ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どものおもちゃを片付けるコツは?収納術が知りたい!

   

子どもが産まれると、おもちゃをいただく機会が増えます。そして、月齢によって使うおもちゃや興味が変わっていくので、気がつくと収納しきれないほどになっている家庭が多いものです。

そこで今回は、子どものおもちゃを片付けるコツについて、お話しします。散らかって見えない収納術や、子どもに片づけを習慣化させる方法を知れば、おもちゃの片付けも苦にならなくなるはずです。できることから、家庭で実践してみてくださいね。

おもちゃをおしゃれに収納するコツは?

子どものおもちゃはカラフルで、小さなものもたくさんあります。そして、何でもおもちゃ箱に放り込めばよいのではなく、子どもが取り出しやすいように片付けるのがベストです。

さらに、リビングにおしゃれにおもちゃを収納するためには、片付けのコツをつかむのがポイントです。

まず、おもちゃの収納ボックスは、同じもので統一しましょう。リビングに置くなら、壁の色に合うシンプルなボックスがおすすめです。籐の籠やホーローを引き出しに使うことで、おしゃれな雰囲気を演出することもできます。

そして、おもちゃを片付けるときには、種類や使う頻度によって、収納場所を変えることです。子どもが複数いる場合には、一人ひとりに専用の引き出しやボックスを用意するのもおすすめです。

子どもに片づけを習慣化させよう

子どもが赤ちゃんのときは、ママやパパがおもちゃを片付ける必要がありますが、言われたことがわかるようになったら、 しつけの一環として、自分でしまわせるようにしましょう

おもちゃを片付けるという習慣を通して、自分のことは自分ですること、ものを分類すること、使いやすく片付けること、丁寧にものを扱うことなど、いろいろな力を延ばすきっかけをつくることができます。

また、散らかっていたおもちゃをキレイに片付けることで、子どもが達成感を味わうこともできます。

何でも周囲の大人がやってあげるのではなく、自分のもの、あるいは自分が使ったものを片付けるという責任を持たせ、それができたらほめることで、自尊心を持てるようになるはずです

子どもが片付けやすくする方法は?

では、子どもが自分でおもちゃを片付けやすくするためには、どうしたらいいのでしょうか。まず、子どもの手が届くところに、収納ボックスを置くことです。

そして、どのおもちゃをどこにしまうのかを決め、出したらそこに戻すように、くり返し言って聞かせることです

小さい年齢の子どもの場合は、字を読むことができませんので、収納ボックスにシールを貼るなどして、場所を見分けやすくしてあげるのも、方法の一つです。

また、使用頻度の高いものは出し入れしやすい場所に、たまにしか使わないおもちゃは上の方に入れるなど、工夫してあげるのもよいでしょう。

そして、おもちゃを片付けなければおやつが食べられない、テレビを観られないなど、遊ぶことと片付けることで、生活の中にメリハリをつけるのもおすすめです。

おもちゃは定期的に断捨離しよう!

おもちゃの収納は、100円ショップで販売されている、いろいろなボックスを活用することで、十分仕分けができます。おもちゃの収納のために、高いお金をかける必要はありません。

ですが、子どもがいると、どうしてもおもちゃは増え続けてしまいます。そこで、子どもの成長に合わせて、おもちゃを定期的に断捨離する習慣をつけましょう。

きれいなおもちゃであれば、我が子より年下のお友だちにお下がりとしてもらってもらったり、保育園や幼稚園、児童会館などに寄付するという方法もあります。

小さいうちから、物をため込まない習慣が身につくよう、手本となって、定期的におもちゃを整理するようにしましょう。

  関連記事

3歳の子供があうことが多い、屋外の事故とは?その予防策は?

子供が成長して行動範囲が広がると、どうしても事故にあいやすくなります。特に屋外で …

子供のベランダ転落事故を防ぐために、おこりやすい年齢と対策を知っておこう

1~9歳までの乳幼児の死亡原因で、一番多いものが何かを知っていますか?それは、「 …

3歳児が喜ぶ、室内遊びと外遊びとは?何をしたらいい?

子どもも3歳になると、走る、飛ぶ、跳ねると、自分で思うとおりに身体が動かせるよう …

子供の舌にブツブツ!?いちご舌の原因は何?

子供の体調がなんだかおかしい…、喉の赤みを見ようと思って口の中を見ると、赤くブツ …

子どもが友だちを噛んでしまう!その理由と対応、予防策について教えて!

子どもが2歳を過ぎると、児童会館や子育て支援センターなどで、ほかのお子さんと遊ぶ …

電車やバスとは料金形態が異なる!?飛行機の子供料金とは?何歳からかかる?

子どもができて、毎日育児に追われて過ごしているママ、パパもたまには旅行に行きたい …

子どもがぬりえで黒色ばかり使う…コレってどうして?

子どもにクレヨンや色鉛筆を渡してぬりえで遊んでいるのを見ていると、カラフルな色が …

子どもの敏感期はいつ?そのとき親はどう接したらいいの?

子どもには、「敏感期」があることを知っていますか?この敏感期の子どもにどう接する …

子どもが保育園に行きたくないとぐずる!その理由と対処法は?

子どもが保育園に行きたくないとぐずるのは、登園を開始した直後だけだと思っていませ …

水浴びの後で急死!知らないと怖い、子どもの乾燥溺死のこと

みなさんは、「乾燥溺死」という言葉を知っていますか?溺死は水による事故なのに、乾 …