ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

親子でザリガニ釣りを楽しむ方法が知りたい!注意すべきことは?

   

休日に親子でお出かけしようと思うとき、買い物やテーマパークに出かけるより、自然の中で過ごしたいと思うパパやママもいるはずです。特に男の子がいて、パパがアウトドア派の家庭では、親子でザリガニ釣りに行く機会も多いことでしょう。

季節を感じながら、生き物に触れる機会をもつことは、子どもの心身の成長のうえでも、役に立つものです。そこで今回は、ザリガニ釣りができるシーズンや行うために何を準備したらよいのか、ザリガニ釣りの方法や注意点について、お話しします。

ザリカニ釣りのシーズンと用意すべきものは?

ザリガニ釣りは、住んでいる地域にもよりますが、大抵は5~11月と長期間にわたってできるレジャーです。暑い夏はザリガニの動きが活発で、水温が5℃を下回ると冬眠してしまいます。

ザリガニ釣りは、実は魚釣りよりずっと簡単にできます。特に初夏のザリガニはお腹をすかせていることが多いので、エサを入れるとすぐに食いついてくれます。

水中の生き物に触れる機会になるので、初夏から夏にかけては特に、親子で楽しめるレジャーといえるでしょう

ザリガニ釣りに出かけるときには、割りばしや木の枝にひもと重りをつけたものや網、ザリガニを入れるバケツ、エサを用意します。エサをつける棒に重りをつけるのは、水流が強い場所だとエサが流れやすくなるからです。

重りは、5円玉やクリップで構いません。ザリガニのエサとしては、スルメやちくわ、鶏肉がおすすめです。ひもはタコ糸だと、丈夫で釣りやすいです。

ザリカニを釣る方法とは?

ザリガニ釣りの方法を、簡単に説明しておきましょう。まず、ひもにエサと重りをつけます。そして、水の中にいるザリガニのハサミの前あたりに、ゆっくりとエサを下ろします。

ザリガニが2本のはさみでエサをしっかりつかんだことを確認したら、巣穴からゆっくりと出します。エサをつけた棒を持ち上げながら、しっぽの方から網ですくい、バケツに入れます。

ザリガニ釣りがしやすい場所は、公園内の川など流れが緩やかな水路や、浅めの池です。川底と石の間や水草の影をよく観察すると、ザリガニが隠れていることが多いです。

まず、パパやママがザリガニがいることを確認してから、子どもに釣らせてあげるとよいでしょう。ザリガニを釣り上げた子どもは、きっと得意満面の笑みを浮かべてくれるはずです。

ザリカニ釣りをするときの注意点とは?

ザリガニ釣りは比較的簡単に、親子で楽しめるレジャーの一つです。ですが、屋外で遊ぶので危険もあります。ザリガニ釣りができる場所は、大抵やぶ蚊が多いので、虫よけ対策を徹底しましょう。

また、炎天下で熱中症にならないよう、こまめな水分補給も大切です。また、水の事故も怖いので、水辺にいる子どもから絶対に目を離さないようにしましょう

そして、ザリガニ釣りは命を扱う遊びであることを忘れてはいけません。釣ったザリガニを飼うのか、元の川や池に戻すのかは、子どもと話し合って、あらかじめ決めてあげましょう

自宅で飼うこともできますが、小さいザリガニは簡単に死んでしまったり、共食いをすることもあるので、そうなった場合のフォローを考えておく必要があります。

また、いざ飼い始めたら、途中で投げ出すわけにはいかないこと、自分できちんとお世話する責任が発生することを、子どもに納得させ、実践させる必要があります。その点を親子で話し合ったうえで、遊ぶように配慮してください。

ママやパパは生態系にも配慮しよう

ザリガニ釣りで釣ったザリガニを自宅に持ち帰ったものの、そのお世話が面倒に感じて、近所の川や池に放してしまうママやパパがいるのも現実です。ですが、日本ザリガニであっても、棲んでいた地域が違えば外来種になります

外来種を川や池に放すことで、その水辺の生態系が変わってしまう可能性が高まります。そのため、安易な気持ちでザリガニを自宅に持ち帰るべきではないのです。

命に対する責任を持つ覚悟をしたうえで、釣ったザリガニを自宅に持ち帰るように心がけてくださいね

  関連記事

【全国のおすすめ子宝神社10選】子どもがほしいと思ったら子宝祈願へ出かけよう!

結婚したらすぐに妊娠すると思っていたけれど、なかなか妊娠しない。「どうして自分に …

日本で唯一の「きかんしゃトーマス」の屋外型テーマパーク。その楽しみ方とは?

幼い男の子の中には、きかんしゃトーマス好きな子がたくさんいることでしょう。そんな …

1日遊べる「箱根小涌園 ユネッサン」で、子連れで楽しむ方法とは?

子どもが大きくなり、自分の意思で遊べるようになると、家族で過ごすレジャーのバリエ …

こどもの日に飾る兜の選び方とは?種類が値段の相場も知りたい!

こどもの日は、端午の節句でもあります。そのため、鎧兜やこいのぼりを飾る家庭も多い …

大人も十分楽しめる、ハウステンボスで子どもと楽しむコツとは?

九州にあるテーマパークで人気の場所の一つに、「ハウステンボス」があります。家族で …

幼稚園の入園準備!ステップごとの注意点まとめ

幼稚園への入園を控えたパパ・ママの中には、入園準備について、 「先輩ママに、入園 …

初めての赤ちゃんでも安心!生まれてから1歳までのお祝い行事一覧

赤ちゃんが生まれてからの日常は毎日がなにかの記念日です。初めて笑った日、初めて寝 …

人気スポット「あべのハルカス」で子連れで楽しむ方法とは?

2014年3月、大阪に新たなランドマークが誕生しました。 その名を「あべのハルカ …

最近話題のIKEAスモーランドは託児もできるって本当?その楽しみ方とは?

IKEAは、オシャレな家具や雑貨が手ごろに購入できることもあり、人気の家具量販店 …

イタリアでは妊娠したら、ホテルが無料になるって本当?その理由とは?

みなさんはイタリアと聞くと、どんなイメージを連想しますか?男女関係に限定すると、 …