ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ちまきや柏餅をこどもの日に食べるのはなぜ?その理由が知りたい!

   

こどもの日は、端午の節句の日でもあります。そのため、ちまきや柏餅を食べる家庭が多いことでしょう。このちまきや柏餅を食べる習慣には、日本古来から続く我が子への思いがあります。

そこで今回は、こどもの日にちまきや柏餅を食べる由来について、お話しします。そして、端午の節句にも、縁起がよいとされる食事メニューを用意するものなので、それについても触れます。男の子がいる家庭は特に、ぜひ一度試してみてくださいね。

主に関西で食べられるちまきの由来

そもそも5月5日は、男の子の健やかな成長を願う「端午の節句」でした。それが、1948年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という、こどもの日として、祝日に制定されたのです。

そもそも端午の節句に食べられていたちまきや柏餅が、こどもの日に制定されても続き、現在に至ります。そして、ちまきは主に関西で食べられているものです。これは、端午の節句が奈良時代に古代中国から伝わった際に、ちまきも一緒に伝えられたからとされています。

このとき、茅の葉でもち米を包んで蒸し焼きにしていたため、「ちまき」と呼ばれるようになったのです。繁殖力の強い茅が邪気を払うと考えられ、端午の節句に用いられたのでしょう。ですが、茅がとれない地方もあるため、もち米を包むものが笹や真菰などに包まれるようになり、いまに至っています。

主に関東で食べられる柏餅の由来

柏餅は、主に関東以北で食べられています。これは、江戸時代からの風習のようです。奈良時代に伝えられた端午の節句は、鎌倉時代に武家で盛んに行われるようになりました。

当時は武家が家紋の入ったのぼりを立て、戦の際に身体を守ってくれる鎧兜を飾ってお祝いしていたのですが、江戸時代に庶民に広がるようになると、鎧兜が布や紙に描かれて飾られたり、立身出世の象徴である鯉をのぼりにするようになったのです。その際に、新芽が出るまで葉が落ちない柏が、子孫繁栄の神事に用いられていたことから、餅を巻いて食べるようになったのです。

関西地方に定着しなかった理由には、柏が育ちにくい土地柄だったこと、伝統を重んじる上方文化が栄えていたことにあるようです。

こどもの日におすすめの食事とは?

端午の節句にも、縁起をかつぐための食事メニューがいくつかあります。それは、5月に旬を迎える鰹やブリです。鰹は「勝男」に、ブリは出世魚であることから、縁起が良い魚であると、端午の節句で食べられてきました。

べこ餅も、端午の節句に食べるものの一つです。木の葉や俵型をしている、茶や白、マーブルカラーの和菓子で、北海道から東北地方にかけて、柏餅の代用品として食べられています。また、山形県や島根県では、笹巻を食べるようです。山形県の庄内地方では白や飴色の餅を、島根県では笹の葉の芯に白い餅を巻き付けて食べるそうです。

このほかにも、長野県から岐阜県にまたがる木曽地方では朴葉巻が、鹿児島県と宮崎県、熊本県南部ではあくまきを食べる習慣があります。こどもの日に、こうした食事を用意してみるのも、楽しそうです。

端午の節句を食事でもお祝いしよう!

こどもの日は、男の子も女の子も関係なくお祝いする日です。ですが、ひな祭りを祝うように、息子さんがいる家庭は端午の節句をきちんとお祝いしてあげると、よい思い出になると思います。

こいのぼりや五月人形、菖蒲湯の由来を離したり、一緒に童謡をうたったり、端午の節句にちなんだ食事をすると、家族で会話も弾むはずです。季節感を味わいながら、日本古来の行事を家庭の中に取り入れて、一生の思い出に残るこどもの日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  関連記事

親子でザリガニ釣りを楽しむ方法が知りたい!注意すべきことは?

休日に親子でお出かけしようと思うとき、買い物やテーマパークに出かけるより、自然の …

夏休み期間に雨が降っているとお外で遊べない!元気いっぱいな子供が室内でも楽しめる方法とは?

子供が大好きな夏休みは、レジャーにもってこいの季節です。 海にプールにキャンプ、 …

1日で水族館も遊園地も楽しめる!八景島シーパラダイスの魅力について

横浜に家族そろってレジャーに出かけようと考えているなら、ぜひ行くのを検討してほし …

新しくなったアクアパーク品川がすごい!その魅力を徹底解剖しちゃおう!

アクアパーク品川は、よく都市型水族館といわれます。それは、一般的に水族館と聞いて …

お祝いする前に知っておこう!七五三の基礎知識

普段は日本の伝統行事にあまり関心がないご夫婦でも、子どもが主役のイベントは、親戚 …

七五三のお祝いって、何を準備したらいいの?その相場は?

近年は少子化の影響もあってか、七五三のお祝いを盛大に行う家庭も増えているようです …

大人も子どもも大好き!ディズニーシーで親子で楽しむ方法とは?

赤ちゃんが産まれたときからディズニーのキャラクターが側にある家庭は、予想以上に多 …

赤ちゃんのハイハイレースとは?どうしたら参加できるの?

みなさんは、「ハイハイレース」という言葉を知っていますか?近年、ベビーグッズを扱 …

こいのぼりの歌にはどんな意味があるの?その歴史とは?

子どもが幼稚園や保育園に通うようになると、家に帰ってから「こいのぼり」の動揺を歌 …

自分が祝われる立場になったからこそ知っておきたい、母の日のこと

出産したばかりのころは、「母の日」がきても、自分に関連づけて考えるママは少ないか …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss