ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊活では排卵日が重要!予測方法や妊娠確率の高いベストタイミングとは?

   

医学的なサポートを受けず、夫婦生活をもつだけで赤ちゃんを授かることを、「自然妊娠」といいます。

避妊を止めるなどして妊活を始めても、すぐに妊娠できるとは限りません。自然妊娠の確率は、夫婦の年齢によって大きく変わることが知られていますが、年齢を問わず、精子と卵子が出会うタイミングがずれても、受精することはできません

説によって日数が前後するものの、受精成功にベストなタイミングは排卵前の数日間とされます。ですから自然妊娠の確率をあげるためには、排卵日の予測がとても重要になってくるのです。

そこで今回は、排卵日の特定方法として代表的なものや、妊娠に適した性行為のタイミングについて紹介していきます。

なぜ排卵日の特定が重要なの?

後ほど詳しく解説しますが、卵子と精子にはそれぞれ異なった長さの寿命があり、受精可能な状態になるタイミングも限られています

つまり妊娠が成立するには、両者の寿命のあいだにきちんと出会って受精できるよう、タイミングをはかって夫婦生活を持つことが大切なのです。

また冒頭でも述べたように、最も妊娠しやすいのは排卵当日ではなく、排卵前の数日間の性行為とされています。排卵日がある程度予測できれば、ベストタイミングを狙って妊娠確率をアップすることもできるので、ここではまず、その予測方法を紹介します。

排卵日の特定法はおもに4つ!

排卵日を予測する方法として代表的なものが4つあります。

基礎体温表

基礎体温の変化から、排卵日のみならず、排卵や妊娠の有無、黄体期の経過、次の生理開始日の目安などが推測できるとされています。

基礎体温とはもっとも安静にしている状態での体温のことで、計測にあたっては以下のような注意点があります。

  • 必ず目盛りが細分化された婦人体温計を用い、舌下で計測する
  • 毎日同じ時間帯に計測を行う
  • 起床後寝たままの体勢で、身動きせず安静を保つ

基礎体温をグラフ化すると、「低温期」と「高温期」の二層になっていることがわかります。WHO(世界保健機構)では、基礎体温からみる排卵日を、以下の4つに定義しています。

  • 体温が最低の日
  • 体温が陥落する日
  • 低温期の最終日
  • 高温期の初期導入期(高温期に変化してから数日)

この方法では排卵日を正確に特定することはできませんが、最低体温日の前後数日間に排卵が起こると予測できます。近年の研究では高温期に変化してから3日間のうちに起こるという説が有力なようです。

また基礎体温の計測は妊娠後にも役立つため、妊活中から習慣づけてみましょう。

妊活中だからちゃんと知っておきたい!排卵日の計算方法とは?

福さん式排卵日特定法

これは元助産師の福さんがインターネット上で公開し、人気を集めているものです。福さん式では、自分の指を膣内に入れ、子宮口の位置と開き具合、硬さ、おりものに触れて、日々の変化をチェックします。

まず排卵日が近づくと、以下のような変化が起こるといいます。

  • 子宮口が下がり、いつもより指が届きやすくなる
  • 子宮口が柔らかくなり、ゆるく開く
  • おりものの量が増える
  • おりものはゆるい乳白色のゼリー状で、つまむとよく伸びる

こうした兆候があった4~5日後に排卵が起こるとされています。福さんによれば、妊娠確率がもっとも上がるのは排卵2日前とのことなので、上記の兆候から2日~3日後頃を夫婦生活の目安にするとよいでしょう。

福さん式排卵日特定法は誰にでも簡単にできますが、注意してほしいことがいくつかあります。

  • 細菌感染を防ぐため、触診の前に必ず手指を清潔にする
  • デリケートな部位なので、チェックするのは1日1回程度にする
  • 無排卵月経の場合など、排卵の兆候があっても必ず排卵するとは限らない

また基礎体温表も併用すると、排卵日予測の確度が上げられるでしょう。

妊活に役立つ!?福さん式排卵日特定法について教えて!

排卵検査薬をつかう

排卵検査薬とは、尿に含まれるホルモンの濃度を検知して、排卵日を予測するための道具です。

黄体形成ホルモン(LH)は、排卵前に濃度が急激にアップします。これを「LHサージ」といい、排卵はその36~40時間後に起こると考えられています。

排卵検査薬は、次の生理開始予定日の17日前から使うのが基本です。毎日同じ時間帯、できれば朝夕の2回使い続けることで、LHサージを検知することができます。

LHサージをより正確につかむために、以下のことに注意してください。

  • 排卵検査薬を使う2時間前から飲食を控える
  • 朝一番の尿で検査しない

排卵検査薬には、紙コップに尿を採取して浸すタイプと、指定の部分に尿を直接かけるタイプの2種類があります。どちらでも結果は変わらないので、自分の使いやすい製品を選びましょう。また基礎体温表を併用すると、よりLHサージをつかみやすくなるはずです。

ちなみに、ネット上などで「排卵検査薬を妊娠検査薬の代わりに使う」という例もみられますが、妊娠後に分泌されるhCGホルモンからLHサージを誤検出することがあり、正確性に欠けるのでやめましょう。

妊娠のベストタイミングは排卵日ではない!?排卵検査薬の使用方法や、薄い陽性が続くときの対処法とは?

オギノ式の「危険日」「安全日」とは?

「危険日」「安全日」といった用語をご存知でしょうか?危険日は「妊娠しやすい日(期間)」安全日は「妊娠しにくい日(期間)」という意味です。

これは1924年に荻野久作博士が考案した「オギノ式排卵期特定法」に由来するもので、生理周期から排卵日とともに算出できるとされています。

オギノ式は海外を中心に避妊法として広まったこともあり、日本でもまだまだ、そうしたイメージが薄れていません。

たとえば「安全日の性交渉では、避妊具をつけなくても妊娠しない」といった誤解です。しかしオギノ式は本来、不妊に悩む女性のために考案された「妊娠の確率を上げる」目的の計算法なのです。

荻野博士自身も「女性には、妊娠しないという意味の安全日などない」と、オギノ式の誤用が広まったことを嘆いていたといいます。なぜなら女性の体はデリケートで、特に排卵日や生理周期は、ストレスなどで簡単にずれてしまう可能性があるからです。

ただし本来の目的のように、妊娠率アップのための参考とすることはできます。
 

生理周期が安定している場合のオギノ式計算方法

生理周期が安定している場合は「オギノ式」を用いて排卵日の予測が行えるとされています。

排卵日

オギノ式では、次の生理予定日の14日前、その前後2日に、排卵が起こると予測します。そのため、生理周期の個人差、日数の長短を考慮する必要がありません。卵子や精子の寿命、受精のしくみを考慮すると、オギノ式を用いて妊活をする場合は、次の生理予定日から16日程度さかのぼった日に夫婦生活を持つとよいでしょう。

危険日

妊娠する可能性が高い時期のことです。オギノ式では排卵日の3日前から2日後にかけてを危険日として扱います。

安全日

危険日にくらべて妊娠する可能性が低い時期のことです。決して「妊娠確率がゼロの日」「避妊しなくても妊娠しない日」という意味ではありません。オギノ式では生理予定日の1週間前から生理予定日までを安全日として扱います。

ただし、オギノ式は避妊方法として用いるには非常にリスクの高いものです。妊娠したい女性がタイミングの参考に利用するのは問題ありませんが、赤ちゃんを望まない時期にオギノ式だけで避妊を試みるのはやめましょう避妊にはコンドームやピルを用いるのが基本です。

また排卵日特定の精度を上げるには、基礎体温やおりものの観察など、複数の方法をあわせることをおすすめします。

生理周期が安定していない場合のオギノ式計算方法はある?

生理周期が安定していない女性の場合は、基礎体温表や福さん式、排卵検査薬など、オギノ式以外の方法が必要になります。それらの方法を数カ月続ければ、自分の低温期や高温期、排卵のタイミングなど、身体のリズムをつかみやすくなるでしょう。

とはいえ100パーセント正確に次回の排卵日や生理周期、危険日・安全日を予測することは、現代では不可能です。

「危険日」「安全日」はあくまで参考程度に!

危険日や安全日を知っていれば、妊娠率アップの参考にはなります。

ですが何度も述べているように「絶対に妊娠しない日」「絶対に妊娠できる日」というものはありません。オギノ式などで算出した安全日の性行為で妊娠したり、危険日を狙って夫婦でタイミングをとったのに妊娠できなかったりといった可能性も少なくないのです。

ですから自分の「危険日」「安全日」が把握できたとしても、あくまでも参考とする程度にしましょう。

性交渉のベストタイミングはいつ?

卵子の寿命は24時間といわれていますが、実は受精可能な時間は、そのうち6~8時間程度なのです。精子の寿命は最長で5日、最短で2日と考えられています。

質が良く、新鮮な卵子と精子が受精することで、妊娠の確率がアップします。そのため個人差も考えると、排卵日前3日と排卵日、その翌日という5日間が、最も妊娠しやすい期間と考えられます。また卵子が新鮮なうちに受精するためには、精子が卵管で待ち受けている状態の方が望ましいのです。

したがって最も妊娠確率が高いのは、排卵日の2日前の夫婦生活といえます。

妊活では排卵当日の性行為が重要という誤解がよくみられますが、実はそれでは、精子が卵管に辿りつく前に卵子の寿命が尽きる可能性もあるのです。

「排卵日の2日前が高確率」その根拠をさらに詳しく!

性行為をすると、膣内に数億個の精子が射精され、卵管までは15分程度、受精する卵管膨大部までは1時間ほどで到達します。ですが精子は射精された直後にはまだ、卵子と結ばれる「受精能」を持っていません。卵管を目指して子宮内を進んでいく過程で、受精能を獲得するからです。

この受精能を獲得し、精子が受精可能な状態になるまでに5~6時間かかります。受精には、この受精能を獲得した精子と新鮮な卵子が出会わなければなりません。

また先ほど説明したように、卵子が受精可能なタイミングは6~8時間しかありません。そのため精子が先に、受精能を備えた状態で卵管膨大部へ到達し、排卵を待つのがベストなのです。

そうした順序を考えると、やはり、もっとも妊娠が期待できる性行為のタイミングは排卵日の2日前ということになります。

スケジュールを意識しすぎるとストレスに…

夫婦にとって、愛の結晶である赤ちゃんを授かりたいというのは自然な気持ちです。食生活の改善やサプリメントの摂取、禁酒、禁煙などの努力を、妊活とともに始めているご夫婦もいることでしょう。

ですが、あまりにも生活のすべてが妊活中心となったり、妊娠確率のアップを追求しすぎたりするのは、おすすめできません

たとえば予測した排卵日をもとに妊活のスケジュールをたて、夫婦生活を持つ日をきっちり指定することで、旦那さんの気持ちが萎えるという例も少なくないようです。なかには、旦那さんが勃起不全(ED)になったというケースまで…。

また、スケジュール通りに妊活に励んでも、必ず妊娠できる保証はありません。妊娠したかどうかの結果に一喜一憂することで、ストレスが重なり、より妊娠が遠のく可能性もあるのです。

あくまでも夫婦仲を円満に保つことを優先に、互いに歩み寄りながら妊活に取り組みましょう。

妊活中の自然妊娠確率はどんなもの?

若いカップルがタイミングを意識して性交渉を持った場合、1年で85%ほど、生理周期1回あたりでは25%~30%の確率で妊娠に至るといいます。ですが自然妊娠の確率は女性の加齢によって下がっていき、40代前半では生理周期1回あたり5~10%ほどになります。

ただ、体質や生活習慣、生活環境、ストレスなどの影響で、同年代のカップルで比べた場合でも授かりやすさが大きく異なる場合があります。妊娠確率を意識して、心身のコンディションを整えているのに、なかなか授かれないというカップルもいるでしょう。

不妊の定義は「避妊せずに1年間夫婦生活を行って、自然妊娠しない状態」とされています。もし当てはまる場合は、旦那さんと一緒に産婦人科で検査を受けることをおすすめします。

排卵日を把握して妊活に役立てよう!

妊娠の確率を上げるためには、排卵日を予測したうえで、ベストなタイミングで夫婦生活を持つことが大事です。それには基礎体温の計測福さん式(おりものや子宮口のチェック)、オギノ式排卵検査薬など、今回紹介した複数の方法が役立ちます。

さらに、おりものや基礎体温の変化に日ごろから目を向けておけば、自分の健康状態を把握しやすくなります。妊娠後もそれらの習慣を続けておけば、万が一お腹の赤ちゃんに異変が起きたときも、いち早く察知することが可能になります(ただし妊娠後は、出てきたおりもののチェックのみにして、膣や子宮口の触診は避けてくださいね)。

妊活を始めるにあたって、まずは排卵日の特定方法をいくつか試してみるのがおすすめです。そして、良い習慣は続けられるように心がけてみましょう。

  関連記事

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)でも、妊娠できる?注意すべきことは?

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は、女性に多い病気の一つです。20~30代の女性に …

生理中の臭いがきついのは問題?原因と対処法は?

生理中は体調が悪くなるだけでなく、デリケートゾーンの臭いが気になって、ナーバスに …

精子の質を下げる生活習慣を改善しよう!

かつての日本では、不妊の原因は女性にあると考える人が多かったものです。ですが近年 …

乳がんのセルフチェックの方法は?どんな時に病院に行くべき?

乳がんは、中高年代の女性がかかることの多いがんで、日本人女性の20人に1人が発症 …

避妊や生理不順に使用される「ラベルフィーユ」はニキビにも効く?その効果や副作用とは

みなさん低用量ピルと聞くと、「避妊や生理不順などの治療のために飲む婦人科系のお薬 …

生理不順だと妊娠かどうかがわかりくい!妊娠検査薬はいつ使えばいい?

妊娠を望む人にとって生理がくるかこないか毎回ドキドキしますよね。生理予定日から1 …

不妊治療にはどんなものがあるの?費用やタイミングも知りたい!

不妊とは、生殖年齢に達した男女が避妊をせずに性行為をもっているにも関わらず、1年 …

不妊治療からうつ病になることも!対処法が知りたい!

「不妊うつ」という言葉があるほど、不妊治療を行った女性がうつ病を発症するケースは …

男性も知っておこう!女性の避妊手術とは?費用や方法、手術後の妊娠について

経済的にこれ以上妊娠はしたくないというママや、子宝に恵まれたのでもう十分と考えて …

生理不順は食生活で改善できるって本当!?生理不順に効く生活習慣の改善方法とは?

生理の周期が不規則になってしまう生理不順。慢性的に生理不順の人もいますが、なんら …