ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

女性ホルモンにはどんな働きがあるの?2つのホルモンが体におよぼす影響とは?

   

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

女性の体を支える上で重要な役割を担っている女性ホルモン

女性ホルモンには2つのホルモンが存在するのですが、女性が毎月悩まされる生理や、それに伴うイライラや不快感、生理痛などもすべて女性ホルモンが関係しているって知っていましたか?

生理だけではなく、妊娠・出産を継続していくためにも女性ホルモンは大きな役割をもっています。そんな女性ホルモンの主な働きと、それぞれのホルモンが体におよぼすさまざまな影響についてまとめてみました。

女性ホルモンって?

女性ホルモンとは、女性の体や心にさまざまな影響を与える存在です。

実際には女性ホルモンという名前のホルモンはなく卵胞ホルモンである「エストロゲン」黄体ホルモンである「プロゲステロン」の2つを総称して、女性ホルモンと呼んでいます。

生理終了後~次の排卵までの間はエストロゲンの分泌量が多くなり、排卵後~生理が終わるまではプロゲステロンの分泌量が多くなります。

エストロゲンの働き

エストロゲンは別名、美のホルモンとも呼ばれていて、女性らしさを作り出してくれます。

子宮内膜を厚くしたり、卵子を育てるなど妊娠に向けての体づくりをするほか、肌の潤いやハリを出し、新陳代謝を促して痩せやすい体にしたり骨や血管を丈夫にしてくれたりします。

生理が終わってからの期間が肌の調子がよくなったり、痩せやすくなったりするのはこのホルモンの影響で、エストロゲンは400以上の機能を持つ大切なホルモンです。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは別名、母のホルモンと呼ばれていて、妊娠を維持する働きがあります。

妊娠を継続するために、身体のさまざまな機能を妊娠に向けて機能させるため皮脂分泌が過剰になったり、むくみやすくなったり、代謝が遅くなったりします。

生理前におこるイライラや不快感などの月経前症候群(PMS)の症状はこのプロゲステロンが原因とされています。

女性ホルモンのバランスが乱れるとこんなトラブルが…

エストロゲンもプロゲステロンも脳の視床下部から指令をうけて、卵巣から分泌されています。ですが何らかの事情によって脳がうまく指令を出せていなかったり、卵巣の働きが弱まっていたりするとホルモンバランスが崩れてしまいます

女性ホルモンはとてもデリケートな存在で、日常生活のほんの些細なことに影響されやすい存在です。

無理なダイエットを行うことで生理が止まったり、妊娠したかも?と不安になることで生理が遅れたりすることでもわかるように精神的なストレスや睡眠不足・暴飲暴食・無理なダイエットなどは天敵です。

この2つのホルモンのバランスが崩れてしまうと生理痛や月経前症候群(PMS)、排卵障害などのトラブルが出てしまい、ゆくゆくこれが不妊症へのきっかけになってしまう場合もあります。

女性ホルモンを整えるためにできること

b8787b830d446e8b395b2c6aafb8200b_s_427

女性ホルモンのバランスは崩れるのも簡単ですが、整える方法も簡単です。

女性ホルモンのバランスを整えるためには、3食バランスの整った食事や、質の良い睡眠、ストレスのない生活や、健康的な生活スタイルを送るだけでいいのです。

どれもこれも方法としては簡単ですが、実際に実践できるかどうかが問題ですよね。

ですが女性ホルモンの乱れは、女性にとって大きなトラブルの元です。実践できるところから実行してみるようにしましょう。

女性の支え、女性ホルモンを大切にしよう

女性ホルモンは実に多くの働きを持っています。

良い効果もあれば困る効果もありますが、困った効果が出るのにはきちんとした理由があります。生理前のイライラや不快感も、妊娠に備えるための準備と思えば少し乗り越えられるのではないでしょうか?

ですが、過度な月経前症候群(PMS)などホルモンバランスの乱れが原因と思われるトラブルは立派な病気の1つです。ホルモンバランスの乱れのひどい人は我慢せず婦人科に相談してみるようにしましょう。

  関連記事

生理じゃないときに子宮が痛い!左右で痛みを感じる原因と対処法は?

生理がある女性であれば、誰でも生理痛の経験はあることでしょう。それが生理前からお …

子宮にも正しい位置があるって本当?妊娠にも影響する?

受精卵が着床し、出産まで赤ちゃんを育む子宮は、女性にしかない大切な器官です。 通 …

子どもを持つ前に夫婦で遺伝病予測ができるとしたら?そのメリットとリスク

2017年5月、国内大手のジェネシスヘルスケア社という遺伝子検査会社が、来年にも …

早めに知っておきたい!閉経前の症状、兆候とは?また平均年齢は?

一般的な閉経の平均としては、50歳前後といわれています。あくまでも平均なので個人 …

生理が遅れるのは妊娠だけじゃない!検査薬が陰性なのに生理が来ない時の理由とは?

わりと規則的に来ている生理が今月は遅れがち…。もしくは、なかなか生理が安定せずに …

生理じゃない?中間出血の原因や症状とは?生理との違いって何?

生理が終わった後から次の生理までの間に不正出血があることを、中間期出血と呼びます …

人工授精(AIH)と体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)の違いとは?

健康な男女が避妊せずに夫婦生活を持ち、1年たっても妊娠しないときには、不妊症であ …

不妊原因である精路通過障害の原因や症状、治療方法とは?

不妊症の原因の半分は男性によるものですが、その症状は様々です。「造精機能障害」や …

不妊治療に使われる事も!?低用量ピル「トリキュラー」について

経口避妊薬といえば、その名の通り避妊する目的で使用されるイメージが先行しがちです …

経口避妊薬であるシンフェーズは効果があるの?気になる副作用は?

女性の中には、妊娠を避けるために、経口避妊薬の服用を検討する人もいることでしょう …