ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

大変!?赤ちゃんを連れての葬儀マナーはどうしたらいい?

   

cfa4127dcfd3cd4ba27e8d9837916847_s

突然の訃報を受けお葬式に参列することに…。「赤ちゃんは連れて行ってもいいの?」「出席する場合、赤ちゃんと一緒に参列はどうしたらいいの?」と色々と気になる赤ちゃんの葬式マナー

今回は赤ちゃんを連れて参列してもよいのか。出席する場合の赤ちゃんの服装は?などお葬式の時にどんなことに気をつけたらいいのかをお話しします。

赤ちゃんや自分自身だけでなく他の参列者のかたにも配慮が必要になります。突然の訃報に対応できるように、しっかりとマナーをおさえて不安なく葬儀に参列しましょう。

お葬式に赤ちゃんは連れて行ってもいいの?

赤ちゃんを連れてお葬式に行ってもいいのか気になるところですよね。基本的には赤ちゃんを親族以外のお葬式には連れて行かないのがよいとされています。なぜ連れて行かない方がよいのでしょうか。

  • 葬儀中に赤ちゃんが耐えられず泣いてしまう
  • ご遺族に気を使わせる
  • 大勢の人がいるので赤ちゃんの体調が心配

上のようなことが理由としてあげられます。長時間の葬儀やいつもと違った空間、お線香の香りで突然泣いてしまうこともあります。葬儀中に泣いてしまうと葬儀が円滑に進まずご遺族に迷惑をかけてしまう可能性があります。また、たくさんの人が葬儀に出席されるので、赤ちゃんの体調面でも心配があります。できれば弔電などを送るなどして欠席をするのがよいでしょう。

どうしても赤ちゃんを連れて出席しなければならない場合、退席しやすい席にすわる。また、焼香だけ済ませ早々に帰る方がよいでしょう。

赤ちゃんと授乳中のママの服装は?

赤ちゃんの喪服はないのですが、できれば白や黒、紺などの地味なものを選び、キャラクターがついた服や明るい色の服などはさけ、派手にならないようにしましょう。

授乳中のママは親族の葬儀の場合、長時間にわたりますので途中に控室などで授乳をすることもあるかと思います。できれば前開きの喪服があるとよいのですが、突然のことなので準備ができないですよね。ない場合は大きめの授乳ケープを準備したり、ミルクで授乳をするなどの配慮も必要かもしれません。また葬儀場に授乳室があることもありますので、確認してみましょう

赤ちゃんグッズは持って行っていいの?

日頃お出かけする際に持っていく以下のような赤ちゃんグッズ、葬儀にも持って行っていいのか気になるところですよね。

  • 抱っこひも
  • ベビーカー
  • マザーズバッグ
  • 赤ちゃんのおもちゃ

参列中や火葬場など、赤ちゃんをずっと抱っこしているのは大変だと思います。抱っこひもは派手な色のものでなければ大丈夫ですが、目立つ色の場合は抱っこひもに黒や紺などの地味なケープやカバーなどをかけて対応することも可能です。

ベビーカーの持ち込みは基本的にはOKです。また椅子席でママが食事をする際に赤ちゃんを寝かせておけますので大変便利です。葬儀場に置き場所を確認し、他の参列者の方に迷惑がかからないように配慮しましょう
またお寺で行う葬儀の場合、砂利道が多かったりもするので、かえって荷物になることもありますので確認して持ち込みましょう

赤ちゃんのオムツやお着替えなど身の回りに必要なグッズをいれるマザーズバッグですが、大きめなカバンで目立つため、黒のカバンに切り替えるなどして準備しましょう。

赤ちゃんをあやすためのおもちゃですが、葬儀中にでも使えるように音がならないものなどを準備するとよいでしょう。

葬儀中に突然泣き出したら退出が鉄則!

日頃と違う場所、お線香の香りなど赤ちゃんもとまどい、突然泣き出すこともあります。赤ちゃんが泣き出したら仕方がないことですが、ぐずり出したらなるべく早く退出するようにしましょう

赤ちゃんは泣くのは当然!というのは厳粛な雰囲気の葬儀では通用しません。そのままあやすのではなく、他の方にも配慮しその場を離れ落ち着くまで離席するようにしましょう。
また、抜け出すことも考え、退出しやすい席に座るようにしましょう。

授乳中の赤ちゃんは参列する前に授乳をすませる。ギリギリの時間まで式場に入らないようにするなど赤ちゃんへの配慮も大切にしてあげましょう。日頃と雰囲気がちがい赤ちゃんもとまどってしまいます。なるべく赤ちゃんの時間も大切にしてあげたいですね。

厳かに故人を見送りましょう

2a0eb16056c5573985c9fc3ba91f3c8e_s

赤ちゃんを連れての葬儀は大変なものです。葬儀中はパパやご両親が一緒の場合、赤ちゃんを交代であやすなどして、乗り切りましょう。

また、どうしても赤ちゃんが泣き続ける、ぐずるような場合は控室や葬儀場の方に他の参列者の方の迷惑にならない場所をお借りして、赤ちゃんと離席しているのもよいでしょう。親族以外の葬儀でしたら、早々に帰らせていただくことも必要かと思います。

葬儀では故人を思い見送ることが大切です。葬儀が円滑にすすむように配慮し葬儀に参列しましょう

  関連記事

ちまきや柏餅をこどもの日に食べるのはなぜ?その理由が知りたい!

こどもの日は、端午の節句の日でもあります。そのため、ちまきや柏餅を食べる家庭が多 …

東京の名所で有名な東京スカイツリー!充実した施設を親子で楽しむポイントとは?

ブルーやパープルで色鮮やかにライテイングされる東京スカイツリー、3つのコンセプト …

実は子供も一緒に楽しめる?新横浜ラーメン博物館の楽しみ方!

横浜といえば赤レンガ倉庫、中華街、ランドマークタワー等、数々の名所が思い浮かぶ人 …

水族館だから雨の日も大丈夫!海遊館を子連れで楽しむポイントは?

関西でも人気の水族館の一つに、「海遊館」があります。 展示されている、たくさんの …

あなたは大丈夫?ひな祭りの飾り付け方法と食事メニューのこと

娘がいるママにとって、ひな祭りは年間行事の中でも、特別な意味を持つのではないでし …

人気スポット「あべのハルカス」で子連れで楽しむ方法とは?

2014年3月、大阪に新たなランドマークが誕生しました。 その名を「あべのハルカ …

授業参観って何を目的に行っているの?保護者のメリットは?

子どもが保育園や幼稚園、小学校に通っている間は、毎年何度か、授業参観に行くことに …

七五三のお祝いって、何を準備したらいいの?その相場は?

近年は少子化の影響もあってか、七五三のお祝いを盛大に行う家庭も増えているようです …

中学校の入学準備!購入方法や費用の相場は?

中学校への入学に対して不安や期待に胸を躍らせているのは、本人であるお子様だけでは …

飛行機へのベビーカー持ち込みはできる?国内線と国際線の違いは?

パパやママの実家への帰省や旅行のために、飛行機を使うことがあります。その際、赤ち …