ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

こいのぼりの歌にはどんな意味があるの?その歴史とは?

   

子どもが幼稚園や保育園に通うようになると、家に帰ってから「こいのぼり」の動揺を歌ってくれることがあるのではないでしょうか。

実は、童謡「こいのぼり」は2種類あります。パパやママも子どものころ、歌ったであろう「こいのぼり」の歌詞に、どんな意味が込められているのか、知っていますか?

そこで今回は、童謡「こいのぼり」の歌の意味や、その歴史について、お話しします。意味を理解したうえで、子どもの歌を聞くと、これまでとは違う感想を持つかもしれませんね。

童謡「こいのぼり」の歌の内容とは?

子どもたちが家で歌ってくれる「こいのぼり」は、〝屋根より高い″で始まるものが多いのではないでしょうか。

これは、1931年に刊行された「エホンショウカ ハルノマキ」の中で、初めて紹介された童謡です。作曲者は不明ですが、作詞は「チューリップ」と同じ近藤宮子さんです。

この歌詞では、男の子が健やかに育つようにという願いがこもったこいのぼりが、大きな空で楽しそうに泳いでいる様子が表現されています。この童謡が発表された当時は、父親が家長として一家をまとめるという考えが強かったことから、黒の真鯉を父、小さな緋鯉を息子として、歌詞に盛り込んでいるのです。

現在では、「こいのぼり」には2番と3番があり、そこには母親も登場しますが、これは1982年の小学校の音楽の教科書から登場し、作詞者は不明です。

大正時代につくられた「こいぼのり」の歌

そしてもう一つ、〝甍の波と雲の波、重なる波の中空を″で始まる、「こいのぼり」があります。

これは1913年、「尋常小学校唱歌五学年用」に、初めて掲載されました。この「こいぼのり」の作曲者は弘田龍太郎さんで、作詞者は不明です。

この歌詞は、「登竜門」という中国の伝説が元になっているといわれています。

そこには、息子がこいのぼりのように、雄大に成長するようにという願いが込められています。大正時代は、立身出世が可能だったことも、この童謡が広く歌われるようになった理由の一つかもしれません。

昭和に入って、現在主流になっている「こいのぼり」が歌われるようになり、大正時代の唱歌が歌われる機会が減りました。この背景には、日本の住宅の建材やデザインが様変わりしたことも、影響しているかもしれませんね。

こいのぼりの色にも注目しよう!

こいのぼりは、端午の節句に飾られる外飾りです。吹き流しとともに、五匹の鯉が泳ぐのが、一般的なこいのぼりです。実はこいのぼりの色や吹き流しには、すべて意味があることを知っていますか?

吹き流しとは、こいのぼりの一番上にある、五色の筒状のもののことです。これは、戦国時代に魔除けとして使われていたものです。こいのぼりで使われている五色は、古代中国の五行説が揺らいで、陰陽とそれぞれに対応する方角によって、魔除けができるとされています。

青が木、赤が火、黄は土、白は金、黒は水をあらわしています。そうした色に込められた、男の子の健やかな成長を願う親心を感じながら、子どもの歌う「こいのぼり」を聞くと、これまでとは違う感じ方をするかもしれませんね。

息子の成長を願い、家族で歌ってみよう!

端午の節句にこいのぼりを飾るのは、息子が健やかに、立派に成長してほしいという思いをあらわすためです。こどもの日なので、近年は女の子も一緒にお祝いという風潮がありますが、男の子がいる家庭は、端午の節句としてお祝いしてみましょう。

そして、一緒に「こいのぼり」を歌って、家族で楽しんでみてください。そのとき、大正唱歌の「こいのぼり」を教えてあげるのも、楽しそうです。こどもの日は祝日なので、家族そろって思い出深い一日にしてくださいね。

  関連記事

家族でのレジャーを考えている人必見!としまえんで親子で楽しむコツはある?

東京で育ったパパとママにとって、「としまえん」はなじみ深い場所といえるかもしれま …

1日で水族館も遊園地も楽しめる!八景島シーパラダイスの魅力について

横浜に家族そろってレジャーに出かけようと考えているなら、ぜひ行くのを検討してほし …

小学校の入学準備!進め方と注意点について

小学校への入学は、お子様にもパパ・ママにも一大イベント!万全な入学準備を整えて、 …

子供だけでなく大人も一緒に楽しめる!東京ドイツ村の見どころスポットを紹介!

関東地方でのお出かけスポット、「東京ドイツ村」をご存知でしょうか。大人が楽しめる …

親子で一日中遊び回れる!サンシャインシティの魅力とは?楽しむためのポイント紹介!

サンシャインシティを良く知っている人ならば当たり前のことですが、その名前からは想 …

実は子供も一緒に楽しめる?新横浜ラーメン博物館の楽しみ方!

横浜といえば赤レンガ倉庫、中華街、ランドマークタワー等、数々の名所が思い浮かぶ人 …

赤ちゃん連れでも楽しめる!ズーラシアの魅力とは?

2015年4月、「よこはま動物園ズーラシア」は、すべてのエリアをグランドオープン …

小学校入学前に抱えがちな親の心配事には何がある?その対処方法は?

我が子が小学校に入学するのは、親として喜ばしいことです。ですが、幼稚園や保育園の …

ひな人形の選び方と金額の相場が知りたい!

女の子が生まれると、初節句を前にひな人形の購入について、思いを巡らせる家庭が多い …

赤ちゃんとのドライブはいつからできる?ドライブする際の注意点は?

赤ちゃんが外出に慣れてくると、運転好きのママやパパは、育児の気分転換にドライブに …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss