ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

単角子宮と診断されたけどどんな状態なの?治療法や妊娠への影響は?

   

6e0718086354f895a38e94b1f2886e88_s

子宮は、妊娠初期の段階で、ミュラー管という子宮のもととなる器官が左右にでき、それが融合することで形成されます。ですが、何らかの原因でこの左右のミュラー管の融合や形成の段階に不具合がおこることで、子宮奇形になってしまいます

全女性の約4~5%が子宮奇形であり、「単角子宮」もその一つです。子宮奇形は、不妊症や不育症の原因としてあげられることが多いのですが、単角子宮も同様なのでしょうか。今回は、単角子宮とは何か、妊娠・出産への影響などについて、お話しします。

単角子宮って何?どんな種類があるの?

正常な子宮は、逆三角形に近い形になっており、左右の卵管とつながっているものです。単角子宮は何らかの理由で左右対称になるべき子宮が、左右どちらか半分しかない状態のことをいいます。

単角子宮にもいろいろな種類があり、「副角交通性」「副角非交通性」「無腔副角」「副角欠損」に分かれます。発達が不十分で小さくついている子宮を副角と呼び、ある人とない人がいます。それぞれには以下の様な違いがあります。

副角交通性

副角交通性は副角があり子宮内腔も通じているもの

副角非交通性

副角非交通性は副角はあるが子宮内腔が副角にないか通じていないもの

無腔副角

無腔副角は副角はあるが子宮内腔がないもの

副角欠損

副角欠損は副角がないもの

その状態には個人差があるので、お医者さまが検査の上で診断します。

単角子宮だとどんな影響が出るの?治療はできる?

fertilization-1132253_960_720

単角子宮の場合の影響ですが、生理痛や性交痛の原因となることがある他、通常よりも子宮内腔が狭く、形もいびつなので妊娠はできても流産や早産を引きおこしやすいようです

では、単角子宮だとわかった場合、治療はできるのでしょうか。子宮奇形には「重複子宮」「双角双頸子宮」「双角単頸子宮」「中隔子宮」「弓状子宮」など、様々な種類があります。そして、子宮形成術という手術を受けることが、治療の基本となります。

ですが、単角子宮は、子宮が片方しかない状態です。そのため、手術を受けても形を通常にすることはできません。ですが、まれに残っている副角に着床したり、感染がおこることがあります。その場合は、副角の切除手術を受けることになります。

単角子宮でも妊娠・出産はできるの?

単角子宮であっても、妊娠することは可能です。ですが、単角子宮は卵管も子宮も一つずつしかないので、卵巣が正常に機能していても、妊娠する確率は低くなることは否定できません。また、子宮の形状がいびつなことで、着床しにくいことが考えられます。

そして、無事に妊娠できたとしても、単角子宮は妊娠継続中のリスクを理解しておく必要があります。まず、子宮の形状がいびつなので、流産や早産のリスクだけでなく、常位胎盤早期剥離、胎位異常、前期破水などがおこる確率が高まります

また分娩時・産後も、微弱陣痛分娩遍延臍帯付着異常癒着胎盤子宮復古不全がおきやすいといわれています。そのため、妊娠から出産、産後の回復に至るまで、慎重に健康管理する必要があるのです

ハイリスク妊娠に対応する病院を選ぼう!

単角子宮での妊娠・出産は、それ自体がハイリスクに分類されます。まして、高齢出産である、持病がある、妊娠高血圧症候群である、妊娠糖尿病であるなどが合わせておこると、より出産のリスクがあがってしまいます

単角子宮は早い時期に告げられるはずなので、ママが自覚をもって妊娠管理をすることが、とても大事です。また、単角子宮の妊婦さんの出産経験が豊富で、ハイリスク妊娠に対応する病院で出産することが、母子の安全を考えると得策です。

地域の産婦人科をリサーチしたり、小児科も併設された総合病院での出産を検討してみてはいかがでしょう。きちんと体調管理をすれば出産は可能ですので、前向きにがんばってくださいね。

  関連記事

子宮卵管造影検査って何?受けると妊娠しやすくなるって本当?

妊活してもなかなか赤ちゃんが授からず、不妊検査を受ける女性は少なくありません。不 …

不妊治療にお灸が効くというのは本当?その方法は

インターネットで検索すると、不妊治療を専門とする鍼灸院のホームページを見つけるこ …

プロゲステロンってよく聞くけどどんな働きをするの?妊娠への影響は?

妊活を始めるにあたり、基礎体温を付けたり、妊娠しやすいようにいろいろな情報収集を …

生理後は貧血になってしまう!原因と対処法を教えて!

生理前や生理中に、体調不良を訴える女性は多いものです。生理が終われば、体調が戻る …

産婦人科で中隔子宮だと言われたけど妊娠や出産への影響は?治療法も教えて は妊娠や出産に影響する?治療法はあるの?

子宮は、妊娠8~15週の間に、左右のミュラー管が融合することで、形成されます。で …

男性も知っておこう!女性の避妊手術とは?費用や方法、手術後の妊娠について

経済的にこれ以上妊娠はしたくないというママや、子宝に恵まれたのでもう十分と考えて …

性行為障害が不妊原因であることも!その症状や治療について

みなさんは、「性行為障害」という言葉を知っていますか?性行為障害とは、性に関する …

体外受精(IVF)の一つである胚盤胞移植とは?着床率は高い?

晩婚化が進む現代では、不妊治療を受ける夫婦の数も増加傾向にあります。国や地方自治 …

睡眠不足が不妊の原因って本当?質を上げるにはどうしたらいいの?

妊活に励んでもなかなか赤ちゃんを授からず、生活習慣の改善を始めるママが多いもので …

20〜30代で閉経してしまうことも!?早発閉経とは?原因や気になる妊娠について

女性の妊娠と出産には月経が深く関わっており、閉経までの年齢では妊娠、出産が可能と …