ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

高温期って何度から?妊娠した時の高温期の特徴とは?

   

そろそろ妊娠を考えている人にとって「基礎体温表」は欠かせないもの。排卵日を知ることで妊娠しやすい時期を知ることができるのはもちろん、生理周期など体の状態を知る良いきかけにもなります。

基礎体温表をつけていると「高温期・低温期」のニ相性に分かれます。しかし人によって体温やグラフの形はさまざま。

今の体温は高温期なの?高温期の途中で一時的に体温が下がるのは大丈夫?など疑問点もたくさんあるはず。そこで今回は、高温期の体温について気になる点をご紹介していきますね。

高温期の基礎体温は何度?

高温期の体温は人により異なるため、何度からが高温期とは言い切れません。一般的には日本人の平均体温は「約36.2℃~36.3℃」、高温期は「約36.7℃~37℃」と言われています。

平均体温が36℃に満たない方だと高温期も低めになりますし、平均体温が高い人は高温期も高くなります。高温期を体温で判断することは難しいため、低温期と高温期の差が「約0.3~0.5℃」上昇した場合に高温期だと考えましょう。上がり方も人によりさまざまで、2~3日かけて体温が少しずつ上がっていく人もいれば一気に上がる人もいます。

また高温期の途中で体温が一度下がり、また上がる「M字型」グラフになる人もいます。このようなパターンは珍しくなく心配する必要はありません。さらに低温期と高温期の差が1.5℃ある人もいます。体質によってパターンもさまざまですね。

こんな場合は産婦人科を受診しよう

基礎体温表は低温期・高温期のニ相性に分かれていることが大切です。このような場合には、排卵する日にちを予測することができます。

しかし、なかには「ニ相性が確認できない、低温期が続いたままで生理がくる」こともあるかもしれません。

この場合は「無排卵」の可能性があります。また高温期が9日より短い場合は「黄体機能不全」が疑われます。

他にも「グラフのガタガタが続く」など気になることがある場合は、産婦人科を受診することをおすすめします。

低温期と高温期で排卵日を知る

基礎体温表を見ると高温期に入る少し前の段階でガクっと下がる日があることが多いです。

排卵をする日は人により違うため一概に言えませんが、ガクっと下がった日にちあたりが「排卵が近い」と言えます。妊娠を考えている人はこの日あたりにタイミングを合わすとよいでしょう。

妊娠したときの高温期とは?

妊娠を希望する人にとって高温期はドキドキもの。基礎体温表を見て妊娠の有無が分かることなら、と思ってしまいますよね。

一般的には高温期が16日以上続いた場合に妊娠の可能性があります。高温期が長い方であっても21日続くようであれば妊娠の可能性が高いです。

しかし体温だけで判断するのは難しいため、基礎体温表と併せて「妊娠検査薬」で確認しましょう。陽性反応を確認できたら早目に産婦人科へ行きましょうね。

高温期にある出血とは

高温期に出血があると「低温期でなくても生理がくることもあるのかな」と思ってしまうかもしれません。

生理は高温期にくることはありませんので、なんらかの理由が考えられます。

妊娠による着床出血

生理がくるころに出血があることが多いため見極めるのが難しいですが、少量出血であり数日でおさまるのであれば「着床出血」の可能性があります。

不妊治療による影響

不妊治療でプロゲステロン製剤の服用や注射などを行っている方は人工的に体温を上げているため、注意が必要です。また、ルトラールなどの服用を中止すると生理がきますが、下がらずに生理がくることもあります。

不正出血・生理と見分けが付かないため産婦人科を受診しましょう。

病気や感染症によるもの

子宮内膜症や子宮頸がん、子宮筋腫などの病気や性器クラミジア感染症により不正出血をおこす場合があります。病気の可能性が全くないとは言い切れませんので産婦人科を受診しておくと安心ですね。

基礎体温を安定させるためには

体調が優れないときやストレスを感じたときなどに「一時的にグラフが不安定」になることはありませんか?それだけ女性の体はデリケート。

「ストレスをためない、生活リズムを整える、体を冷やさない」など生活習慣を見直すことも大切。そして栄養のある食事をしっかり摂り、基礎体温を安定させることで、妊娠しやすくなるのはもちろん健康な体を維持することにもつながっていくでしょう。

  関連記事

子宮がん検診を受けている人も子宮体がんに注意!不妊との関係は?

子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれ、子宮の内側にある子宮内膜という粘膜に発生する …

男性不妊の原因になるので注意が必要!膿精液症のことを教えて

男性不妊症の原因は様々ですが、「膿精液症」もその一つです。膿精液症とはその名の通 …

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)ってどんな病気?妊活は続けられるの?

不妊治療は排卵日に合わせて夫婦生活をもつという、タイミング法から始まるのが一般的 …

避妊だけじゃなかった!?子宮筋腫の改善策としても使用されているピルの効果は?保険適応なの?

一般的にピルというと、避妊目的で使用されるものだと認識されています。 最近は低容 …

「子宮膣部びらん」って何のこと?どんな症状なの?妊活に影響は出る?

「子宮膣部びらん」という言葉を聞いたことがありますか?初めて耳にする方にとっては …

婦人科検診ってどんな内容なの?診察時は痛みがあるの?

結婚を控えていたり、妊活を始める前に、婦人科検診を受ける女性が増えています。病気 …

一姫二太郎ってどんな意味?そのメリットとデメリットは?

昔から、子どもを持つなら「一姫二太郎」がよいといわれています。それを、女の子を1 …

エストラジオールの基準値・正常値は?高い・低い場合の原因と対処

エストラジオールとは女性の生殖器の発達と深い関係を持った女性ホルモンの一種であり …

人工授精でよく使用されている「スイムアップ法」ってどんなものなの?

不妊治療の一環として行われることの多い人工授精。一般的には、タイミング療法での妊 …

IUSという新しい避妊法について教えて!

妊活する前に身体の調子を整えたい時には、避妊を検討することもありますよね。自分に …