ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

端午の節句の由来は何?どうして兜やこいのぼりを飾るの?

   

男の子の節句といえば、「端午の節句」です。これは、ゴールデンウイーク中にある「こどもの日」という休日に行われます。

女の子の節句はおひなまつりのままなのに、男の子の節句がこどもの日といわれることに、疑問をもつ人もいそうですよね。

そこで今回は、端午の節句の由来や、兜やこいのぼりを飾る理由、なぜこどもの日と呼ばれるようになったのかなどについて、お話しします。マメ知識として覚えておき、仲間内で披露すると、一目置かれるかもしれませんよ。

端午の節句の由来とは?

まず、端午の節句の由来について、お話ししましょう。そもそも古来中国では、端午は5日のことをいい、それは5月に限ったものではありません。

ですが、新暦では6~7月にあたる旧暦の5月は、季節の変わり目で体調を崩す人が多く「毒月」と呼ばれていたことから、5月5日が端午の節句として定着し、日本に伝わったのです。

さらに、日本で厄除けに使用している菖蒲は、武装や武勇を重んじるという意味の「尚武」と読みが同じだったことから、鎌倉時代に5月5日を尚武の節句として、盛大にお祝いするようになったといいます。

当初は武家社会のお祝いだったものが、江戸時代には男の子の成長を祝う行事として、庶民の間にも広がり、端午の節句としえ定着したのです。

なぜ兜やこいのぼりを飾るの?

端午の節句には、室内にはうち飾りの鎧兜や武者人形を、屋外には外飾りとしてこいのぼりを飾るものです。五月人形である鎧兜を飾るのは、鎌倉時代からの名残です。

というのも、武士にとって鎧兜は身を守るうえで重要な道具であり、男の子の安全と成長を祈願するときに、座敷にそれらを飾ってお祝いするのが習わしだったからです。

それが江戸時代になって庶民に広がると、鎧兜や武者人形を紙や布に描いた「武者絵」を飾るようになり、それが人形になって飾られるようになったのです。

一方のこいのぼりは、江戸時代に町人文化として生まれました。端午の節句では、宮中にのぼりを飾るのが一般的だったので、それを真似、さらに鯉の絵を描いたことが始まりとされています。

鯉が描かれたのは、生命力が強く、出世すると竜になるという中国に伝説になぞらえ、子どもがどんな環境の中でも立派な人になるよう、願いを込めたからなのだそうです。

こどもの日と端午の節句は違うの?

では、端午の節句だった5月5日が、なぜ「こどもの日」と呼ばれるようになったのでしょうか。実はこどもの日は、1948年に国民の祝日として制定されています。

その趣旨は、こどもの人格を重んじ、その幸福をはかるとともに、母に感謝することでした。その日程を決める際、端午の節句にあたる5月5日と制定されたのです。

とはいえ、こどもの日は男の子だけでなく、女の子も楽しむべき祝日です。そのため、端午の節句と同時にお祝いするのが、現代の腫瘤となっています。

男の子がいる家庭であれば、端午の節句にちなんだ飾り付けをして、柏もちを食べたり、腰部湯に入るなど、伝統的な過ごし方をしているところが多いかもしれません。ですが、女の子しかいない家庭でも、こどもの日として、家族みんなで楽しむことをおすすめします。

我が子の成長を願いながら楽しく過ごそう!

特に男の子の初節句の場合、五月人形やこいのぼりを誰が用意するのか、頭を悩ませる家庭もありそうです。かつては、母方の祖父母が贈るものでしたが、現代では双方の実家で折半したり、鎧兜とこいのぼりを分担して用意してもらうなど、いろいろなケースがあるようです。

初節句のときには、祝日で家族が集まりやすいので、双方の実家の両親を呼んでお祝いの席を設けるのもよいでしょう。

そして、男の子がいなくても、こどもの日は家族そろって楽しく過ごすよい機会です。我が子の健やかな成長を願いながら、家族で思い出になる時間を過ごしてくださいね。

  関連記事

大人も子どもも楽しめる!東京ドームシティ ASOBono!の魅力とは?

子連れでレジャーに出かける予定を立てていて、雨に降られて中止にした経験のあるパパ …

三鷹の森ジブリ美術館とは?小さな子供も楽しめる?親子で楽しむポイントとは?

ジブリファンはもちろんのこと、ジブリ作品を見たことがある人なら名前は聞いたことが …

東山動物園は子連れにやさしいって本当?子連れで楽しむ方法とは?

名古屋在住の方にとって、「東山動物園」は思い出深い場所の一つではないでしょうか。 …

人気スポット「あべのハルカス」で子連れで楽しむ方法とは?

2014年3月、大阪に新たなランドマークが誕生しました。 その名を「あべのハルカ …

親子でザリガニ釣りを楽しむ方法が知りたい!注意すべきことは?

休日に親子でお出かけしようと思うとき、買い物やテーマパークに出かけるより、自然の …

昼と夜では見どころが違う!?子連れで富士サファリパークを楽しむ方法

静岡県で人気のレジャースポットといえば、「富士サファリパーク」が必ずランクインす …

夏休み期間に雨が降っているとお外で遊べない!元気いっぱいな子供が室内でも楽しめる方法とは?

子供が大好きな夏休みは、レジャーにもってこいの季節です。 海にプールにキャンプ、 …

七五三のために着物をレンタルしたい!準備する方法は?

七五三のお祝いの際に、子どもに着物を着せたいと思うご両親はたくさんいると思います …

親子で一日中遊び回れる!サンシャインシティの魅力とは?楽しむためのポイント紹介!

サンシャインシティを良く知っている人ならば当たり前のことですが、その名前からは想 …

赤ちゃん連れてディズニーランド!乳幼児施設や楽しめる方法は?

東京ディズニーランドは、小さな子供からお年寄りまで大人気の施設ですよね。しかし、 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss