ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

着床時期に飲酒・運動をした場合の影響は?どれくらいなら平気?

   

着床時期の過ごし方というのは妊娠成立とも深く関わっています。この時期に着床を妨げるようなことを行うと、せっかく成立しかけていた妊娠が不成立となる可能性もあるわけです。

不妊に悩んでいる方の中には、知らず知らずの内に着床時期に問題のある過ごし方をしている方もいます。そのような状態だと当然ながら妊娠の可能性も低くなるでしょう。

特に「飲酒や運動は着床と何か関係している?」という疑問がありますよね。日常的に飲酒している方や趣味で運動している方などにとっては、気になるポイントのはず。

ここでは着床する時期に飲酒・運動をした場合の影響と理想的な過ごし方についてご紹介します。

着床時期はいつ?

そもそも着床時期とはいつなのかというと、これは受精してから約7日~10日のことです。排卵後から考えると2週間くらいの時期となっています。

受精卵ができ上がれば妊娠するのでは?と思うかもしれませんが、着床が成功しなければ妊娠には繋がりません

着床時期の飲酒がもたらす影響

妊活をしている人の場合、お酒は一切飲んでいないという方が多いことでしょう。妊娠中のアルコールは一週間に一度、一杯程度であれば問題ないとされていますが、基本的には避けておいた方が良いとされています。

ですが、着床には何か影響を与えるのでしょうか。結論から言うと大量に飲まない限り大きな問題はありません。妊娠中にお酒を避けた方が良いと言われるのは、母体の摂取したものが胎盤を通して赤ちゃんに送られるということが大きな理由です。

しかし、着床時期というのはまだそのような機能が備わっておらず、母体の摂取したものが胎児に影響をもたらすようなことはありません。

飲まないのが理想的

普段から大酒を飲んでいると妊娠しにくくなるというデータもあります。

また、マウスによる研究では、着床時期にアルコールを与えたところ悪影響が見られたという結果もあるので、注意しておくに越したことはありません。

お酒への耐性やリスクというのは個人差が大きく、「一日にこれくらいまでならばOK」というのは難しいです。お酒が強い人でも弱い人でもたくさん飲めば飲むほどリスクは高まると考えておきましょう。

一日くらいならば大量に飲んでも影響はないのでは…と思うかもしれませんが、健康な赤ちゃんの妊娠を望んでいるのであればお酒は飲まないのが理想的です。

これは着床時期に限った事ではありません。胎盤ができて母体が摂取した栄養素などが赤ちゃんに送られるようになると、お酒を飲んだ際にアルコールの成分も赤ちゃんに送られます。これがいかに良くないことなのかというのは容易に想像できますよね。

ストレス発散目的で少量飲むくらいなら問題なし

アルコールにはストレスを発散する効果リラックス効果もあります。そのため、妊娠中でもほんの少量であれば飲酒は問題ないと考えている医師も多いようです。

たとえ着床時期に飲酒したとしても、あまり深く考えすぎないようにしましょう。考えすぎによるストレスがかえって妊娠を妨げることもあります

着床時期の運動がもたらす影響

適度な運動であれば問題ありません。着床時期は受精卵がしっかり根づくのを待つ時期でもあるため、このタイミングで運動すると定着しかけていた受精卵が流れてしまうのでは…という心配がありますよね。

しかし、適度な運動ならばそういった心配はありません。普段から体を動かすことが日課という方もそれをやめる必要はないでしょう。

激しい運動はNG

終わった後に疲れて座り込むような負荷の強い運動は避けましょう。そういった運動は身体にストレスを与えます。

ストレスを溜め込んでいる方は着床しにくいというデータもあるので、あくまで適度な軽い運動を取り入れるように心がけてみてくださいね。

着床時期の過ごし方

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s

着床時期に注意したいのは飲酒と運動だけではありません。喫煙も避けましょう

また、過度なストレスがたまるのを避けたり、栄養バランスが整った食生活を心がけるということも重要です。健康的な生活を目指した方が妊娠の可能性は高まるため、普段の日常生活の中で改善できるポイントがないか見直してみてくださいね。

着床時期だからといって普段と生活を大きく変える必要はありません。考え過ぎるとストレスにもつながるので、健康的な生活を心がけたら必要以上に気にしすぎないようにしましょう。

  関連記事

卵巣嚢(のう)腫ができちゃった!妊娠はできるの?腫瘍の症状や治療法など

腫瘍と聞くと、「がんかポリープ?私には関係ない。」と思う人が多いのではないでしょ …

生理が遅れるのは妊娠だけじゃない!検査薬が陰性なのに生理が来ない時の理由とは?

わりと規則的に来ている生理が今月は遅れがち…。もしくは、なかなか生理が安定せずに …

妊活中なら知っておきたい!卵子の老化が妊娠に与える影響とは?

晩婚化や高齢出産の増加に伴い、不妊治療を行う夫婦も増えています。不妊の原因にもい …

妊娠すると増えると言われているhCG値って何?妊娠検査薬とも大きな関係が!

妊娠チェックをする際に重要になるhCG値についてご紹介します! 妊娠したかどうか …

妊活中のママは必見!不妊や流産の原因である黄体機能不全のこと

妊活を始めたものの、なかなか赤ちゃんを授からなかったり、残念ながら流産してしまう …

子宮に出来る腫瘍には種類が二種類!?良性腫瘍と悪性腫瘍はどう違うの?

子宮は女性にとって大切なものです。子宮が病気になると、身体の様々なところに体調不 …

妊活者必見!性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)と妊娠の関係とは?

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)とは、妊娠には必要不可欠とされるほど、重要な役 …

女性ホルモンにはどんな働きがあるの?2つのホルモンが体におよぼす影響とは?

女性の体を支える上で重要な役割を担っている女性ホルモン。 女性ホルモンには2つの …

乳ガン治療薬の「ノルバデックス(タモキシフェン)」って排卵誘発効果があるの?体重増加する?

「ノルバデックス(タモキシフェン)」という薬を聞いたことはあるでしょうか?ノルバ …

着床障害(着床不全)でも妊娠出来るの?検査方法や治療法とは?

不妊症の原因の一つである「着床障害」。定期的な排卵があり、月経不順などを認めなく …