ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

生理を早めるツボがある!イベント時や生理不順時に実践!

   

314824f63106a65c8a1702be941dc0e0_s

もうすぐ旅行に行く、海に行くなど何かしらのイベントがあると、そのイベントと生理が重ならないか不安になりますよね。せっかく楽しみにしていたイベントでも、生理が重なると思うように楽しめないことも…。

それだけでなく、そろそろ生理が来るはずなのに全く気配がないいつも生理が遅れがち…という方もいるはず。そういった方に是非とも試して欲しいのが生理を早めるのに効果的なツボです。

生理周期を変更するために薬を飲むのは抵抗があるという方も多いかもしれませんが、ツボ押しならば気軽に実践できるのではないでしょうか。ツボを押すだけでイベントと生理の日程をずらしたり、生理周期を整えるのにも役立つというのは嬉しいですね。

具体的なやり方についてご紹介します。

ツボ押しで生理を早めることは本当にできる?

そもそも生理とは何なのかというと、これは妊娠のために厚くなっていた子宮内膜が不要となった際に剥がれ落ちて血液と一緒に排出される現象です。女性の体の中では妊娠に向けて子宮内膜を厚くする不要になったら排出するという現象が繰り返し行われています。これが月経ですね。

では、なぜその生理に対してツボ押しで影響を与えられるのでしょうか。これはツボの中には女性ホルモンの分泌と関わっているものがあるためです。

ツボ押しをして女性ホルモンの分泌を促すことにより、子宮や卵巣の機能が活発になり生理が早まります。こういったツボは「月経点」と呼ばれ、生理を早めるだけでなく生理痛の緩和にも役立ってくれるのです。

生理を早めるのに効果的な2つの月経点

生理を早める働きや生理痛と関わっているツボとして代表的なものを2つご紹介しましょう。

三陰交(さんいんこう)

女性の体に対して様々な働きをすることから万能のツボと言われています。生理を早めるほか、生理不順生理痛不正出血を改善したり、更年期障害情緒不安定を和らげる働きも持っているツボです。

体を温める効果も持っているので冷え性に悩んでいるという方もぜひチェックしてみてくださいね。

また生殖器の機能改善効果もあることから不妊に悩んでいる方も押してみましょう。

三陰交の場所と押し方

292377

内くるぶしから指4本分くらい上の位置にあります。骨と筋肉の境目に位置しているのでゆっくりと息を吐き出しながら静かに押しましょう。息を吸いながら離し、3回ほど繰り返して押します

血海(けっかい)

刺激すると子宮周辺の血流を改善できます。体の中でたくさんの血液が集まっている場所でもあるため、冷え性の方や血行不良を実感している方は押してみましょう。

血海の場所と押し方

424537

太ももにあります。膝の皿より指4本分くらい上側で、立った時にできるくぼみから指3本分くらい上の位置です。

両手の親指を重ね少しずつ力を入れて押しましょう。3秒押したら3秒離すというのを3分ほど繰り返します

ツボ押しをする際の注意点

とにかく強く刺激すれば良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、ツボ押しの基本は痛いけれど気持ち良いというのを目安にするということです。強く押し過ぎると筋肉の炎症にもつながるので気をつけましょう。

また、適度な力加減で押したとしても長時間続けると同じく筋肉の炎症につながります。やりすぎないように気を付けてみてくださいね。

それからツボ押しをするのに向いていない人というのもいます。例えば、肝臓や心臓に不調を抱えている方ツボ押しをすることで状態が悪化する可能性があるので控えましょう。それから飲酒後や体調不良時にツボ押しをすると効果が強く出すぎてしまうこともあるので避けておいてくださいね。

ツボ押し以外に効果的な生理を早める方法は?

ツボ押しで生理を早める方法についてご紹介しましたが、他にも効果的な方法として体を温めるということがあげられます。血行を良くして生殖器周りの血流を良くすると生理も来やすくなるため、体を温める食材や半身浴も取り入れてみてくださいね。

食物中ではかぼちゃ玉ねぎりんご玄米などを取り入れると効果的です。トマトやキュウリ、レモン、バナナなどは体を冷やすので避けましょう

大事な予定があるときは生理を早めて対応しよう

生理を早める方法についてご紹介しました。直前にツボ押しをしても高い効果は期待できないため、できれば生理予定日の2週間くらい前から始めてみてくださいね。

1週間くらい前でも効果を実感できる方が多いのですが、ツボ押しをしたからといって100%生理を早められるというわけではありません

あくまで生理の日程を調整する一つの対策として実践してみましょう。

  関連記事

セロトニンが不足するとどうなるの?セロトニン不足の症状と原因を知ろう!

近年、さまざまな場面で話題になっている「セロトニン」。セロトニンは、脳内で神経間 …

妊活中のママは必見!不妊や流産の原因である黄体機能不全のこと

妊活を始めたものの、なかなか赤ちゃんを授からなかったり、残念ながら流産してしまう …

不妊の定義が変更になったって本当?その理由とは

2015年6月、日本産婦人科学会が、不妊症の定義を変更することを発表したことは、 …

ホルモンバランスが乱れるとどうなるの?ホルモンバランスの乱れるとおこる症状と改善策とは?

「ホルモンバランスが崩れると体調が悪くなる」と聞いたことがある人も多いでしょう。 …

女性特有の悩み、冷え性を解消すれば妊活もスムーズに?不妊治療時におすすめの冷え性対策!

女性の中には冷え性に悩む人がたくさんいます。冷え性だからとその症状と何となく付き …

高温期の維持に良い食事って?効果的な栄養素と食事の摂り方を知ろう

妊娠を望む人にとって高温期はドキドキものですよね。妊娠を維持していく大切な高温期 …

生理痛の症状としておこる頭痛。原因と対処法が知りたい!

生理痛と聞くと、下腹部痛を思い浮かべる女性が多いと思いますが、あらわれる症状は他 …

妊娠しやすい体づくりにはコツがある?子宮温活で妊娠しやすい体質になれるか!

妊娠というと、結婚したら自然とスム-ズにできるイメ-ジが多いものです。親世代の話 …

日本生命が10月に国内初の不妊治療保険を発売!解禁から発売までに時間がかかった理由と今後の期待

2016年10月2日より、日本生命は「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保 …

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)でも、妊娠できる?注意すべきことは?

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は、女性に多い病気の一つです。20~30代の女性に …