ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

保育園の入園審査に落ちた今、やるべきこととは?

   

 

毎年2月になると、各地方自治体の認可保育園の合否発表があります。

パパやママの実家が遠く、育児のサポートが受けられない場合、保育園に入園できなければ、働けないというママが多いにも関わらず、待機児童問題は一向に解決する様子はありません。

では、保育園の入園審査に落ちてしまったら、何をしたらよいのでしょうか。そこで今回は、保育園の入園審査に落ちたときにすぐやるべきことについて、お話しします。結果が出る前から最悪の事態を想定し、準備しておきましょう。

認可保育園の2次募集や認可外保育園をあたる

希望していた認可保育園の入園審査に落ちた場合、まずすべきことは、ほかの認可保育園の二次募集がないかを確認することです。

認可保育園の中には、1次募集で定員が埋まらない、あるいは内定辞退がでるところがあり、2次募集を行うことがあるからです。居住する地域の市区町村の窓口に問い合わせ、2次募集をしている保育園への応募を試みましょう。

とはいえ、2次募集であってもスムーズに入園できるとは限りません。そこで、認可外保育園への問い合わせも並行して行うことをおすすめします。

職場復帰を最優先に考えているママが、認可外保育園にも応募していて、認可保育園に合格したことを理由に、入園自体をすることが多く、空きが出る可能性が高いからです。

とはいえ、すでにキャンセル待ちになっていることもあるので、事前にリサーチしておきましょう。

保育ママや保育室にあたってみる

子どもの預け先は、大型の認可保育園や認可外保育園だけではありません。小規模保育事業に分類される、「保育ママ」「保育室」もあります。保育ママとは、市区長村の認定を受けた人が、生後2カ月から3歳未満の子どもを預かる施設です。

1人の保育ママにつき、3人までの子どもを預かれます。保育士や教員、助産師、保健師、看護師などの有資格者で、既定の研修を受けていることが条件となります。

一方の保育室は、対象が0~2歳児で、定員が6~19名といった小型の民間保育施設のことをいいます。

保育室を開設する建物の、子ども1人の床面積によって、保育士の有資格者の割合が変わります。こうした施設に、子どもを預けるのも選択肢の一つです。

職場の育休延長の手続きを検討する

とはいえ、あらゆる手をつくしても、4月に我が子を預けるのが難しいこともあります。その場合は、職場に育児休業の延長を申し出て、手続きをしなければなりません

子どもが1歳になる月に保育園に入園できないことが証明されれば、最大1年半まで育児休業を延長することができます。そうすれば、秋まで預け先を探す期間が増えることになります。

ママの中には、職場復帰を諦めて、退職する人もいます。仕事のキャリアを考えると、退職を選ぶのはもったいないですが、子どもが可愛い盛りに側にいられることでしか、得られない喜びや幸せもあります。

ワークライフバランスを見直す、よい機会にもなりうるのです。とはいえ、経済的な問題もありますので、パパとはよく話し合いましょう。

落ちた場合に備えて、情報収集をしておこう

残念ながら認可保育園の入園審査に落ちてしまったときには、市区町村の担当窓口に問い合わせ、その理由を確認しておくことをおすすめします。それは、入園にあたってのポイントが満点であっても、入園できない地域があるからです。

その理由は、兄弟加点がある家庭を優先することで、枠がなくなるなどです。そうした理由を理解し、入園倍率の情報を入手できれば、その後の申し込みの参考にできます。

自宅に近い保育園だけでなく、通園可能なところはすべてピックアップして、預け先を確保するように心がけましょう。

  関連記事

新しくなったアクアパーク品川がすごい!その魅力を徹底解剖しちゃおう!

アクアパーク品川は、よく都市型水族館といわれます。それは、一般的に水族館と聞いて …

ラゾーナ川崎を親子で徹底的に楽しむコツ&ポイント!

独身の頃は何も考えずに出来ていたショッピングですが、子供が一緒となると大変なこと …

夏と冬では楽しみ方が変わる!旭山動物園で親子で楽しむ方法

動物が本来持っている生態や行動を引き出す、動物園の「行動展示」は、いまや珍しいこ …

幼稚園デビューは何歳から始める?3年保育と2年保育の比較とは?

子どもが2歳から3歳になってくると迷いはじめるのが、子どもの幼稚園デビューをいつ …

大人も子どもも楽しめる!東京ドームシティ ASOBono!の魅力とは?

子連れでレジャーに出かける予定を立てていて、雨に降られて中止にした経験のあるパパ …

子どもでもつくれる、父の日におすすめのプレゼントは?

父の日が近づくと、今年のプレゼントを何にするか、親子で相談する家庭も多いのではな …

宇宙好きなお子さんにおすすめ!スペースワールドを存分に楽しむ方法とは?

九州地方で子育てをしているご家庭なら、「スペースワールド」という名称は一度くらい …

大人も十分楽しめる、ハウステンボスで子どもと楽しむコツとは?

九州にあるテーマパークで人気の場所の一つに、「ハウステンボス」があります。家族で …

入学祝いを贈るマナーとは?贈る時期と金額相場、お返しのマナーのこと

親族の子どもが小学校に入学する際、「入学祝い」を贈るという習慣がありますが、贈る …

京急油壺マリンパークで子供と一緒に海の生きものと触れ合おう!親子で楽しむポイントとは?

都心から少し離れたところにある京急油壺マリンパークは三浦半島の観光のついでに立ち …