ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

季節ごとに楽しみがいっぱい!ラグーナテンボスを子連れで楽しむ方法とは?

   

愛知県在住の方にとっては、「ラグーナテンボス」はなじみ深いレジャースポットかもしれません。

ラグーナテンボスは、自然豊かな三河湾を臨むことのできる、複合型リゾートです。海をテーマに、さまざまなアトラクションが用意されています。そして、季節ごとに楽しみ方が変わることでも有名です。

そこで今回は、ラグーナテンボスはどんな施設か、どのようなアトラクションが用意されているのか、季節による違いなどについて、お話しします。

ラグーナテンボスってどんなところ?

ラグーナテンボスは、海のテーマパークです

テーマパークである「ラグナシア」には、ライド系や冒険型のアトラクションが数多く設置されているほか、噴水ショーやミュージカルなど、エンターテインメント性のあるプログラムも用意されています。

また、パティシエの鎧塚俊彦さんが監修するスイーツカフェもあり、女性の人気が高いです。

ラグーナテンボス 営業時間

ラグーナテンボスの営業時間は季節によって異なり、不定休でもあるので、公式サイトで確認する必要があります。

ラグーナテンボス 入園料

気になる入園料は、幼児は無料で、小学生が1,200円、中学生以上の大人は2,150円となっています。

ですが、これではフラワーラグーンやショーの観覧しかできません。園内の乗り物を楽しみたいならパスポートがおすすめです。

この場合は、3歳以上の幼児が2,250円、小学生が3,000円、中学生が4,100円、高校生以上の大人が4,100円となります。

このほかにも、プール付き入園券やパスポートもあるので、詳しくは公式サイトで確認してください。

さまざまなアトラクションが楽しめる!

ラグーナテンボスには、さまざまなアトラクションが用意されています。

パイレーツ ブラスト」や「アクア ウィンド」という、スリルと爽快感にあふれたジェットコースターが有名ですが、激流を水しぶきをあげながら一気にくだる「レジェンド オブ ラビリンス」、家族で楽しめる観覧車やメリーゴーラウンドまで、いろいろなアトラクションが用意されています。

さらに、子どもに大人気の「ワンピース」のアトラクションも登場しているので、注目度がアップしています。

また、ラグーナテンボスならではの「海のシルクロード」では、夢の世界を神秘的に描いたミュージカルレビューショーや、音楽と光と噴水がコラボレーションしたオーケストラによるコンサートも行われます。

季節によって楽しみ方も変わる!

ラグーナテンボスは、季節によって楽しみ方が変わるのも、魅力の一つです。

夏は種類が豊富な屋外プールで遊ぼう!

夏季限定でオープンする屋外プールは、その種類も多彩です。最大で1mもの波が立つジャンボプールや、全長が230mにも及びラグナシアの建物や橋をくぐり抜けて進めるプール、100mもの長さを誇るウォータースライダーは、毎年子どもたちに大人気です。

冬にはプールがイルミネーションにチェンジ!

また冬になると、そうしたプールは光と水でキラキラと演出された、イルミネーションに変わります。

さらに、ラグーナテンボスには日本初の360°3Dのプロジェクションマッピングがあり、さらに夜間はウォーターマッピングショーも楽しむことができます。

ラグーナテンボスの昼間とは違う表情が見たいひとには、特におすすめです。

お子さんの年齢に合わせて、アトラクションをチョイスしよう!

ラグーナテンボスにはさまざまなアトラクションが用意されているので、お子さんの年齢に合わせて選んであげると、家族で楽しめるはずです。

また、ラグーナテンボスのプールに入園すると、巨大なふわふわアトラクションを楽しむこともできます

ラグーナテンボス内には、本格的なレストランや天然温泉まで用意されているので、家族それぞれの楽しみ方ができそうです。

宿泊施設もあるので、組み合わせるとよりお得に利用することができます。

  関連記事

夏にママが選ぶべき適切な水着ってどんなタイプ?そのポイントは?

子どもが水遊びできるようになると、ママも水着を着る機会が増えます。そして、オシャ …

子どもにも五月病が増えているって本当?その原因と対処法は?

ゴールデンウイークを迎えるころ、ニュースなどで「五月病」という名称を見聞きする機 …

日本で唯一の「きかんしゃトーマス」の屋外型テーマパーク。その楽しみ方とは?

幼い男の子の中には、きかんしゃトーマス好きな子がたくさんいることでしょう。そんな …

大変!?赤ちゃんを連れての葬儀マナーはどうしたらいい?

突然の訃報を受けお葬式に参列することに…。「赤ちゃんは連れて行ってもいいの?」「 …

こどもの日は家族みんなで手作りの兜やこいのぼりを作って楽しもう!

「こどもの日」といえば、GWの5/5にあるイベントですよね!なんとなく、イメージ …

小学校の入学準備!進め方と注意点について

小学校への入学は、お子様にもパパ・ママにも一大イベント!万全な入学準備を整えて、 …

公立と私立でも変わる!?幼稚園の気になる年間行事とはどんなことをするの?

幼稚園というものは児童にとってはじめてのことばかりです。冒険だらけの年間行事です …

こどもの日の飾り付けってどうしたらいいの?

ママにとって、女の子の節句であるひな祭りはなじみ深いものですが、男兄弟がいなけれ …

子連れママ必見!サービス充実のららぽーとTOKYO-BAYで楽しむ方法とは?

子どもを連れてお出かけする場合、授乳やおむつ替え、着替え、食事など、気になるポイ …

七五三のお祝いって、何を準備したらいいの?その相場は?

近年は少子化の影響もあってか、七五三のお祝いを盛大に行う家庭も増えているようです …