ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

女の子の初節句の祝い方とマナーが知りたい!

   

娘が生まれて初めて迎える3月3日は、「初節句」になります。ママにとって、ひな祭りはなじみ深いものでしょうが、初節句のしきたりには詳しくないはずです。

初節句はパパやママだけでなく、双方の実家のおじいちゃん、おばあちゃんにとっても大きな出来事なので、マナーに則ったお祝いをするために、しっかり準備する必要があります

そこで今回は、女の子の初節句の祝い方とマナーについて、お話しします。内祝いについても触れるので、ぜひ参考にしてくださいね。

初節句って何?女の子は何をするの?

そもそも「節句」とは、邪気を払うために行われる季節行事のことをいいます。かつての日本にはたくさんの節句がありましたが、現代では年中行事として5つの節句が行われています。

そして「初節句」とは、子どもが生まれて初めて行うもので、娘なら桃の節句、息子なら端午の節句に行います

ただし、2月生まれの女の子や4月生まれの男の子の場合、生後間もなく初節句を祝うのが難しいこともあり、翌年に初節句を行う家庭も少なくありません。

以前は、祖父母や親戚を集めて盛大にお祝いしたものですが、近年は身内だけでお祝いする家庭も増えているといいます。女の子の初節句の場合は、ひな祭りのときに、両親や祖父母がお祝い膳を囲むのが一般的です。

女の子の初節句の祝い方とは?

ひな祭りのお祝い膳ですが、ちらし寿司とハマグリのお吸い物を用意するのが大原則です。そして、乾杯用に白酒甘酒桃花酒のいずれかを用意します。

さらに、桃の花や桜餅、ひなあられなどを並べると、場が華やかになります。お招きした双方の祖父母や仲人の方と一緒に食事を楽しみ、記念撮影を行います。

最近は、写真スタジオなどで初節句の写真を撮る家庭も増えているようなので、前撮りしてお客さまにプレゼントするのもよいかもしれません。また、居住する地域によって、初節句のしきたりにも違いがあるようです。

初節句には、子どもを連れて神社にお参りし、祝詞をあげてもらうのが慣例の地域もあるので、双方の祖父母に相談しながら、お祝いの方法を考えましょう。

女の子の初節句のマナーとは?

女の子の初節句を迎えるときには、ひな人形を飾るのが基本です。かつての日本では、ひな人形は母方の祖父母が贈るのが慣例でしたが、近年はこだわりがないようで、パパとママの実家が折半する家庭も多いようです。

そして、本来は娘が何人になろうと、それぞれにひな人形を用意するものとされていますが、住宅事情により、2人目以降は市松人形を贈ることもあるようです。そして、ひな人形は節分の翌日である立春から2月中旬までに飾るのが慣例で、中でも大安吉日に飾るのが縁起がよいとされています。

初節句が終わったら、できるだけ早くしまいましょう。身内に初節句の女の子がいる場合は、お祝いを贈ることもあります。金額の相場は、親戚が10,000~20,000円、友人・知人の場合は5,000~10,000円となっています。

内祝いの手配も忘れずに!

慣例では、初節句でいただいたお祝いには、お返しは必要ないといわれています。祖父母や親戚からお祝いが届いたら、お返しをするのではなく、初節句のお祝いの席に招待するのが基本です。とはいえ、遠方からお祝いが届き、お祝いの席への出席が難しいときには、お返しをする方がよいでしょう。

友人や知人に初節句のお祝いをいただいた場合も含めて、お返しをする相場はいただいた金額の2分の1から3分の1相当の品物をお返しするのがマナーです。

3月中には、相手の手元に届くように配慮しましょう。その際、蝶結びの水引ののしをつけ、赤ちゃんの名前を書くのを忘れないでくださいね。

  関連記事

九州でも人気レジャースポットのハウステンボスで、親子で楽しむ方法とは?

九州地方のレジャースポットの名前をあげるとき、「ハウステンボス」が頭に浮かぶひと …

実は子供も一緒に楽しめる?新横浜ラーメン博物館の楽しみ方!

横浜といえば赤レンガ倉庫、中華街、ランドマークタワー等、数々の名所が思い浮かぶ人 …

小学校の入学準備!進め方と注意点について

小学校への入学は、お子様にもパパ・ママにも一大イベント!万全な入学準備を整えて、 …

自分が祝われる立場になったからこそ知っておきたい、母の日のこと

出産したばかりのころは、「母の日」がきても、自分に関連づけて考えるママは少ないか …

中学校の入学準備!購入方法や費用の相場は?

中学校への入学に対して不安や期待に胸を躍らせているのは、本人であるお子様だけでは …

季節ごとに楽しみがいっぱい!ラグーナテンボスを子連れで楽しむ方法とは?

愛知県在住の方にとっては、「ラグーナテンボス」はなじみ深いレジャースポットかもし …

赤ちゃんを花火大会に連れて行けるのはいつから?注意点はある?

夏の風物詩の一つに、「花火大会」があります。夜空に打ち上げられる花火の美しさは格 …

花火大会のときの子どもの服装はどうしたらいい?不要な浴衣のリメイク方法は?

夏休みには、花火大会や町内会の盆踊りなど、子どもが夜に外出する機会が増えます。そ …

卒園やお引越しのとき、お別れのプレゼントってどうしたらいいの?

春は待ち遠しい季節ですが、卒園や引っ越しなど、別れのシーズンでもあります。そんな …

夏休み期間に雨が降っているとお外で遊べない!元気いっぱいな子供が室内でも楽しめる方法とは?

子供が大好きな夏休みは、レジャーにもってこいの季節です。 海にプールにキャンプ、 …