ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠は準備期間も大切!妊活中に心がけたいこととは?

   

可愛い我が子を健康に出産するためには、妊娠中だけ生活を改善すればよいわけではありません。

妊娠前に母体の状態をいかによくしておくかが、とても大切なのです。また、妊娠することで、行うのが難しくなることもいろいろあります。

そこで今回は、妊娠する前に済ませておきたいことについて、お話しします。合わせて、妊娠しやすい身体をつくる方法も紹介するので、できることから実践して、妊活サポートとして活用してみてください。

妊娠前に済ませておきたい準備とは?

妊娠中から授乳中にかけては、ママの生活が赤ちゃんの健康に直結するので、避けた方がよいこと、できても時間や手間がかかることが、いろいろあります。そこで、妊娠前に済ませておきたいことを、いくつか紹介しておきましょう。

まず、歯の治療です。

妊娠初期はつわりに苦しむママが多いですし、妊娠後期には診療ユニットに長時間座るのが難しくなります。そのため、妊娠前に歯科検診を受け、虫歯の治療や親知らずの抜歯は済ませておくことをおすすめします。

次に、予防接種を済ませることです。

水ぼうそう風疹など、妊娠中にかかると心配な病気があります。お腹の赤ちゃんに影響のある病気の予防接種は、妊娠前に済ませておく方が無難です。

そして、節酒と禁煙です。

妊娠中の多量のアルコール摂取や喫煙は、お腹の赤ちゃんの発達障害を引き起こしかねません。妊娠前から、止める努力をしておきましょう。

妊娠しやすい身体をつくるためにできることは?

妊活を始めるにあたって、自分の身体を妊娠しやすい状態にしておくことも、とても大事です。妊娠適齢期を過ぎていたり、疲れやストレスで卵巣や子宮の機能が弱まると、妊娠しにくくなってしまいます。

そこで、妊娠しやすい身体をつくるために、生活習慣の見直しをすることから始めましょう。次を参考にしてください。

  • ストレス解消を心がける
  • 良質な睡眠をとる
  • 節酒・禁煙する
  • 栄養バランスのとれた食事をする
  • 適度な運動をする など

また、女性の中には、自分が冷え体質である自覚がない人も多いようです。身体を冷やさないよう、以下のことを意識しましょう。

  • シャワー浴ではなく入浴を心がける
  • 冷たい飲み物ではなく、常温や温かい飲み物を飲む
  • 血行を阻害するような身体を締め付ける洋服を着るのは避ける など

男性も妊活の準備が大切!

実は、妊娠前に準備が必要なのは、女性だけではありません。妊娠するためには、男性の力も必要なので、同じように生活習慣の見直しをしておく方がよいのです。次を参考にしてください。

  • 飲酒と喫煙を控える
  • 良質な睡眠をとる
  • 栄養バランスのとれた食事をする
  • 適度に運動する など

そして、男性特有の注意点として、精巣を温め過ぎないことがあげられます。よく膝上にノートパソコンを置いて作業する男性がいますが、良質な精子をつくるためには、避けた方がよい習慣です。

そして、精子は毎日つくられますので、劣化した精子を2~3日置きに出すようにすると、良質な精子が受精できる確率があがります

また、野菜やキノコ類を意識して摂取するのも、おすすめです。

生活習慣を見直して、妊活に励もう!

厚生労働省では、妊娠中の女性だけでなく、妊活中の女性に対しても、葉酸サプリの摂取を奨励しています

妊娠が成立してから、女性が妊娠を自覚するまでの間に、お腹の赤ちゃんは猛烈な勢いで細胞分裂をくり返しています。先天性異常を避けるためには、母体の健康や栄養の状態が重要なのです。

そのため、妊活を始める前にきちんと準備を整えておくのがおすすめです。カフェインの摂取量を減らすのも、そうした準備の一つです。

また、妊娠すると行きにくくなる、美容室やエステティックサロン、マッサージも、妊娠前に行っておきましょう。

  関連記事

子宮筋腫は大きさや場所の違いで治療法が変わるって本当?その目安とは?

子宮筋腫という言葉を女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 子宮 …

鎮痛剤として使用されているロキソニン!実は生理痛にも効果がある!?気になる効果や副作用は?

月に1度来る生理は女性にとって永遠の悩みですよね。特に生理痛がひどいと日常生活に …

婦人科検診ってどんな内容なの?診察時は痛みがあるの?

結婚を控えていたり、妊活を始める前に、婦人科検診を受ける女性が増えています。病気 …

男性不妊の原因である逆行性射精とは?逆行性射精と診断されても妊娠はできるの?

健康な男女が2年以上避妊せずに夫婦生活をもっても妊娠しない場合、「不妊症」という …

「子宮頚部びらん」って何のこと?どんな症状なの?妊活に影響は出る?

「子宮頚部びらん」という言葉を聞いたことがありますか?初めて耳にする方にとっては …

PCOSにはピニトールがいいって本当?その効果・効能とは?

女性不妊の原因にも、さまざまな種類があります。女性不妊の30%は排卵障害で、その …

生理中の便秘が辛い!その原因と対処法を教えて!

生理前から生理中に、不快な症状があらわれる女性がたくさんいます。貧血や生理痛、イ …

ED(勃起障害)は男性不妊の上位を占める!?その原因と治療法とは

赤ちゃんがほしいのに、夫が協力してくれないことに、不満を持つ妻が少なくないようで …

卵管癒着や卵管閉鎖が起こる原因は何?治療すれば妊娠できる?

卵巣から子宮までをつないでいるのが、卵管と呼ばれる長さ約10cm、内径約1mmの …

妊活中なら知っておきたい、不育症のこと

妊婦さんのうち約10~20%は、自然流産を経験するといわれています。これは、受精 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss