ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ED治療薬シアリスの効果と副作用。持病がある人でも飲めるの?

   

ebbc41157c00aef8dd1bfb28944df336_s

昔は赤ちゃんができないと女性側だけに原因があると責められる時代でしたが、近年不妊は男女どちらに原因があるかわからない、双方の同意と検査が大切だと言われる時代になりました。

男性不妊の理由の1つとしてED(勃起不全)があげられますが、EDの治療薬にはさまざまなものが利用されています。

ED治療薬といえばバイアグラが有名でしたが、今最も利用されている新しいED治療薬のシアリスについて、効果や副作用、服用する場合の注意点などをまとめてみました。

シアリスってどんな薬?

ED治療薬で、日本では2007年7月から発売されるようになりました。薬価のない薬価基準未収載の薬に分類されるため、どこの病院で処方してもらっても保険適用外となります

今までメインで使われてきたED治療薬のバイアグラやレビトラと違って、投与してから36時間まで有効性が認められていることが特徴です

これまでのED治療薬は効果が短期間のため、効果のある間に…という焦りやプレッシャーがありましたが、シアリスの場合はそういった不安がなく、体内に吸収した後は食事の影響も受けないため今どんどん広まってきているお薬です。

海外での誕生は2002年10月と比較的まだ新しい薬です。発売以来世界100カ国以上、1000万人以上の患者さんに使用されていて、2013年8月にはED治療薬として全世界シェアが42%となり、バイアグラを超えて世界で1位となりました

シアリスの成分と効果、バイアグラとどこが違うの?

シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」と呼ばれるもので、性的刺激に応じてのみ、勃起機能を改善する効果が認められています。

タダラフィルは水に溶けない性質をもっていて服用後30分~4時間ほどで最高血中濃度に到達します

タダラフィルはPDE5 阻害剤ともいわれていて、勃起を鎮める成分であるPDE5の作用を抑えることで、勃起状態が弱まるのを防いでくれる効果があります。

シアリスは投与10㎎で20~24時間、20㎎で30~36時間にわたって効果を維持することができます。

従来品であるバイアグラやレビトラは効果持続時間が4~6時間で、なおかつ食事の影響を受けていたため患者さんにとっては、その時間内に性交渉を行わなければいけないなどというプレッシャーが大きな問題でした。

シアリスの登場により時間や食事の制限がなくなったことで、リラックスした状態でED治療を行うことができるようになりました。

シリアスの副作用や注意点

シアリスにも他のED治療薬と同様に副作用があります。ですが他の薬に比べると副作用は少ないとされています。

現れやすい副作用としては頭痛ほてり消化不良発疹蕁麻疹などが発生します。重大な副作用としては顔面浮腫離脱性皮膚炎などの過敏症が発症する場合もあるため注意が必要です。

万が一副作用が出た場合は、ただちに薬の服用を中止して病院を受診するようにしましょう。

シリアスの飲み方

シアリスはのんびり効果が出てくるタイプの薬のため、服用するタイミングは性行為を行う3時間前ごろが理想とされています。

個人差はあるもののおよそ3時間程度で血中濃度のピークに達して、その後は最大36時間効果が持続するため早めに飲んでも問題ありません

食事の影響は少ないとはいわれていますが、食後よりは食前のほうが、効果がでやすいとされています。薬の効果をより多く発揮させるためには服用後30分以上は飲食を避けるほうがおすすめです。

持病があっても服用できるの?

風邪などの軽度の病気の場合は、服用に問題ない場合がほとんどですが肝臓や腎臓、血液や陰茎の病気がある人は服用前に必ずかかりつけ医に相談するようにしましょう

また絶対禁忌とされているのが、狭心症など心臓の病気でニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している人です。シアリスを服用した場合、重篤な副作用が現れる恐れがあるため絶対に服用しないようにしましょう

また高血圧や低血圧などの病気の人も禁忌とされています

プレッシャーのかからないED治療薬

4bc2467f57ea94eb52948ec575076fce_s

シアリスは効果がゆっくり長く効くため、服用後に早く性交渉を行わないと…とプレッシャーを感じることが少なくなりました。焦りやプレッシャーがあることで余計にEDが進んでしまっていたのですが、シアリスの場合はリラックスした状態で望めますよね。

効果がゆっくり長く、副作用がおこる確率も他の薬に比べて少ないため比較的安心して服用できるのもいいところです。

保険適用外のため自費になってしまう部分は辛いですが、シアリスはED治療専門の病院でなくとも、内科や泌尿器科で処方してもらえるので一度相談してみてくださいね。

  関連記事

赤ちゃんが欲しくなったらすぐにでも始めよう!妊活とはどんなことをするの?

「そろそろ赤ちゃんが欲しいな…」妊活の基本について知ろう! 妊活とは、「妊娠する …

国が難病指定するアペール症候群の原因と治療法について

日本では、さまざまな病気が難病指定されています。「アペール症候群」も、国から難病 …

高温期っていつからいつまでのこと?妊娠の可能性を知るにはどうしたらいい?

特に妊娠をしたいと考えている人にとって、基礎体温表は妊娠力を上げる大事な判断材料 …

不妊に繋がる可能性のある過少月経とは?生理の出血量が少ないなら注意!

自分は生理が来てもすぐに終わるし出血量も少ないからとても楽、と感じている方は注意 …

受精卵は赤ちゃんを作るための大切な器。成長の流れを知っておこう!

赤ちゃんが欲しい、妊娠したいと思っていても、赤ちゃんがいつおなかに来てくれるかは …

輸入食品だけではなかった!?妊活に効果的なスーパーフードとは?

皆さんは「一般社団法人スーパーフード協会」の存在をご存知でしょうか。昨今、飲食店 …

着床時期に飲酒・運動をした場合の影響は?どれくらいなら平気?

着床時期の過ごし方というのは妊娠成立とも深く関わっています。この時期に着床を妨げ …

ホルモン剤であるルトラールを飲むと、副作用で太るって本当?

不妊治療の際、ホルモンバランスを整える目的で使われる薬の一つに、「ルトラール」が …

生理不順を招く病気紹介!日常生活での注意点もチェック!

生理不順ではあるものの、そのうち来るから特に気にしていないという方も多いのではな …

排卵日特定のヒントに!排卵によっておこる症状を観察してみよう

排卵日って?算出方法と、特定に役立つ症状を紹介します! 妊活をスタートするにあた …