ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃん連れでも楽しめる!ズーラシアの魅力とは?

   

2015年4月、「よこはま動物園ズーラシア」は、すべてのエリアをグランドオープンし、日本最大級の動物園に生まれ変わりました。ズーラシアの敷地は、なんと東京ドームの11個分と広大で、すべての動物を見て回ろうと思うと、たっぷり1日かかるといわれています。

そんな広い動物園に子連れて出かけるのは不安を考えるママやパパもいそうですが、家族でたっぷり楽しめるよう、工夫されています。そこで今回は、ズーラシアの魅力について、お話しします。

ズーラシアって何?どんな楽しみ方ができるの?

ズーラシアとは、「生命の共生・自然との調和」がメインテーマの動物園です。世界の気候帯や地域別にゾーンが分かれており、それに合わせて生息環境展示されており、同時に植物や自然環境について学べるように配慮されています。世界中の野生動物が展示、飼育されており、絶滅寸前の希少種の繁殖などにも力を入れています。

アフリカのサバンナ」という展示では、広大な敷地の中でサバンナの動物たちが、自然にいるときのように過ごしている姿を、迫力満点で楽しめます。また、小さな子どもでも、ピグミーゴートと触れ合える広場があったり、身長が100cm以上であればラクダに乗れる「ラクダライド」も用意されています。

このほかにも、小動物と触れ合えるイベントが豊富に用意されているので、動物好きの子どもには大人気です。開館時間は9:30~16:30(入園は16:00)まで、毎週火曜日が休園日ですが、祝日の場合は開園し、その翌日が休園となります。入園料は18歳以上の大人が800円、高校生が300円、小中学生が200円、小学生未満は無料となっています。アトラクションによっては、別途料金が必要です。

ズーラシアで子どもにおすすめのポイントは?

ズーラシアでは、動物の様子を見るのが基本です。展示されている動物にエサをあげる「もぐもぐタイム」は、特に乳幼児に人気があるようです。また、オットセイなども飼育されており、泳ぐ姿を見て驚く乳幼児も多いようです。

とはいえ、小さな子どもの場合は、動物を見ることに飽きてしまうこともあります。そんなときには、園内に点在しているアスレチックや遊具のある広場で、遊ばせてあげましょう。低いものと高いものの2種類が用意されたスライダーをはじめ、ターザンロープや丸太橋などのアスレチック遊具が用意されています。

また、正門を入ってすぐの場所にある「みんなのはらっぱ」には、幼児が楽しめる遊具が用意されているので、小さな子どもでも安全に遊べます

ズーラシアは赤ちゃん連れでも大丈夫?

ズーラシアは広大なので、ずっと日に当たることで、熱中症が心配というママもいることでしょう。ですが、園内には、大きな屋根のある休憩スペースを何カ所も設けています。また、道路わきには多数のベンチが設置されているので、疲れたらすぐに休むことができます。

また、園内にはたくさんの授乳室やトイレがあり、乳幼児を連れていてもストレスを感じにくい施設と評判です。レジャーシートを広げられるスペースもたくさんあるので、お弁当を持参すれば、ピクニック気分も楽しめます。園内が衛生的なのも、子ども連れには嬉しいですよね。

また、広い園内をバスで行き来すれば、子どもが疲れることなく、いろいろなものを見ることができるのでおすすめです。

お得にズーラシアに入園して、家族で楽しもう!

ズーラシアは動物園なので、ほかのレジャー施設より、入園料は安いです。ですが、さらにお得に入園したいと考えるなら、毎週土曜日の中高生が無料の日に、出かけてみるとよいでしょう。

また、JRニューデイズの横浜南店と中山店のほか、ローソンやミニストップの専用端末で、入園引換券(割引券)が購入できます。また、首都高カードやJAFカードを窓口に提示すると、入園券が割引価格になるので、ぜひ活用して、費用を抑えて、楽しい1日を送ってくださいね。

  関連記事

公立と私立でも変わる!?幼稚園の気になる年間行事とはどんなことをするの?

幼稚園というものは児童にとってはじめてのことばかりです。冒険だらけの年間行事です …

子どもでもつくれる、父の日におすすめのプレゼントは?

父の日が近づくと、今年のプレゼントを何にするか、親子で相談する家庭も多いのではな …

季節ごとに楽しみがいっぱい!ラグーナテンボスを子連れで楽しむ方法とは?

愛知県在住の方にとっては、「ラグーナテンボス」はなじみ深いレジャースポットかもし …

相模湾を一望できる新江ノ島水族館で、親子で楽しむ方法とは?

水族館は、家族連れで楽しめるレジャースポットの一つです。関東地方にお住いの方なら …

京急油壺マリンパークで子供と一緒に海の生きものと触れ合おう!親子で楽しむポイントとは?

都心から少し離れたところにある京急油壺マリンパークは三浦半島の観光のついでに立ち …

こどもの日に菖蒲湯に入るのはなぜ?赤ちゃんも入れていいの?

5月5日はこどもの日と覚えている人が多いですが、そもそもは端午の節句という、男の …

幼稚園や保育園の謝恩会って何するの?内容や飾り付けは?

子どもが幼稚園や保育園を卒園する際、保護者が企画して謝恩会を行うことが多いです。 …

お祝いする前に知っておこう!七五三の基礎知識

普段は日本の伝統行事にあまり関心がないご夫婦でも、子どもが主役のイベントは、親戚 …

ジンベイザメが有名な沖縄美ら海水族館で、親子で楽しむ方法は?

沖縄でも屈指のレジャースポットに、「沖縄美ら海水族館」があります。地元のひとはも …

子供にとって楽しいレジャーには危険が潜んでる!レジャーでおこりやすい事故や未然に防ぐ方法は?

子供には自然の中で多くの経験をさせてあげたい――。多くの親御さんが、そんな気持ち …