ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供の偏食の効果的な対策はある?発達障害の可能性もあるって本当?

   

子供には、何でも食べてほしい。まんべんなく栄養素を取って、健康的に育って行ってほしいと願って、食事を作りますよね。しかし早い子供で離乳食あたりから偏食が出てくる子供もいるのです。

また2歳児になり、自我が強くなりイヤイヤが始まると、食事にもこだわりが出て偏食が強くなるということもあるのですね。

子供の偏食は、ママの悩みの1つになります。それを改善させるための方法ってあるのでしょうか。ここでは偏食の効果的な対策や発達障害の可能性ついてもご紹介していきます。

子供の好き嫌い…原因は何?

食事を味わう時に触覚、味覚、嗅覚などが大きく関係します。赤ちゃんの時には、この感覚がまだまだ未熟なのですが、段々と月齢を重ねていくと、少しずつ感じるようになってくるのです。

そのため子供もこれまで何の抵抗もなく食べていたのに、感覚がわかるようになって、少し嫌だなと感じるようになり、好き嫌いをするようになることもあるのですね。

その好き嫌いの原因は、とても繊細なもので、例えば色が嫌だ、噛んだ時に、ぐにょっとする感覚が嫌だという場合もあります。また子供の味覚というのは、大人よりも繊細です。大人は何も感じない場合でも、子供は、少しの苦みを感じることもあるのですね。

もしも野菜などで苦みを感じることがあれば、それが嫌だというトラウマになり、好き嫌いをするようになることもあるのです。

子供の偏食を治したい!効果的な方法はある?

先ず子供が好き嫌いを言い始めた時には、本当に嫌がっているかどうかをよく観察しましょう。

例えばイヤイヤ期に入ると、食べ物をよく見ていないのに、いやだということもあるのですね。ただ抵抗をしたい、ママの言うことに反対したいという場合のこともあるので、本当に食事を嫌がっているのかどうかを確認することが大切です。その場合は、見た目に楽しい食事で気を引くと良いでしょう。

またみんなが楽しく食べていると、「嫌といったけれど、美味しそうだな、楽しそうだな」と感じて食べる意欲が出てくることがあります。

同じ食材でも、日によって食べる時と食べない時があることもあります。この場合、触覚や味覚が嫌だと感じることもあるのですね。調理方法によって食べることもあるので、同じ食材をいろいろな方法で食べてみるのも偏食を治す一つの方法です。

大切なのは、無理強いをしないこと。無理強いすることで頑固になったり、トラウマになることもあるので、いろいろな調理方法、そして食べる雰囲気を工夫して、子供が手を伸ばすまで待ってみるのも良い方法です。

偏食と発達障害の関係性とは?

発達障害のある子どもは、感覚が過敏であるといいます。つまり味覚も過敏になっているので、偏食が多い場合もあるのです。味覚が過敏になると、すっぱい、苦いなどを強く感じることがあります。そのため一度食べて嫌な味だったものは、もう食べたくないと思ってしまうのですね。

また、発達障害の子供はこだわりが強いです。食に関するこだわりが強いのも特徴で、その理由は、視覚優位であるからなのです。視覚優位であると、見た目で判断して、それ以外のものは絶対に口に入れないと、自分で決めてしまうのです。

月齢が小さいうちから偏食が強くて、悩んでいた場合、2~3歳ころに発達障害かもと診断を受けることもあります。またグレーゾーンではっきりしない場合も偏食により、発達障害がわかるということもあるのですね。

偏食はよくありがちな子育ての悩みでもありますが、それが発達障害と結びついていることもあるので、ママが「あれ?」と思った時には、注意が必要です。

偏食が原因でなりやすい病気は?

偏食をしていて、糖分の高い食事を続けていれば、糖尿病になる可能性は高くなります。また塩分が多い食事を続けていると、高血圧になる可能性が高くなります。しかし子供にもっと身近な問題は、脱水やビタミン不足などではないでしょうか。

例えば、水分や食事を取ることを嫌がってとらないでいる場合、失われる水分量が多くなると、容易に脱水になります。

またミネラルやビタミンというものは、食事から摂取できるものは少量なのですが、それを摂取しないでいると、体の元気がない、口内炎が出来やすい、また貧血がでる、骨の成長に影響がある、などになることもあります。

特にこれらのものは、体に貯蓄しておくことが出来ないので、偏食が強くまったく摂取できない場合、体に取り入れることのできない成分なのです。

年齢が小さなうちは可能性が少ないと言えますが、年齢が増してくると、偏食が拒食症に結びつくこともあるので、偏食には、注意が必要なのです。

諦めないで、少しずつ食べれるように!

偏食がある場合でも諦める必要はありません。年齢が小さなうちは、味覚が過敏で食べられない物が多くても、段々と味覚も変化していくために食べれるようになることも多いのです。

また集団生活が始まると、周りが食べるのを見て、それに影響を受けて、段々と口にするということもあります。偏食があっても食事の作り方の工夫を重ねるなどして、子供が受け入れるのを待つこと。

食べられた!美味しかった!という成功体験があれば、段々と食べれるようになるのです。

  関連記事

子どものおもちゃを片付けるコツは?収納術が知りたい!

子どもが産まれると、おもちゃをいただく機会が増えます。そして、月齢によって使うお …

子供が偏食で困った!原因を知って改善方法について教えて

離乳食を食べさせていたときには何でも食べていたのに、自分で食べるようになると、好 …

放任主義と育児放棄(ネグレクト)の違いは?正しい放任主義の子育て法とは

放任主義と聞けば『ほったらかしにしている』と思う人もいるかと思います。また、しつ …

子供の猩紅熱って一体どんな病気?原因や気になる症状、治療法はどうすればいい?

お子さんが幼稚園・保育園や小学校へ通う前にもらうしおりの中に、『学校指定感染症』 …

どうして子供は嘘をつくの?嘘をついた子供との接し方とは?

子育てをしている親にとって子供のつく嘘は悩みごとの一つではないでしょうか。私にも …

反抗挑戦性障害かも…子供の問題行動をチェック!親の対応

反抗期の時期は子供によって違いますが、健全な反抗期とそうでない反抗期があることを …

本当に影響があるの?嘘か真か、3歳児神話のこと

子どもは授かりものですから、子供の性別関係なく、子供が生まれたら大事に育てていこ …

子どもの敏感期はいつ?そのとき親はどう接したらいいの?

子どもには、「敏感期」があることを知っていますか?この敏感期の子どもにどう接する …

「赤ちゃんはどこからくるの?」という質問を、どのように説明したらいい?

あなたはお子さんに「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞かれたら、何と答えようと思っ …

3歳児が喜ぶ、室内遊びと外遊びとは?何をしたらいい?

子どもも3歳になると、走る、飛ぶ、跳ねると、自分で思うとおりに身体が動かせるよう …