ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供の口が臭い!口臭の原因と改善方法を教えて!

   

子供が小さいと、抱き上げる機会が多いものです。

そんなとき、我が子の口が臭いことに気づき、驚くママやパパもいるのではないでしょうか。もし、お子さんの口が臭いとしたら、早めに対処してあげる必要があります。

そこで今回は、子供の口臭の原因と改善方法について、お話しします。

口臭の原因が病気のこともあるので、軽視してはいけません。日ごろから口臭予防を心がけながら、心配なときには歯科や口腔外科に連れて行き、きちんと診てもらうことをおすすめします。

子供の口臭の原因とは?

子供の口臭の原因にも、いくつかあります。

まず、日ごろの歯磨きが不十分なことです。口腔内に残った食べもののカスが歯垢となり、そこで細菌が繁殖することで匂いが発生するものです。

次に、虫歯があることです。虫歯が進行すると、口臭が強くなります。

そして、口呼吸の習慣がついていることです。口で呼吸していると口腔内が乾燥し、虫歯もできやすくなります。また、雑菌も繁殖しやすくなるので、口臭がします。

アレルギー性鼻炎や蓄膿症、風邪などが原因で鼻づまりになっているときも、口呼吸になることが多いので、注意が必要です。

最後は、匂いのきつい食材をたくさん食べることです。

納豆やニンニク、ネギなどをたくさん食べた後は、どうしても匂いが残ります。ですが、この場合の口臭は一時的なものなので、それほど心配することはないでしょう。

子供の口臭の改善方法は?

歯科や口腔外科に子供の口臭の相談に行ったら、まず勧められるのは、正しい歯磨きをすることです。そのため、正しいブラッシング方法を、歯科衛生士の方にレクチャーされることも多いようです。

歯磨きはすればよいというものではなく、適切なブラッシングで歯垢や食べかすを落とさなければなりません。適当にブラッシングしていると、歯茎を傷めることもあります。

歯磨きのタイミングやブラッシングの指導はきちんとレクチャーを受け、家庭でも実践してください。

口呼吸が口臭の原因の場合は、トレーニングのためにガムをかんだり、寝方や食事の指導が行われます。お子さんの症状によっても違うので、まずは病院に連れて行き、お医者さまの指示に従ってください。

病気が原因のこともある!

口臭の原因が、病気の場合には、改善のために治療を行う必要があります。

前述した、アレルギー性鼻炎や蓄膿症などの場合は、歯科や口腔外科から耳鼻咽喉科に行くように勧められるはずです。内服薬で治療できる病気もあれば、アデノイドの肥大が原因で手術を勧められることもあります。

このほかにも、ウイルス性の風邪に感染して胃腸の症状を伴うときや、ストレスによる免疫力の低下により、胃腸の機能が低下したことが原因で、口臭が強くなることがあります。

ウイルス性の風邪が原因の場合は、症状が改善されるにつれて、口臭が気にならなくなるはずです。ストレスが原因と考えられる場合は、その解消に取り組む必要があります。

たくさん身体を動かす遊びをする、ストレスの原因を見つけて物理的に距離を置かせるなど、お子さんの状況に合わせて、方法を選択してあげましょう。

子供の口臭予防を意識しよう!

とはいえ、子供の口臭の大半は日常生活のケアを徹底すれば、予防することができます。

まず、歯磨きについては、子供に任せるのではなく、必ずママやパパが仕上げ磨きをするのが基本です。歯磨きの前に、歯垢に色付けするデンタル用品でうがいをさせ、汚れているところを重点的に磨かせるのでもよいでしょう。

そして、乳児のときから口周りの筋肉を鍛えるよう意識することです。

母乳を飲ませることは、口やあごの発達にメリットが大きいです。ミルク育児の場合も、鼻呼吸の習慣がつくまではおしゃぶりを与えるなど、方法を検討してみましょう。

  関連記事

同級生や同年代と上手く遊べない子が増えている!?その原因や対処法とは?

同級生や同年代のお友だちと、どう遊んでいいのか、どう関わればいいのかわからないと …

どんなことができる?子どものお手伝いは何歳から?

子供にとって、お手伝いは成長段階で非常に大切なことです。子供はお手伝いを通して日 …

子どもの落書き!壁の汚れを消す方法

子どものいたずらと言うと何を思い浮かべますか?物を隠したり、つまみ食い、パパを叩 …

子供の寝相が悪いのはなぜ!寝相は改善したほうがいいの?

川の字で寝たはずなのにいつの間にか子供の足が目の前にあったり、はたまた布団の外ま …

子どもがぬりえで黒色ばかり使う…コレってどうして?

子どもにクレヨンや色鉛筆を渡してぬりえで遊んでいるのを見ていると、カラフルな色が …

どうして子供は嘘をつくの?嘘をついた子供との接し方とは?

子育てをしている親にとって子供のつく嘘は悩みごとの一つではないでしょうか。私にも …

小学校受験に向けて幼児教室に通わせたいけど、どこに行かせるべき?幼児教室の選び方とは?

教育環境も多様化しており、少しでも内容が濃く学習能力のアップが期待できる小学校へ …

子供が偏食で困った!原因を知って改善方法について教えて

離乳食を食べさせていたときには何でも食べていたのに、自分で食べるようになると、好 …

子どものお餅は何歳から食べさせるべき?お餅を食べさせる時のコツと注意点とは?

お餅は食感がモチモチとして楽しく、おいしい食べ物として好きな人も多いですが子供に …

子供の偏食の効果的な対策はある?発達障害の可能性もあるって本当?

子供には、何でも食べてほしい。まんべんなく栄養素を取って、健康的に育って行ってほ …