ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

痩せるなら生理後のタイミングがおすすめ!効果的な方法とは?

   

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

ダイエット情報に詳しい女性なら、生理周期によって、効果が出やすい時期と出にくい時期があることを、きっと知っていることと思います。

生理周期でみると、生理後が一番痩せるのに最適なタイミングといわれています。

そこで今回は、生理後が痩せやすい理由に加え、より効率的に痩せるための運動や食事について、お話しします。

せっかくダイエットをするなら、タイミングを重視して、より効率的に痩せる方が続けやすいはずです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

生理後が痩せやすい理由は何?

女性の生理周期は、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌バランスにより、保たれています。そして、エストロゲンとプロゲステロンが、痩せやすさにも関連しています

排卵を迎えると、妊娠に備えるために、プロゲステロンの分泌量が増えます。その結果、体内に水分や栄養を蓄えようとするので、代謝が下がり、痩せにくくなってしまうのです。

ですが、生理後には排卵に備えて卵胞を成熟させるため、エストロゲンの分泌量が増えます。このエストロゲンには、新陳代謝を高める作用があるので、排卵日までの2週間が、最も痩せやすいといわれています。

また、生理後は生理前に蓄えていた、余分な水分が排出されるので、何もしなくても体重が減ることがあります。

生理後のダイエットに効果的な運動をご紹介!

では、より効率的に痩せるために、生理後に効果的なおすすめの運動について、紹介しておきましょう。

まず、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動です。

有酸素運動をすることで、体脂肪が燃焼されます。生理直後は歩いたり走ったりする距離は短めで大丈夫です。身体が慣れたら徐々に距離を延ばしましょう。

そして、筋肉トレーニングです。

筋肉がつくと、基礎代謝があがり、脂肪が燃焼されやすくなります。そのため、女性が気にすることの多いお腹や太ももを鍛える、筋肉トレーニングを習慣にすることをおすすめします。

より効果的に痩せたいときには、筋肉トレーニングを行ってから、有酸素運動をするとよいでしょう。脂肪燃焼効果がよりアップするので、効果を実感しやすいはずです。

生理後に痩せるための食事

19d381909f05cbdec6a5c9d1889a1965_s

そして、運動に食事を組み合わせると、より痩せやすくなります。

生理後の食事では、食物繊維を意識して食べるように心がけましょう。

根菜類海藻類は食物繊維が豊富なだけでなく、ローカロリーで満腹感を得やすいです。便通もよくなるので、生理前から生理中に溜まった老廃物を、食物繊維に押し出してもらいましょう。また、食べ過ぎを抑えるのにも、効果的です。

そして、生理後は甘いものを控えることを意識してください。

生理後は基礎代謝が上がってはいますが、摂取カロリーが高いのでおすすめできません。朝食を食べる際にフルーツにするなど、自然の甘みを味わいつつ、身体に不可欠な酵素を摂取することで、より痩せやすくなるはずです。

ぜひ、実践してください。

痩せるタイミングを有効活用しよう!

生理後は、確かに痩せやすいタイミングです。

ですが、ここぞとばかりに無理な食事制限や運動を行うと、心身に大きな負荷がかかってしまいます。その結果、女性ホルモンのバランスが崩れると、かえって肥満につながることもあるのです。

そのため、無理は禁物です。

生理周期を保つためには、規則正しい生活習慣を持つことが大事ですので、生理後はいつもより気持ち程度、運動量を増やす、食べる量をちょっと減らすなど、心身に負担にならない程度のダイエットをするのがおすすめです

また、生理前に豆乳を飲んだり、むくみや冷えを予防するのも、ダイエットには効果的です。

いろいろな方法と組み合わせて、ダイエットにつなげてください。

  関連記事

子宮がん検診を受けている人も子宮体がんに注意!不妊との関係は?

子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれ、子宮の内側にある子宮内膜という粘膜に発生する …

妊娠検査薬にも使用期限が存在する!?古いものを使用した場合に出る結果の信憑性は?

生理予定日を過ぎても生理が来ていなくて、心当たりがある場合は『もしかして妊娠!? …

女性の妊娠適齢期っていくつなの?その理由は?

現代の日本では、晩婚化が進んでいます。結婚後も仕事を続ける女性も多く、キャリアと …

若い人の出産と高齢出産にかかる費用の違いとは?高齢出産ならではの助成金があるって本当?

かつての日本では若年出産するのが当たり前で、専業主婦のママに育てられる子どもが圧 …

妊活中に処方されたルナベルというピルには副作用はない?

ピルと聞くと、経口避妊薬を連想する女性が多いのではないでしょうか。「ルナベル」も …

不妊治療で有名な体外受精と顕微授精は男の子が生まれる確率が高い?産み分けはできるの?

愛する人との子どもが欲しい。「一緒にショッピングを楽しんだり料理を作ったりできる …

不妊症や習慣性流産の原因になる、子宮発育不全は治療できるの?

女性特有の不妊原因に、卵巣や子宮の機能不全があります。「子宮発育不全」も、子宮機 …

妊活者必見!性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)と妊娠の関係とは?

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)とは、妊娠には必要不可欠とされるほど、重要な役 …

生理中のお風呂ってどうしている?入浴時の注意点は?

生理中に湯船につかってよいものかどうか判断しかねて、シャワー浴で済ませる女性が多 …

体外受精で行われる桑実胚移植って何?妊娠の確率は高い?

妊活を始めて、タイミング法や人工授精(AIH)を試しても効果がなかった際には、体 …