ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

こどもの日の飾り付けってどうしたらいいの?

   

ママにとって、女の子の節句であるひな祭りはなじみ深いものですが、男兄弟がいなければ、端午の節句を祝った経験がない人も多いことでしょう。

また、端午の節句は知っていても、自分には娘しかいない家庭で、こどもの日の飾りつけはした方がよいのか、悩むママもいそうです。

そこで今回は、端午の節句を中心に、こどもの日の飾りつけをどうしたらよいのかについて、お話しします。こどもの日は、戦後に設けられた祝日なので、まずは男の子の節句についてから、理解を深めてくださいね。

端午の節句の由来を知っておこう!

古代中国では、旧暦の5月は季節の変わり目で、病院や死者が出ることが多く、忌月とされており、厄払いを行う風習がありました。そして、端午とは月に関わらず午の日である5日のことをいい、忌月と音が同じことから5月5日を端午の節句としたのです。それが日本にもわたって定着し、現在に至っています。

鎌倉時代に、厄除けに使う菖蒲と、武道や武勇を重んじる尚武というのが同じ読み方であることから、武家で端午の節句に用いられるようになり、その際に男の子の身を守る鎧兜を飾り、のぼりをたてて祈祷したのが始まりです。

それが、江戸時代になると、町人の間で簡略化して行われるようになっていきました。それが現代でも、男の子が無病息災に育つようにと願う、端午の節句として受け継がれているのです。

兜やこいのぼりを飾る理由は?飾るタイミングは?

端午の節句に鎧兜を飾るのは、鎌倉時代に始まったことは前述しました。それが江戸時代に町民の間で広がる際、武士のように鎧兜を用意することができないので、それを布や紙に描いて飾るようになったのです。それが、レプリカとしてつくられるようになった結果、五月人形が生まれます。

同様に、町民は自宅にのぼりをたてることができませんので、その代わりに、中国で成長すれば龍になるといわれていた鯉をモチーフに、こいのぼりをつくったとされています。では、内飾りである五月人形や鎧兜、外飾りであるこいのぼりは、どのタイミングで飾ればよいのでしょうか。

まず、端午の節句であることから、前日や当日に飾るという、一夜飾りにしてはいけません。春のお彼岸が過ぎれば飾って構いませんが、4月上旬にする家庭が多いようです。片付けは、梅雨入り前の5月中旬をめどにするとよいでしょう。

こいのぼりの色にも意味がある!

男の子がいない家庭でも、スーパーなどでお菓子入りの小さなこいのぼりを購入し、こどもの日に飾ることがありますよね。日本の節句を教える意味でも、こいのぼりをベランダなどに飾って、こどもの日を盛り上げるのはよいと思います。

では、みなさんはこいのぼりの色にも、意味があることを知っていますか?外に飾るこいのぼりは、上から「青」「赤」「黄」「白」「黒」となっています。これは、古代中国から伝わった「陰陽五行説」が由来になっています。

そこでは、青が木、赤が火、黄が土、白が金、黒が水をあらわしています。古代中国では、この世のすべてのものが陰陽の二つの気と、この五色で成り立っていると考えられていたことが、そもそもの色の由来です。

ですが現代では、真鯉が父、緋鯉が母、青い鯉が子どもという、三色のものも増えています。

端午の節句にちなんだ食事メニューも用意してあげよう

こどもの日の飾りつけを端午の節句になぞらえないまでも、せっかくですから、食事メニューには伝統食を取り入れてあげてはいかがでしょうか。端午の節句の食べものといえば、「柏餅」「ちまき」です。

柏の葉は新芽が出るまで葉が落ちないことから「子孫繁栄」を、ちまきは中国で邪気を払うとされていた茅の葉にもち米を包んで蒸すことから「厄除け」の意味があります。

また、出世魚であるブリや、勝男という意味で鰹、まっすぐに伸びるようにタケノコを、メニューに取り入れるのもおすすめです。

  関連記事

七五三のために着物をレンタルしたい!準備する方法は?

七五三のお祝いの際に、子どもに着物を着せたいと思うご両親はたくさんいると思います …

キッザニアをもっと楽しむための裏技攻略方法!気になる料金設定などは?

子どもとのお出かけ、色々と悩みますよね。レジャー施設などもたくさんありますが、今 …

飛鳥山公園が子連れのお出かけスポットにおすすめって本当?見どころは?

東京都北区にある飛鳥山公園には、子ども連れの家族が数多く見られます。花見の名所と …

幼稚園や保育園の謝恩会って何するの?内容や飾り付けは?

子どもが幼稚園や保育園を卒園する際、保護者が企画して謝恩会を行うことが多いです。 …

子どもを公園デビューさせる時期の目安は?その際の注意点は?

乳児が大きくなると、外気浴を兼ねて、外出する機会が増えるものです。そして、自分で …

初めての赤ちゃんでも安心!生まれてから1歳までのお祝い行事一覧

赤ちゃんが生まれてからの日常は毎日がなにかの記念日です。初めて笑った日、初めて寝 …

中学校の入学準備!購入方法や費用の相場は?

中学校への入学に対して不安や期待に胸を躍らせているのは、本人であるお子様だけでは …

ひな人形の選び方と金額の相場が知りたい!

女の子が生まれると、初節句を前にひな人形の購入について、思いを巡らせる家庭が多い …

入園式・入学式に向けて!人生の一大イベントを思い出として残すために知っておきたい写真撮影のコツとは?

春と言えば何を思い浮かべますか?桜など春の花を浮かべる方もいらっしゃるかと思いま …

あなたは大丈夫?ひな祭りの飾り付け方法と食事メニューのこと

娘がいるママにとって、ひな祭りは年間行事の中でも、特別な意味を持つのではないでし …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss