ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

予防接種がない!?子供が発症しやすい溶連菌の感染経路と予防方法は?

   

子供の感染症の種類のなかでも認知が低い「溶連菌(ヨウレンキン)」による感染症ですが、初めて耳にすることも多いのではないでしょうか?

溶連菌感染症とは、正しくは「溶血菌連鎖球菌」といいます。様々な症状を併発させてしまう感染症であるために、感染した当人にはいろいろな制限が設けられ、感染予防のための努力が家族や周囲の人間にも強いられることになります。

では、どのようなことに注意を払って生活を送るべきかをご紹介します。

溶連菌とは一体何?その症状とは?

溶血性連鎖球菌の菌のうちでも、人間に感染症をもたらす種類を「A群溶血性連鎖球菌」といいます。A群溶血性連鎖球菌に感染した子供は、主に喉の痛みを訴えることが多くあります。これは、子供の喉に感染したA群溶血性連鎖球菌が咽頭炎や扁桃炎を引きおこすことがあるからです。

A群溶血性連鎖球菌に感染した場合の症状

子供がA群溶血性連鎖球菌に感染すると、様々な病気を合併させてしまいます。主に喉に感染源をもつ場合には、咽頭炎扁桃炎が発症することもあります。また中耳炎副鼻腔炎なども注意する必要があります。皮膚への影響は丹毒、肺炎、トキシックショックなどです。

感染すると重い病気を誘発させてしまうA群溶血性連鎖球菌ですが、事前の予防が非常に大切になります

感染力の強い溶連菌!その原因と感染経路は?

A群溶血性連鎖球菌の感染経路

気になるA群溶血性連鎖球菌の感染経路ですが、飛沫感染で接触者に感染をもたらします。感染者と至近距離で会話を交す機会があると、くしゃみを通して感染したり、A群溶血性連鎖球菌に冒された食品を摂取することで発病を引きおこす可能性もあります

成人にも感染する感染力の高さから潜伏期間が長く、繰り返して発病するケースもあります。家族とともに住んでいる場合には、家族の者が感染源になることもあります。

また、伝染性のあるA群溶血性連鎖球菌に感染すると、登園、登校を控え、自宅で隔離された状態で療養を行うことが好ましく、完全に治癒するまでは他者との親密なコミュニケーションは避ける必要があります。尿検査で治癒の確認を取ることも、感染を広げずに周囲の感染者を抑止するための方法です。

いずれにしても、感染すると最悪の場合には命のリスクを負うA群溶血性連鎖球菌です。感染が確認されたら直ぐに病院での治療を受けましょう。

症状が出ない場合も?溶連菌の主な症状とは?

子供がA群溶血性連鎖球菌に感染した場合には、喉の発赤、皮膚の発疹の有無で感染を確認されることが多いようです。高熱を発症させた場合、咽頭の発赤が見られる場合、イチゴ舌が見受けられる場合、発疹が見受けられる場合などはA群溶血性連鎖球菌の感染の疑いがあります

感染後には潜伏期間があり、3日ほどで発病が見受けられるます。しかし、A群溶血性連鎖球菌は治療の効果で症状が一度収まったとしても、続発症のある感染症です。最も重要なことは、主治医の指示通りに薬を服用すること療養生活を守ることになります。

ここでいう続発性とは、合併症のことを指します。主なものにはリウマチ熱、急性糸球体腎炎などです。このようにA群溶血性連鎖球菌に感染すると非常にわかりやすい症状が現れてきます。子供が、喉の痛みを訴えたり、発熱を引きおこしたら感染を疑うことも大切です。

感染症にはインフルエンザ、肺炎球菌などもありますが、A群溶血性連鎖球菌も知っておくべき感染症の一つです。

気になる治療方法と予防策はあるの?

A群溶血性連鎖球菌は飛沫感染をおこすとされています。最も重要な予防方法は、感染者との接触を行わないということです。手洗い、うがいの徹底を習慣づけましょう

もしもA群溶血性連鎖球菌に感染してしまったら、医師の指示のもとに、抗生物質を服用します。菌が体内から消えるまでは、急性期から飲み始めて10日ほど連続して服用します。解熱と皮膚の状態が快方に向かっても続発性を考慮して、しばらくは服用をする必要もあるでしょう。

療養中には水分補給が必要ですが、咽頭に刺激が強い飲料水や食品は控えましょう。解熱が見られたら入浴することも可能です。また、発病から2週目、3週目とクリニックでの尿検査を行うことで、A群溶血性連鎖球菌の治癒が確認できる目安にもなります。

感染症とはいえ、事前に防ぐことができたなら幸いですよね。そのためにも咳やくしゃみを多発させている場合には、他人に近づかないことも重要な予防方法です。

家族みんなで手洗い・うがいをこころがけよう

インフルエンザをはじめ、感染症を患う当人はとても苦しいものです。ともに暮らす家族は、当人以上に生活にも気を配ることも多いでしょう。

当人は急性期の入浴を控えたり、マスクとうがいの徹底、手洗いの習慣化など日常生活にも気をつける必要が出てきます。周囲も飛沫感染から身を守る術を守らなければなりません。

まれに大人にも感染する感染力の強い細菌です。感染症の予防と対策は、家族の小さな心がけで随分と感染性が低くなるのです

  関連記事

どんなことができる?子どものお手伝いは何歳から?

子供にとって、お手伝いは成長段階で非常に大切なことです。子供はお手伝いを通して日 …

3歳のこどもにぴったりな誕生日プレゼントって何?3歳児健診の目的や言葉の目安を教えて!

3歳から幼稚園に入園させたいと考えているママの中には、我が子の言葉が遅れているの …

3歳の子供があうことが多い、屋外の事故とは?その予防策は?

子供が成長して行動範囲が広がると、どうしても事故にあいやすくなります。特に屋外で …

どうして子供は嘘をつくの?嘘をついた子供との接し方とは?

子育てをしている親にとって子供のつく嘘は悩みごとの一つではないでしょうか。私にも …

小学校受験に向けて幼児教室に通わせたいけど、どこに行かせるべき?幼児教室の選び方とは?

教育環境も多様化しており、少しでも内容が濃く学習能力のアップが期待できる小学校へ …

子どもの敏感期はいつ?そのとき親はどう接したらいいの?

子どもには、「敏感期」があることを知っていますか?この敏感期の子どもにどう接する …

本当に影響があるの?嘘か真か、3歳児神話のこと

子どもは授かりものですから、子供の性別関係なく、子供が生まれたら大事に育てていこ …

電車やバスとは料金形態が異なる!?飛行機の子供料金とは?何歳からかかる?

子どもができて、毎日育児に追われて過ごしているママ、パパもたまには旅行に行きたい …

子供の口が臭い!口臭の原因と改善方法を教えて!

子供が小さいと、抱き上げる機会が多いものです。 そんなとき、我が子の口が臭いこと …

後を絶たない子供のベランダ転落事故を未然に防ぐ方法とは?

1~9歳までの乳幼児の死亡原因で、一番多いものが何かを知っていますか?それは、「 …