ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

親子でザリガニ釣りを楽しむ方法が知りたい!注意すべきことは?

   

休日に親子でお出かけしようと思うとき、買い物やテーマパークに出かけるより、自然の中で過ごしたいと思うパパやママもいるはずです。特に男の子がいて、パパがアウトドア派の家庭では、親子でザリガニ釣りに行く機会も多いことでしょう。

季節を感じながら、生き物に触れる機会をもつことは、子どもの心身の成長のうえでも、役に立つものです。そこで今回は、ザリガニ釣りができるシーズンや行うために何を準備したらよいのか、ザリガニ釣りの方法や注意点について、お話しします。

ザリカニ釣りのシーズンと用意すべきものは?

ザリガニ釣りは、住んでいる地域にもよりますが、大抵は5~11月と長期間にわたってできるレジャーです。暑い夏はザリガニの動きが活発で、水温が5℃を下回ると冬眠してしまいます。

ザリガニ釣りは、実は魚釣りよりずっと簡単にできます。特に初夏のザリガニはお腹をすかせていることが多いので、エサを入れるとすぐに食いついてくれます。

水中の生き物に触れる機会になるので、初夏から夏にかけては特に、親子で楽しめるレジャーといえるでしょう

ザリガニ釣りに出かけるときには、割りばしや木の枝にひもと重りをつけたものや網、ザリガニを入れるバケツ、エサを用意します。エサをつける棒に重りをつけるのは、水流が強い場所だとエサが流れやすくなるからです。

重りは、5円玉やクリップで構いません。ザリガニのエサとしては、スルメやちくわ、鶏肉がおすすめです。ひもはタコ糸だと、丈夫で釣りやすいです。

ザリカニを釣る方法とは?

ザリガニ釣りの方法を、簡単に説明しておきましょう。まず、ひもにエサと重りをつけます。そして、水の中にいるザリガニのハサミの前あたりに、ゆっくりとエサを下ろします。

ザリガニが2本のはさみでエサをしっかりつかんだことを確認したら、巣穴からゆっくりと出します。エサをつけた棒を持ち上げながら、しっぽの方から網ですくい、バケツに入れます。

ザリガニ釣りがしやすい場所は、公園内の川など流れが緩やかな水路や、浅めの池です。川底と石の間や水草の影をよく観察すると、ザリガニが隠れていることが多いです。

まず、パパやママがザリガニがいることを確認してから、子どもに釣らせてあげるとよいでしょう。ザリガニを釣り上げた子どもは、きっと得意満面の笑みを浮かべてくれるはずです。

ザリカニ釣りをするときの注意点とは?

ザリガニ釣りは比較的簡単に、親子で楽しめるレジャーの一つです。ですが、屋外で遊ぶので危険もあります。ザリガニ釣りができる場所は、大抵やぶ蚊が多いので、虫よけ対策を徹底しましょう。

また、炎天下で熱中症にならないよう、こまめな水分補給も大切です。また、水の事故も怖いので、水辺にいる子どもから絶対に目を離さないようにしましょう

そして、ザリガニ釣りは命を扱う遊びであることを忘れてはいけません。釣ったザリガニを飼うのか、元の川や池に戻すのかは、子どもと話し合って、あらかじめ決めてあげましょう

自宅で飼うこともできますが、小さいザリガニは簡単に死んでしまったり、共食いをすることもあるので、そうなった場合のフォローを考えておく必要があります。

また、いざ飼い始めたら、途中で投げ出すわけにはいかないこと、自分できちんとお世話する責任が発生することを、子どもに納得させ、実践させる必要があります。その点を親子で話し合ったうえで、遊ぶように配慮してください。

ママやパパは生態系にも配慮しよう

ザリガニ釣りで釣ったザリガニを自宅に持ち帰ったものの、そのお世話が面倒に感じて、近所の川や池に放してしまうママやパパがいるのも現実です。ですが、日本ザリガニであっても、棲んでいた地域が違えば外来種になります

外来種を川や池に放すことで、その水辺の生態系が変わってしまう可能性が高まります。そのため、安易な気持ちでザリガニを自宅に持ち帰るべきではないのです。

命に対する責任を持つ覚悟をしたうえで、釣ったザリガニを自宅に持ち帰るように心がけてくださいね

  関連記事

お祝いする前に知っておこう!七五三の基礎知識

普段は日本の伝統行事にあまり関心がないご夫婦でも、子どもが主役のイベントは、親戚 …

あなたは大丈夫?ひな祭りの飾り付け方法と食事メニューのこと

娘がいるママにとって、ひな祭りは年間行事の中でも、特別な意味を持つのではないでし …

東武ワールドスクウェアは子ども連れでの家族のお出かけにも人気!

家族連れにもおすすめの観光スポットとして、人気が高いのが東武ワールドスクウェアで …

入学祝いを贈るマナーとは?贈る時期と金額相場、お返しのマナーのこと

親族の子どもが小学校に入学する際、「入学祝い」を贈るという習慣がありますが、贈る …

江戸東京博物館はちびっこでも楽しめる?どんなイベントがあるの?

江戸東京博物館は、2015年3月28日にリニューアルオープンを果たしました。 江 …

こどもの日は家族みんなで手作りの兜やこいのぼりを作って楽しもう!

「こどもの日」といえば、GWの5/5にあるイベントですよね!なんとなく、イメージ …

赤ちゃんを花火大会に連れて行けるのはいつから?注意点はある?

夏の風物詩の一つに、「花火大会」があります。夜空に打ち上げられる花火の美しさは格 …

赤ちゃん連れてディズニーランド!乳幼児施設や楽しめる方法は?

東京ディズニーランドは、小さな子供からお年寄りまで大人気の施設ですよね。しかし、 …

国立科学博物館は子連れにおすすめ!楽しみながら学べることとは?

国立科学博物館と聞くと、小学校高学年が自由研究のために訪れる場所というイメージを …

七五三のお祝いって、何を準備したらいいの?その相場は?

近年は少子化の影響もあってか、七五三のお祝いを盛大に行う家庭も増えているようです …