ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

我が子が初めての晴れ舞台となる七五三!女の子の着物の着付けの方法は?

   

子供の健やかな成長をお祝いし、これからの健康を祈願する七五三。特に女の子は華やかな晴れ着に身を包み、晴れ舞台となる一日です。

せっかくの晴れ舞台ですから、我が子に素敵な着物を着せてあげたいと考えるご両親は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美容院に着付けを頼んだ場合どのくらいの費用が必要なのか、自分で着付ける場合どのようなことに気を付ければいいのか、女の子の着物のちょっとした心配事について紹介します。

七五三の日付はどうして11月15日なの?その由来と意味は?

七五三は11月15日に行うことが一般的とされています。

なぜこの日に行うようになったかは諸説あるようですが、徳川家光が後継である五代将軍綱吉が病弱を心配し、成長を祈る『袴着の儀式』をこの日に行ったことが始まりといわれています。

のちに五代将軍となった綱吉も、我が子の『髪置きの儀式』を11月に行おうとしたところ、もっとも縁起のいい日が15日であったため、以来11月15日に子供の成長を祝う儀式をするようになりました。

これが庶民の間にも広がり、現在のように我が子の成長をお祝いする日として、七五三が11月15日に定着したそうです。

着付師さんに頼んだと時の気なる値段相場は?

着物を着せてあげたいけど自分では着付けのやり方がわからない、という人も多いでしょう。大人だけでなく、子供も着付け師さんにお願いすることが可能です。

着付け師さんというとピンと来ないかもしれませんが、美容室や貸衣装屋さんなどに依頼すると、着付け師さんに着物の着付けをしてもらえます。

着付けだけであれば5000円ほど、ヘアメイクもセットでお願いする場合はプラス3000円ほどを見積もっておくといいでしょう。

3歳のお祝い着でよく着られる帯のない被布であれば、もう少し低価格で着付けてもらえることもあります。

反対に、7歳のお祝い着で作り帯でなく手結びをする場合、プラス料金が発生することもあります。

着せてあげる着物の種類によって値段が多少左右しますが、どんなに高くても1万円もあれば十分です。

行きつけの美容室などに相談し、値段をあらかじめ確認しておくと安心ですよ。

着物はどんなものを選んだ方がいいの?女の子でも袴を履かせて大丈夫?

最近は女の子にも七五三で袴を着せたいと考えているご両親も増えているようです。かわいいデザインも多く、和服ならOK、というような風潮になりつつあることも事実です。

しかし本来の七五三、子供のお祝い、という意味から考えると女の子に袴はふさわしくないと考えることが自然です。

女の子は3歳と7歳に行うことが一般的です。3歳は伸ばし始める『髪結いの儀』、7歳は本格的な着物を着始める『帯解きの儀』と言われています。

そのため3歳では帯のない被布を着て髪を結う、7歳では帯のある着物を着ることが本来の七五三です。

せっかくの子供の成長をお祝いする特別な日ですから、きちんとした着物を着せてあげることをおすすめします。

袴は毎年の節句のときに、卒業式や2分の1成人式のお祝いのときまで取っておいてもいいかもしれませんね。

ママでも着付けできる?着付けの方法とは?

子供の着付けは自分でやってみたい、というママもいるのではないでしょうか。大人と違って意外と簡単にできるので、何度か練習すればすぐにマスターすることができます。

子供の着物は、着くずれを防ぐためにも身長に合わせた縫い上げをすることをおすすめします

3歳用も7歳用も、体のサイズに合わせて肩上げと腰上げをしてあげれば、あとは腰ひもで止めてあげるだけでOKです。

3歳ならこの上に被布を着せます。7歳は帯を結びますが、作り帯ならベースの帯さえしっかりと結ぶことができれば、あとは後ろのリボンをつけるだけ。

帯の上部に帯揚げ、下部にしごき、その間に帯締めを結び、扇子と箱せこを飾りましょう。

帯揚げや帯締め、しごきなど小物類のつけ方はちょっとコツが必要ですが、手順を確認しながら行えば間違えることも少ないでしょう。

ママの着付けてで華やかに着飾ってあげよう

いかがでしたか?腰上げさえしてしまえば、着付けビギナーでも思っているよりも簡単に着付けをすることができます。

ヘアアレンジも最近では洋風のスタイルが定番なので、セルフアレンジも素敵です。

ママの着付けでお祝いすることができれば、子供が大きくなったときにも感慨深く感じてくれることでしょう

子供の成長をお祝いする一生に一度の七五三。親にとっても子供にとっても思い出に残る一日になるように、しっかり準備をしてお宮参りにお出かけしてくださいね。

  関連記事

幼稚園の二年保育と三年保育の違いとは?メリットとデメリットが知りたい!

幼稚園には、二年保育と三年保育があります。子どものことを考えるとそのどちらが望ま …

大人も十分楽しめる、ハウステンボスで子どもと楽しむコツとは?

九州にあるテーマパークで人気の場所の一つに、「ハウステンボス」があります。家族で …

お出かけにおすすめのアンパンマンミュージアムの楽しみ方・料金

出典:神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール   小さな子供にとっ …

「ひな祭り」を知ればもっと大切にしたくなる!「ひな祭り」の基礎知識

3月3日は、桃の節句・ひな祭り。女の子がいるお宅は、ワクワクしながら家族みんなで …

ひな人形の選び方と金額の相場が知りたい!

女の子が生まれると、初節句を前にひな人形の購入について、思いを巡らせる家庭が多い …

夏は家族みんなでBBQ!何を準備すればいい?その選び方は?子供連れが注意するべきポイントは?

夏になると楽しみなイベントにバーベキューがあります。庭で行うバーベキュー、川辺で …

七五三のために着物をレンタルしたい!準備する方法は?

七五三のお祝いの際に、子どもに着物を着せたいと思うご両親はたくさんいると思います …

ジンベイザメが有名な沖縄美ら海水族館で、親子で楽しむ方法は?

沖縄でも屈指のレジャースポットに、「沖縄美ら海水族館」があります。地元のひとはも …

ラゾーナ川崎を親子で徹底的に楽しむコツ&ポイント!

独身の頃は何も考えずに出来ていたショッピングですが、子供が一緒となると大変なこと …

入園式・入学式に向けて!人生の一大イベントを思い出として残すために知っておきたい写真撮影のコツとは?

春と言えば何を思い浮かべますか?桜など春の花を浮かべる方もいらっしゃるかと思いま …