ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

こどもの日に菖蒲湯に入るのはなぜ?赤ちゃんも入れていいの?

   

5月5日はこどもの日と覚えている人が多いですが、そもそもは端午の節句という、男の子の健やかな成長を願う行事の日でもあります。そのため、鎧兜やこいのぼりを飾り、柏餅やちまきを食べる家庭も多いことでしょう。

そして、端午の節句だからと、菖蒲湯に入る家庭もあるはずです。では、なぜこどもの日に菖蒲湯に入るのでしょうか?

今回は、端午の節句に菖蒲湯に入る由来や、菖蒲湯の用意の仕方、赤ちゃんでも入れて大丈夫なのかについて、お話しします。

菖蒲湯って何?その由来は?

菖蒲湯はそもそも、古代中国から伝わった風習です。端午とは5日のことをいい、中国の旧暦の5月は現在の6~7月にあたり、季節の変わり目であることから、体調を崩す人が多い季節でした。

そこで、5月5日に無病息災や厄除けを行う行事として、端午の節句が生まれたのです。そして古代中国では、端午の節句に菖蒲やよもぎを軒下に吊るしたり、お酒にして飲んだり、枕の下に敷いて眠るという風習がありました。こうした邪気を払うための風習を「浴欄節」といい、奈良時代に日本に伝わったとされています。

さらに、中国の浴欄節では、フジバカマという蘭草を入れたお風呂に入ることで、邪気を払っていました。ですが、日本にはフジバカマが少なかったこと、鎌倉時代になって家が台頭すると、菖蒲と武道や武勇を重んじる「尚武」、戦に挑む「勝負」という音が同じであることから、手に入りやすい菖蒲をお湯に入れて、入浴するようになったといわれています。

菖蒲湯の用意の仕方は?

では、息子を菖蒲湯に入れたいときには、どんなふうに用意したらよいのでしょうか。菖蒲は、端午の節句が近づくと、スーパーや花屋さんで購入できます。そのまま菖蒲の束を湯船に入れるのもよいですが、香りを楽しみたいなら、ひと手間かけることをおすすめします。

お湯を沸かすタイプの浴槽の場合は、水のうちから菖蒲を入れ、高めの温度で沸かして香りを出してから水で埋めて、好みの温度にします。給湯タイプの浴槽の場合は、空のうちから菖蒲を湯船に入れて、42~43度のお湯を入れ、香りを高めてから冷まして入るのがおすすめです。もし、根がついた菖蒲が手に入ったら、そのまま湯船に入れましょう。

漢方薬局で「菖蒲根」を購入するのもよいでしょう。その場合は、菖蒲根を細かく刻み、軽く一握りできる量を袋に入れて煮だし、その汁を湯船に入れればOKです。

赤ちゃんやアトピーの子どもで菖蒲湯に入れる?

端午の節句に菖蒲湯に入ってみたいと思うものの、初節句の赤ちゃんや、アトピーの子どもを入れることに、不安を感じるママやパパもいそうです。

菖蒲の成分を考えると、乳児やアトピーの子どもを入れても、問題はありません。ただし、菖蒲は血行促進の効果が高いので、乳幼児を入れるときは長湯させないのが基本です。

また、初節句の赤ちゃんの月齢が2~3カ月の場合は、菖蒲の刺激が強いかもしれないので、入浴直前に束を浮かべる程度にした方がよいかもしれません。また、赤ちゃんがおむつかぶれをしているときには、菖蒲湯に入れない方がよいでしょう。

そして、乳幼児を菖蒲湯に入れる際には、束から出ている葉で身体を傷つけないように、直接触らせないのがポイントです。

いろいろな効果もあるので、試してみよう!

菖蒲の精油の効果は、血行促進だけではありません。腰痛や神経痛、冷え性、筋肉痛、リュウマチ、肩こりの改善にも効果があるといわれています。また、保湿効果も高いそうです

何より、菖蒲の香りにはアロマテラピー効果も期待できます。そのため、こどもの日に家族で菖蒲湯を楽しむことを、習慣にするのもよさそうです。男の子はもちろん、女の子の無病息災も願いながら菖蒲湯に入るという、日本古来の風習を体験してみては、いかがでしょうか。

  関連記事

宇宙好きなお子さんにおすすめ!スペースワールドを存分に楽しむ方法とは?

九州地方で子育てをしているご家庭なら、「スペースワールド」という名称は一度くらい …

東京の名所で有名な東京スカイツリー!充実した施設を親子で楽しむポイントとは?

ブルーやパープルで色鮮やかにライテイングされる東京スカイツリー、3つのコンセプト …

入園式・入学式に向けて!人生の一大イベントを思い出として残すために知っておきたい写真撮影のコツとは?

春と言えば何を思い浮かべますか?桜など春の花を浮かべる方もいらっしゃるかと思いま …

家族でのレジャーを考えている人必見!としまえんで親子で楽しむコツはある?

東京で育ったパパとママにとって、「としまえん」はなじみ深い場所といえるかもしれま …

子どもを公園デビューさせる時期の目安は?その際の注意点は?

乳児が大きくなると、外気浴を兼ねて、外出する機会が増えるものです。そして、自分で …

親子で一日中遊び回れる!サンシャインシティの魅力とは?楽しむためのポイント紹介!

サンシャインシティを良く知っている人ならば当たり前のことですが、その名前からは想 …

日本で唯一の「きかんしゃトーマス」の屋外型テーマパーク。その楽しみ方とは?

幼い男の子の中には、きかんしゃトーマス好きな子がたくさんいることでしょう。そんな …

子供だけでなく大人も一緒に楽しめる!東京ドイツ村の見どころスポットを紹介!

関東地方でのお出かけスポット、「東京ドイツ村」をご存知でしょうか。大人が楽しめる …

女の子の初節句の祝い方とマナーが知りたい!

娘が生まれて初めて迎える3月3日は、「初節句」になります。ママにとって、ひな祭り …

春の親子遠足・運動会にふさわしい、ママの服装ってどんなもの?

子どもが保育園や幼稚園に通うようになると、親子遠足や運動会など、ママが参加しなけ …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss