ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠しやすくなる身体づくりのコツとは?どうすれば妊娠するのか?

   

c9ed0ae1600fe3223e0464dc4719d6f2_s

結婚すれば、自然と妊娠して子どもを産んでといった流れに当然なるものだと思われがちですが、実は結婚して妊娠するまで思った以上に時間がかかる場合が多いのはご存知でしょうか。

特に現代は、食事や環境の影響で昔に比べて妊娠しにくくなっていると言われていますが、少子化といった問題がニュ-スであるように、妊娠率が下がっているのが現状です。

では、どうしたら妊娠しやすくなるのでしょうか。妊娠しやすい体というのはどんな体なのでしょうか

どうすれば妊娠できるのか?

妊娠は男性と女性の「万全な状態」から始まる自然妊娠がとても理想的です。万全な状態というのは、男性の場合は健康な体でかつ、精子の活動が元気な場合です。

女性の場合は、もちろん健康な体と健康な子宮がとても大切になります。また、体だけではなく、食事や健康的な毎日の過ごし方、規則正しい生活など、安定した生活とゆったりとした心の状態での自然妊娠がとても理想的と言われています。

現に実際、不規則な生活リズムの夫婦と、健康的な生活を送っている夫婦では、やはり妊娠率や子供の数なども違いが出てきています。

過酷な条件で生まれてくる赤ちゃんもいますが、それはまれな生命力の賜物であって、本来は安定した条件のよい状況のほうが妊娠しやすいようです

妊娠する確立ってだいたいどのくらい?

new_a0002_006977

妊娠の確立についてお話ししたいと思います。

一般的には両親の年齢が若く、健康な体の夫婦が一番妊娠しやすい排卵日を狙って性交渉したとしても、妊娠する確率としては20%~25%だということはご存知でしょうか。

子どもが欲しいと思うまでは”妊娠は避妊をせずに性交渉したら妊娠する”といったイメ-ジが高いと思いますが、実際にはとても低い確率ということに驚きます。

健康な体でいいタイミングを狙ったときの妊娠率なので、この条件から外れていくほど、確率はどんどん下がっていきます。

最近では男性の「無精子症」や「性欲減退」などによって妊娠率も確実に昔より下がっています。女性も子宮の奇形や病気、晩婚による高齢化なども妊娠率を下げる要因になっています。

逆に妊娠しやすくなるためにはどうしたらいいのか。答えはいたってシンプル。「排卵日に性交渉する」ことが一番妊娠への近道になります。そのためには、女性の規則正しい生理や、自分の排卵日がいつなのかを知っておく必要があります。

また、男性の不妊症チェックも必要です。結婚前後にブライダルチェックをすることも妊娠しやすくするためには必要なイベントです

どの程度妊娠がみられなかったことによって不妊になる?

では、どのような人が不妊といえるのでしょうか。WHOの「不妊の定義」によると、ある一定の期間の中で、避妊せず、通常の性行為を継続的にしているのに、姙娠しない場合は不妊の状態であると決められています

一定期間とは一般的に1年と言われているようです。ただ、性交渉する時点でどちらかに不妊要因がある場合は、一年たたずに不妊状態と言えます。

例えば、女性の場合は、子宮筋腫卵巣脳腫などの良性の病気などによって、子宮や子宮関連の臓器が不妊状態の場合があります。

長年、産婦人科に受診しておらず、生理の経血が異常に多かったり、生理不順、腹痛が激しいなどの症状がある場合は、通常の性交渉をしてもなかなか妊娠に至らないことが多いです。

また、男性の場合は、普通に精子が出ていても検査をしたら無精子症や精子が違う場所へ流れていって、結果的に子宮に届いていない場合もあるので、そういった場合も不妊状態または不妊症になります。

妊娠しやすい体づくりとは?

new_hiesyou_woman

まずは男女とも、自分の生殖機能が正常か、病院に行って検査をしてもらうことがとても重要になります

例えば卵管が細くなっていて妊娠しにくい状態などは卵管通しといって、卵管の管をきれいに掃除してもらうことで妊娠率がかなり上がります。むしろ妊娠しやすい状態となります。

また、子宮筋腫などの子宮奇形がある場合は、手術で取ってしまうことで子宮の壁がなだらかになるので妊娠率が上がります。

男性の場合は、検査によって病気が見つかった場合は、治療をしてから子作りに励むことをオススメします。また精子の数が少ないまたは薄いなどの場合も、狙いを定めて性交渉することでより妊娠率を上げることができます。

また、そのほかに規則正しい生活や食事も大切になります。妊娠は体の温度がとても重要になってきます。

低体温の女性は妊娠しにくかったり、冷え性の方も血流が悪いので胎児が育ちにくかったりしますので、体の温度は1度でもあげる方が妊娠しやすいと言われています。

緊張したり、意気込んだりストレスを感じることで血流も悪くなり、悪循環へとつながっていくので、よりリラックスして毎日を大切に過ごすことで、妊娠へと体が整っていきます。

身体だけでなく心にもゆとりを持ちましょう

このように、妊娠とは20~25%の低い確率と、いろんな条件の奇跡で成功するとても神秘的なメカニズムなのです。かわいい赤ちゃんを夢見るばかりに、そのことばかり集中して、毎日を大切にしないとバランスは崩れてしまいます。

特に男性は緊張しやすい生き物なので、ピリピリしたム-ドを察してリラックスできなくなってしまうと、妊娠率がさらに下がってしまいます。

お互いの体の健康チェックをしながらも、規則正しい生活、体によい食事をしながらリラックスして体を整えていくことが大切ですね。

排卵日を狙って性交渉することで妊娠に近づくことができるので、基礎体温をチェックしておくといいですね

  関連記事

生理不順だと妊娠かどうかがわかりくい!妊娠検査薬はいつ使えばいい?

妊娠を望む人にとって生理がくるかこないか毎回ドキドキしますよね。生理予定日から1 …

妊娠したい方必見!子宮鏡検査って何するの?その方法や時期、費用は?痛みはある?

経腟超音波検査や子宮卵管造影検査など一般的な不妊検査を行った際に、何か異常が見つ …

男性が高齢だと男の子が生まれにくいって本当?

日本には「高齢出産」という言葉があり、35歳以上で出産する女性は、ここに分類され …

まだチャンスはある!?40代の妊娠の可能性について

晩婚化が進む日本では、初産が高齢出産になる女性も比例して増えています。そのため、 …

低用量ピル「マーベロン」について…トリキュラーとの違いは?

ひとくちに「ピル(経口避妊薬)」といっても、いくつか種類が存在します。同じような …

更年期障害に漢方薬は効く?飲むにあたっての注意点とは?

更年期障害とは、50代の女性がなるものと、思い込んでいる人が多いのではないでしょ …

生理が長引くのは病気?過長月経の症状や治療法とは

正常な生理周期は、25~38日といわれてます。その周期が長くなったり、短くなるこ …

体外受精で妊娠確率を上げる方法はあるの?

体外受精(IVF)では、卵子と精子を体外で受精させ、ある程度分割させてから子宮に …

セルフチェックで早期発見もできる!乳がんについて正しく知ろう

歌舞伎役者の市川海老蔵さんの妻で、フリーキャスターの小林麻央さんが進行乳がんで治 …

妊娠を望んでいるならやっておこう!妊娠前にやっておいた方がいいことまとめ

妊娠中にできないことはいろいろあるので妊娠前にやっておきましょう! 妊娠した後は …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss