ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

こどもの日は家族みんなで手作りの兜やこいのぼりを作って楽しもう!

   

「こどもの日」といえば、GWの5/5にあるイベントですよね!なんとなく、イメージはひな祭りは女の子のイベントで、子どもの日は男の子のイベント…というイメージはありませんか?

こいのぼりを飾って、兜をだして、皆でお祝いする。男の子がいるお家では、盛り上がるイベントの一つだと思います。

そして、子どものイベントといえば、手作りの飾りなど…。親子で作って楽しめるのも一つの楽しみですよね。今回は、子どもの日についてまとめていきたいと思います。

こどもの日とはどういう意味が込められているの?

子どもの日とは「端午の節句」とも呼ばれています。「端午」とは、月の端めの午の日という意味なんです。なので、5月5日に限ったことではなく、毎月初めの午の日のことを「端午」と呼ばれていました。

午は、十二支でいうと5月。そして、端午の”ご”と数字の”5”を合わせて、5月5日となりました。

そして、もとは、5月5日の端午の節句には、江戸城で将軍のお祝いをする重要な日とされていました。その際に、のぼりを立ててお祝いしていたのが「こいのぼり」の始まりとなっているのです。

子どもの日とは、こどもの成長はみんなでお祝いする日です。やり方は少しずつ今と昔では変わっていますが、基本の思いは変わっていません。

どうして兜やこいのぼりが用意されるの?

では、将軍様のお祝いで出していた「のぼり」がなぜ「こいのぼり」となったのでしょうか?それは、将軍に男の子が生まれると「のぼり」を上げることがまず「武家」の間で広まります。

将軍様の真似をして、武家の間でも男の子が生まれると「のぼり」を上げてお祝いするようになりました。それが次第に「庶民」にも広まっていきます。庶民の中でも、他の一般人よりもお金を持っている人が、武家への対抗心で真似したことがはじまりです。

そして、庶民たちは、ただののぼりをあげるだけではつまらない…と考えるようになりました。

そこで、中国より伝えられていた出世魚「鯉」をのぼりに描き、「鯉の滝登り」をイメージしたのが「こいのぼり」の始まりです。

それから「兜」が用意されるようになったのは、兜は「命を護る象徴」として、男の子を「病気や事故、災害から守ってくれますように」という願いが込められています。

折り紙を使った兜や鯉のぼりの作り方は?

子どもの日が近づいてくると、新聞紙や折り紙で兜を作っているのを経験したことや、みたことがあると思います。

ノーマルな兜の折り方を紹介します。

  • 折り紙を対角線で三角に折る
  • 真ん中から先に向かって、左右を折ります
  • 折った三角を上に半分におりあげます
  • 上の部分から左右に少しだけおります
  • 下の折り紙の一枚を真ん中より少し下でおりあげます
  • 残った一枚を真ん中に入れ込み、完成です!

これが、よくみる兜の折り方です。そして、難易度は上がりますが、かっこいい兜の折り方もあります!少しの工夫なので、ぜひ調べて子どもと一緒につくってみてください。

そして、折り紙で兜を作ると、ついつい夢中になって止まらない…でも、たくさん作っても使いみちがない…なんて経験ありませんか?

しかし、折り紙兜を使った可愛くて華やかになる飾りつけをご紹介します。

モビールを使った華やかな飾り付け方法とは?

上記でも、紹介した通り、兜に限らず、折り紙ってついつい作りすぎてしまう経験ありませんか?子どもとつくると「練習用」とかでたくさん出来上がりますよね。しかし、捨てることも出来ないし…。

折り紙って、今100円ショップで様々な種類の折り紙が売られていますよね。キラキラな折り紙・和紙・和柄…女性なら、テンションが上がってついつい買い過ぎてしまう事もありますよね。子どもからおねだりされて断るのも気が引けます。

そこで、今から紹介する飾りは、様々な素材の折り紙で作るのも可愛い飾りです。

千羽鶴って作ったことはありますか?針と糸で、鶴と鶴を繋げるものです。それを。兜で作りましょう!普通の糸ではなく、刺繍糸を使うととても華やかになりますよ!

繋げた一本を天井からぶら下げてもいいですし、何本か作って、兜の後ろにぶら下げても、兜がよりかっこよくみえます。

針を使うのはママでも、子どもに色を選ばせたりすれば、出来上がった時に親子で達成感を得られますよ。

家族みんなで手作りのこどもの日を楽しもう

いかがでしたか?兜で作るモビールは、数本長さを変えて、ぶら下げたら、赤ちゃんもユラユラと揺れるモビールでご機嫌になりますよ。

そして、女の子ならば、ひな祭りにも作ることができます。その場合には、ビーズなどを入れるとキラキラと反射して綺麗ですよね。

ひな祭りも端午の節句も、昔から「子どもの成長をお祝いする」「子どもの健やかな健康をお祈りする」形は少しずつアレンジされるようになっても、根本的なものは変わっていないですよね。親子で思い出に残るように工夫してくださいね!

  関連記事

【九州のおすすめ子宝神社10選】パワースポットも満載の九州へ御祈願に出かけましょう

妊活中にはさまざまな悩みや不安がつきまとうもの。自分が思っているよりストレスも感 …

家族でのレジャーを考えている人必見!としまえんで親子で楽しむコツはある?

東京で育ったパパとママにとって、「としまえん」はなじみ深い場所といえるかもしれま …

夏休み期間に雨が降っているとお外で遊べない!元気いっぱいな子供が室内でも楽しめる方法とは?

子供が大好きな夏休みは、レジャーにもってこいの季節です。 海にプールにキャンプ、 …

子どもを公園デビューさせる時期の目安は?その際の注意点は?

乳児が大きくなると、外気浴を兼ねて、外出する機会が増えるものです。そして、自分で …

幼稚園デビューは何歳から始める?3年保育と2年保育の比較とは?

子どもが2歳から3歳になってくると迷いはじめるのが、子どもの幼稚園デビューをいつ …

あなたは大丈夫?こどもの日にお祝いやプレゼントを渡す際のマナー

こどもの日はゴールデンウイーク中にあるので、祝日を親戚で集まって過ごすという家庭 …

初めての赤ちゃんでも安心!生まれてから1歳までのお祝い行事一覧

赤ちゃんが生まれてからの日常は毎日がなにかの記念日です。初めて笑った日、初めて寝 …

大人も十分楽しめる、ハウステンボスで子どもと楽しむコツとは?

九州にあるテーマパークで人気の場所の一つに、「ハウステンボス」があります。家族で …

季節ごとに楽しみがいっぱい!ラグーナテンボスを子連れで楽しむ方法とは?

愛知県在住の方にとっては、「ラグーナテンボス」はなじみ深いレジャースポットかもし …

木のぬくもりを感じて楽しもう!幼児向け施設「おもちゃハウス・こどもの木」の楽しみ方とは?

子供にはできれば自然や木のぬくもり触れさせてあげて、おもちゃも安全なものを与えて …