ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

日本生命が10月に国内初の不妊治療保険を発売!解禁から発売までに時間がかかった理由と今後の期待

   

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

2016年10月2日より、日本生命は「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険“ChouChou!”」の発売を開始します。

2016年4月に金融庁は、不妊治療にかかる費用を保障する目的の医療保険の設計・販売を解禁しました。ですが、生命保険会社は販売に二の足を踏んでおり、今回の日本生命が国内初の不妊治療にも対応する保険商品を発売と、半年の時間がかかっています。

気になる保険内容と、なかなか商品化されない理由、今後期待したいことについて、お話しします。

日本生命の不妊治療保険「ChouChou」の内容

今回、満を持して発売される「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険“ChouChou!”」は、16~40歳の女性を対象としています。

三大疾病や死亡保障に対応するのはもちろん、出産時に保険金が給付されたり、体外受精と顕微授精という特定不妊治療を受けた場合の保障があったり、満期時には一時金を受け取れるという内容です。

この保険は定期保険で、保険期間を10年・15年・20年から選択することができます。気になる保険料も、契約年齢や保健期間によって変動はしますが、おおむね月額1万円程度になるそうです。

保険加入後、出産は1年間、特定不妊治療は2年間の不担保期間はあるものの、その他の病気や死亡保障をカバーしてもらえることを考えれば、結婚前から加入しておく女性もいそうです。

これまで不妊治療保険が発売されなかった理由

晩婚化が進む現代の日本では、高度生殖医療によって妊娠・出産するご夫婦が増えている実情があります。ですが、1回にかかる費用が10~100万円と高額で、それが壁となって諦めるご夫婦もいるのが現実です。

そのため、厚生労働省が特定不妊治療支援事業を始めましたが、居住地域によって受給制限や内容に違いがあります

また、不妊治療は保険適用外ということもあり、施術内容や料金設定が病院によって異なるなど、不透明な部分も多く、生命保険会社が保険設計する上でベースとなる情報が少なかったことも、不妊治療保険が発売されない理由となっていました。

ですが、日本産科婦人科学会が2013年に発表した時点で、特定不妊治療によって生まれた子どもは4万人を超えています。公的制度でサポートしきれない受け皿として、民間保険の発売が期待されたのです。

ビジネスとして成り立たないと考える保険会社が多い

安倍政権が出生率向上を目指していることに足並みを揃えた金融庁は、保険業法施行規則を改正し、今年の4月から不妊治療保険の販売を解禁しています。

ですが、生命保険会社の立場に立つと、課題が山積しています。それは、不妊治療保険に加入する女性の多くが治療を受ける意志があり、一般的な保険と比較しても、保険金を支払う可能性が高くなることです。

生命保険は相互扶助が前提の商品ですから、保険料の払い込み金額と、1回の費用が高額な不妊治療に対応する保険金の支払額を考えると採算が合わず、ビジネスとして成り立たないことを懸念する声も上がっています。

今回、日本生命が不妊治療保険の販売に踏み切ったことで、他社がどのような動きを見せるのか、加入者がどの程度になるのか、今後も注目していきたいところです。

不妊治療保険がいよいよ解禁!その内容とは?

日本の出生率アップのためには国のバックアップが必要

とはいえ、子どもがほしいと切望しながらも、費用の壁が立ちはだかって、諦めるご夫婦がいることは、出生率が下がる原因にもなるのです。

一方で、生命保険会社が採算がとれない保険を販売することに二の足を踏むのは、ビジネスとして当然のことですから、まずは国が保険治療の内容や費用の実態をきちんと調査し、その上で不妊治療のガイドラインをつくるなどの取り組みを進めることが必要な面もあります。

合わせて、不妊治療と仕事を両立できず、子どもを持つことを諦める女性もいます。介護や育児と同様に、不妊治療のための休暇をとれる制度を設けるなど、行政が動くことで民間生命保険会社が、安心して保険発売できるよう、バックアップしてくれることを期待したいですね。

不妊治療に助成金が出るって本当?医療費控除はできるの?

  関連記事

胚盤胞のグレードで着床率は変わるの?グレードの見方とは?

胚盤胞移植とは、体外受精(IVF)の一種で、受精して5~6日の間は培養器に入れ、 …

若い女性に多い全身性エリテマトーデス。妊娠して大丈夫?赤ちゃんに影響は?

持病を持っていると投薬の影響などを考えて、妊娠や出産をしても大丈夫なのかなと不安 …

見分けるのは難しい?排卵出血と不正出血の違いとは?

生理じゃないのに出血が!これは排卵出血?不正出血? 生理が始まる時期ではないのに …

排卵検査薬は通販で購入できる?注意点や日本製と海外製の違い

排卵日検査薬は病院や調剤薬局のほか、処方箋の受付を行っているドラッグストアでも購 …

不妊治療で有名な体外受精と顕微授精は男の子が生まれる確率が高い?産み分けはできるの?

愛する人との子どもが欲しい。「一緒にショッピングを楽しんだり料理を作ったりできる …

原因不明の不妊症!ピックアップ障害とは?自然妊娠の可能性はある?

近年多くの女性が妊娠を希望し、不妊治療を受けるようになってきました。長年妊娠を希 …

胚盤胞移植後にフライング検査で結果がわかるタイミングは?

タイミング法や人工授精(AIH)では妊娠に至らなかった、あるいは女性または男性の …

不妊と深い関わりのある高プロラクチン血症とは?症状をチェック!

高プロラクチン血症になった場合、不妊体質になることがあります。しかし、日常生活を …

不妊治療で効果的な生殖補助医療(ART)の種類や特徴について知っておこう

不妊治療を行っている方は「生殖補助医療(せいしょくほじょいりょう)」というものに …

子宮附属器炎は早期発見&早期治療が大事!どんな病気?

子宮附属器炎とは、卵管や卵巣などの器官が細菌感染をおこし、炎症をおこす状態のこと …