ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

宇宙好きなお子さんにおすすめ!スペースワールドを存分に楽しむ方法とは?

   

九州地方で子育てをしているご家庭なら、「スペースワールド」という名称は一度くらい聞いたことがあるかもしれませんね。

北九州市にあるスペースワールドは、宇宙をテーマにしたレジャースポットです。宇宙と聞くと、ある程度の年齢になったお子さんでなければ楽しめないのでは?と思う、パパやママもいそうです。

そこで今回は、スペースワールドとはどんな施設か、幼児でも楽しめるのか、季節に応じて内容が変わるというのは本当かについて、お話しします。

スペースワールドってどんなところ?

スペースワールドは、世界で初めて、宇宙をテーマにつくられたテーマパークです。さまざまなアトラクションをはじめ、スケートやプールで楽しめるスペースがあり、ショーなども行われています。

スペースワールド 営業時間

営業時間は9:00~20:00となっていますが、日によって変わるため、10:00に開園することもあれば、17:00~19:00の間に閉演することもあります。

スペースワールドを訪れる際には、事前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします

スペースワールド 入園料

入園料は3歳以下が無料で、4歳から未就学児童までが490円、小学生が780円となっています。

中学生以上は大人料金となり、1,570円です。

このほかに、アトラクションの乗車料金が含まれた、1日フリーパスもあるので、遊び方に合わせて入園料を払いましょう。

幼児向けの施設も充実!

スペースワールドには約30種類のアトラクションが用意されていますが、そのうち20種類くらいは、幼児でも楽しめます。

「カピバランド」は国内最大級の屋内砂場!

具体例をあげると、雨の日でも遊べる屋内施設「カピバランド」には、屋内最大級の砂場が用意されています。

ボーネルンドとタイアップしたキッズスペース

また、知育玩具を製造・販売しているボーネルランドとタイアップしたキッズスペースも用意されています。

カピバラにエサをあげよう!「ふれあいタイム」

また、カピバラにえさやり体験ができる「ふれあいタイム」などもあり、幼児には人気です。

乳幼児連れのパパ・ママも安心のサービスがたくさん!

スペースワールドの園内には、授乳やおむつ交換ができ、おむつ販売も行っているベビーセンターや、ベビーカーの貸し出し、キッズメニューが用意されたレストランなどもあり、乳幼児を連れたパパとママでも、ストレスなく過ごせると評判です。

季節に応じて楽しみ方も変わる!

観るだけで楽しめるアトラクションが多彩

スペースワールドでは、キャラクターによるレビューや宇宙学物館など、観るだけで楽しめるアトラクションも用意されています。

夏には種類が豊富なプールで遊べる!

そして、夏には流れるプールや大型スライダーなど、さまざまなプールが大集結するウォーターパーク「ミューナ」を利用することができます。

4人乗りの円形ボートでくねくねしたルートをスライダーで滑りおりる「UFOラフティング」や、水がたまるとあふれ出す大きなバケツのある「アクアジム」など、人気のメニューがいっぱいです。

冬にはスケートリンクが登場!

冬には特設イベントとして、スケートリンクが登場します。椅子に座ったまま滑ることもできるので、初心者のひとでも楽しめるはずです。

このように、宇宙について知ることも、季節に合わせて遊ぶこともできるスペースワールドは、一度、足を運ぶ価値があります。

北九州市にお出かけするなら、訪れてみよう!

スペースワールドは大人から子どもまで楽しめるテーマパークなのですが、それほど知名度が高くないようで、九州地方の中でも穴場のスポットとなっています。

そのため、人気のアトラクションでも長時間待たずに乗れるという、子連れにはうれしいメリットもあります。

SFが好きなパパも多いと思うので、北九州市に行く予定があるなら、ぜひ家族で出かけてみてください。雨の日でも、お子さんは十分に満足できるはずです。

その充実したアトラクションと、宇宙に関する展示を楽しんで、家族それぞれ満足できる休日を、過ごしてくださいね。

  関連記事

木のぬくもりを感じて楽しもう!幼児向け施設「おもちゃハウス・こどもの木」の楽しみ方とは?

子供にはできれば自然や木のぬくもり触れさせてあげて、おもちゃも安全なものを与えて …

幼稚園や保育園の謝恩会って何するの?内容や飾り付けは?

子どもが幼稚園や保育園を卒園する際、保護者が企画して謝恩会を行うことが多いです。 …

飛行機へのベビーカー持ち込みはできる?国内線と国際線の違いは?

パパやママの実家への帰省や旅行のために、飛行機を使うことがあります。その際、赤ち …

京急油壺マリンパークで子供と一緒に海の生きものと触れ合おう!親子で楽しむポイントとは?

都心から少し離れたところにある京急油壺マリンパークは三浦半島の観光のついでに立ち …

赤ちゃんと車で旅行するのはいつからできる?用意すべき持ち物は?

赤ちゃんを連れて旅行する計画があるとき、公共交通機関だと周囲に迷惑がかかるので、 …

動物もいっぱい!伊豆シャボテン公園で親子で楽しむ方法とは?

静岡県で子連れで楽しめるレジャースポットと聞けば、「伊豆シャボテン公園」を思い浮 …

初めての赤ちゃんでも安心!生まれてから1歳までのお祝い行事一覧

赤ちゃんが生まれてからの日常は毎日がなにかの記念日です。初めて笑った日、初めて寝 …

大変!?赤ちゃんを連れての葬儀マナーはどうしたらいい?

突然の訃報を受けお葬式に参列することに…。「赤ちゃんは連れて行ってもいいの?」「 …

妊娠中でも結婚式への参加はOK?注意点はある?

仲の良い友人や同僚の結婚式が、自分の妊娠中にある女性は少なくありません。慶事です …

大人も子どもも大好き!ディズニーシーで親子で楽しむ方法とは?

赤ちゃんが産まれたときからディズニーのキャラクターが側にある家庭は、予想以上に多 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss