ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊活中に薬を飲むのは問題?気をつけたいことは?

   

cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_s

妊活中に体調がすぐれないとき、自宅にある市販薬を飲んでしまった経験をもつ女性は、案外多いのではないでしょうか。

ですが、妊娠超初期の場合、自覚症状が出ないので、妊娠に気づかずに予防接種を受けてしまったり、薬を飲んでしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性はゼロではありません。

そこで今回は、妊活中に薬を飲むことについて、一緒に考えてみたいと思います。妊活中に薬を服用することでの赤ちゃんへ影響や、服用を気をつけたい薬、予防接種についても、お話しします。

妊活中の薬による赤ちゃんへの影響は?

妊活とは、赤ちゃんを授かることを目的に活動することをいいます。そのため、始めるときには、女性は妊娠していません。

ですが、妊活中は妊娠する確率が高まっており、市販されている妊娠検査薬で陽性反応が出る前に、すでに妊娠が成立している妊娠超初期には、お腹の中で受精卵が猛烈な勢いで細胞分裂をくり返しています。

赤ちゃんにとって大事な器官がつくられるのは、妊娠4~7週といわれており、この間に不用意に薬を飲むと、赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性があります。妊娠4週だと、自分が妊娠している自覚がないママもいるので、注意が必要です。

そのため、妊活中は不用意に薬を飲まないよう、心がけるのが基本です。また、妊娠8週以降も、産婦人科で処方された薬以外は飲まないようにしましょう

妊活中の服用に気をつけたい薬とは?

市販薬でも、胃腸薬や風邪薬、痛み止めなどを、一時的に服用する分には、問題がないとされています。花粉症の薬も、同様です。

ですが、妊娠に気づかないまま、そうした市販薬を飲み続けてしまうと、含まれている成分によっては、お腹の赤ちゃんの発育不全や奇形がおこるリスクが高くなります

特に、妊娠4~7週の間に、ホルモン剤やワルファリン、向精神薬といった催奇形性の高い成分が入った薬を飲んでしまうと、赤ちゃんに奇形がおこる確率があがってしまいます。

妊活を始める際、すでに持病があり、薬を服用しているときには、主治医に妊活を始めることを伝え、妊娠後にも服用できる薬に変えてもらうよう、あらかじめ相談しておくことをおすすめします

妊活中の予防接種も気をつけたい

e08a2365c87c790c0aa3319478724b23_s

妊娠中に感染症にかかるのを防ぐために、妊活中に予防接種を受けようと考える女性もいることでしょう。ですが、妊活中は気づかずに妊娠していることを考えると、避けた方がよい予防接種もあります。

日本産婦人科学会が提唱する「産婦人科診療ガイドライン」によると、妊娠中の女性への生ワクチンの接種は、原則として禁忌とされています

生ワクチンには、BCG(結核ワクチン)やポリオ、麻疹、風疹、おたふく風邪、水疱瘡、黄熱などがあります。妊活を始めているなら、こうした生ワクチンの予防接種は控えましょう。

一方、不活化ワクチンの場合は、妊娠中でも受けることができます。A型あるいはB型肝炎やインフルエンザ、HPV(ヒトパピローマウイルス)などの予防接種は、受けても問題ないでしょう。

妊活中の薬については影響を確認してから

日本産婦人科医会では、「妊娠中は使用を避けたい薬」や「慎重に使いたい薬」について、ガイドラインを設けています。

抗菌剤や抗ウイルス剤、抗高脂血症薬、抗がん剤、睡眠薬、抗潰瘍薬、抗凝固薬、ホルモン剤、生ワクチンは、妊娠の可能性があるなら、避けたい薬です。それらに含まれる成分を知り、妊活中は服用しないように心がけるのが基本です。

そうした意味では、市販薬を飲むより、病院で妊活中であることを伝えたうえで、より安全な薬を処方してもらう方が無難です。かかりつけの先生に相談しながら、薬を服用しましょう

  関連記事

不妊に悩む人におすすめ!妊活に問入れたいヨガポーズとは?

妊活に効果的な対策はいろいろありますがヨガもおすすめ!やり方をご紹介します 不妊 …

ホルモン剤であるルトラールを飲むと、副作用で太るって本当?

不妊治療の際、ホルモンバランスを整える目的で使われる薬の一つに、「ルトラール」が …

不妊治療で果たすピルの役割って何?飲まなければいけないの?

ピルと聞くと、予定がある時に生理開始日をずらす、あるいは経口避妊薬としてイメージ …

卵子の老化を防ぐ生活習慣まとめ!妊娠力をアップして妊活!

加齢の影響に伴い老化するのは肌や髪の毛だけではありません。実は卵子も老化するので …

生理不順は食生活で改善できるって本当!?生理不順に効く生活習慣の改善方法とは?

生理の周期が不規則になってしまう生理不順。慢性的に生理不順の人もいますが、なんら …

エストラジオールの基準値・正常値は?高い・低い場合の原因と対処

エストラジオールとは女性の生殖器の発達と深い関係を持った女性ホルモンの一種であり …

もしかして妊娠できないの?原発性無月経の原因と治療法は?妊娠可能な場合もある?

女性の体は、排卵や月経など、赤ちゃんを産むための準備を毎月しています。しかし、月 …

話題の妊活法「シリンジ法」とは?費用を抑えて妊娠率を高める!

妊活のためになにか効果的な方法を取り入れたいと思っている方にぜひチェックして欲し …

辛い症状がある生理中、整体を受けても大丈夫?

生理中に、腹痛や腰痛、イライラなど、不快な症状に悩む女性は多いものです。症状によ …

妊活中の女性がかかることが多い、葉状腫瘍の原因と治療法のこと

妊活を行うにあたって、女性ホルモンの働きが重要です。そして、女性ホルモンの分泌が …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss