、咳を伴う病気の種類によっては安易に止めてしまうのは危険な場合があります

たとえば喘息の場合、薬によって咳を止めてしまうことで痰を排出出来なくなり、さらに気道を狭くしてしまうので、かえって苦しくなってしまう場合があるのです。

ウイルスの排除を邪魔しないように、咳だけで他に異変がない場合はなるべく使用を控えましょう。

どうしても咳止めシロップを使用する場合は、夜間や休日など、すぐ病院へ連れていくことが出来ない時のやむを得ない対処法のひとつとして、一時的な利用に留めておきましょう

それでも咳が止まらず苦しそうなときは、他に重大な病気が隠れていないか、夜間診療を受診することも検討するようにしましょう

咳止めシロップは一時しのぎのものとし、それだけで治そうとするのではなく、咳がおさまった場合も、その後きちんとかかりつけのお医者さんなどで診察を受けることをおすすめします

どんな効果があらわれるの?

咳止めシロップは錠剤のような飲みにくさや苦味などもなく、フルーツのような甘さで飲みやすく作られています。液体タイプのお薬ですので、気管支を通り粘膜へ直接浸透し、炎症部分へ直接作用するため即効性があるといわれています。

乾いた咳が出るときは、気道が炎症を起こすことでその炎症が脳の咳中枢を刺激するために起こります。咳止めシロップには脳内の咳中枢に働きかけて、鎮めることで咳を抑える作用があります

ではどのような成分が入っているのか詳しくみていきましょう。

成分としてはリン酸コデイン、デキストロメトルファンなどがあり、主に空咳に効果があります。

その他にも交感神経を刺激して咳を鎮める鎮咳成分のメチルエフェドリン、鼻づまりや鼻水、くしゃみなどのアレルギー性の咳を抑える坑ヒスタミン成分であるマレイン酸クロルフェニラミン。

痰をとかして出しやすくする去痰薬のグアイフェネシンやブロムへキシン塩酸塩などで出来ています。

副作用や中毒症状とは?

new_yakkyoku_yakuzaishi

咳止めシロップの副作用には、どのようなものがあげられるのかみていきましょう。

まず、アレルギー性の咳を抑える成分である坑ヒスタミンのマレイン酸クロルフェミランには、喉の渇きや眠気が出ることがあります。

鎮咳効果のある成分のメチルエフェドリンですが、交感神経を刺激しますので、まれに心臓がドキドキしたり血圧上がることがあります。

そして咳中枢に働きかけて咳を抑える成分のリン酸コデインは、便秘や眠気の他に気道の分泌物が抑えられて、喘息発作を起こすこともありますので注意が必要です。

また、リン酸コデインの効果には咳を抑える効果の他に鎮痛作用があり、「麻薬性鎮咳成分」というものに分類され、モルヒネなどに類似するオピオイド(麻薬)系になります。

このことが咳止めシロップによる中毒症が噂される背景となっているようです

しかし、麻薬として使われるのは、含まれる成分量が非常に多い場合に限ったことで、市販の咳止めシロップには少量しか含まれておらず、用法や用量に沿って使用する分にはそれほど神経質にならなくてよいでしょう

加湿を心がけて事前予防に心がけましょう

子供の咳を止めてあげたいけど、咳止めシロップは使用したくない、そんな方はハチミツをお湯で溶かして飲ませたり、夜に咳がひどい時には上体を少し起こすように寝かせてあげると、呼吸が楽になり咳が和らぎますよ。

ひどい場合には病院を受診しましょう

家庭では濡れたタオルを下げたり加湿器を使用して、室内の湿度を40~60%に保つことで、喉への刺激を減らして鎮めてあげるようにしましょう。

また日頃から体調管理や十分な加湿をし、ウイルスなどへの予防を心がけましょう。

  関連記事

歯列矯正は何歳から始められる?矯正するメリットとは?

子どもの歯が生え揃ったときに、歯並びやかみ合わせが悪いと、親として気になりますよ …

3歳児の生活リズムを改善する方法とは?そのメリットは?

乳児のときから、子どもの生活リズムを整える努力をしているママは、きっとたくさんい …

どうして子供は嘘をつくの?嘘をついた子供との接し方とは?

子育てをしている親にとって子供のつく嘘は悩みごとの一つではないでしょうか。私にも …

入園準備で必要なお弁当袋の作り方を教えて!

子どもを入園させる幼稚園にお弁当の日がある場合、お弁当袋を用意するようにいわれる …

ランチョンマットや給食ナフキンの簡単な作り方を教えて!

幼稚園や小学校では、給食が始まります。そのため、入園や入学の準備品に、ランチョン …

3歳児が喜ぶ、室内遊びと外遊びとは?何をしたらいい?

子どもも3歳になると、走る、飛ぶ、跳ねると、自分で思うとおりに身体が動かせるよう …

3歳児のしつけのポイントは?何か注意点はあるの?

日本には、「三つ子の魂百まで」という諺があります。それは、幼少期からの性質は、一 …

3歳児の反抗期への対処法は?叱り方はどうすべき?

魔のイヤイヤ期に入り、対処に困っているママとパパが多いのではないでしょうか。これ …

電車やバスとは料金形態が異なる!?飛行機の子供料金とは?何歳からかかる?

子どもができて、毎日育児に追われて過ごしているママ、パパもたまには旅行に行きたい …

子供の鼻血が止まらないときの正しい対処法が知りたい!

子供はよく、鼻血を出すものです。それがなかなか止まらなくて、冷や冷やした経験を持 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss