ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

生理後はいつも体がだるい。原因と対処法はあるの?

   

女性の体は、生理周期によってコントロールされています。そのため、生理前や生理中に体調不良がおこりやすいものです。そして、あまり話題にはなりませんが、生理後に体のだるさを感じる女性もいます。

そこで今回は、生理後に体がだるくなる原因と対処法について、お話しします。また、生理後の体のだるさを予防する方法も紹介しますので、ぜひ実践し、辛い症状を軽減させる一助にしてください。また、病気の可能性もあるので、軽視しないようにしましょう。

生理後に体がだるい原因とは?

女性は、生理後から卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増え、そして、排卵日を境に黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増えることで、生理周期をつくっています。エストロゲンの分泌量が多い時期は精神を高揚させるので、心身ともに調子がよいことが多いです。

ですが、プロゲステロンの分泌量が増えると、妊娠に備えて基礎体温が上昇し、代謝を悪くさせるので、だるさを感じやすくなります。通常、生理が始まると、こうした体の重さやだるさは解消されるのですが、女性ホルモンのバランスが崩れると、生理後にもそれが続くことがあるのです。

合わせて、生理中の経血量が多いと、貧血症状があらわれることがあります。それが、体のだるさにつながることもあるのです。

生理後に体がだるいときの対処法は?

では、生理後に体のだるさが続くときには、どう対処したらよいのでしょうか。まず、休養することです。

女性ホルモンのバランスの乱れは、薬ですぐに改善できるものではありません。そのため、体がだるくて辛いときには、睡眠を十分にとり、リラックスして過ごすのが一番です。そして、貧血気味なのであれば、鉄分を摂取することで、症状が楽になることがあります。

動物性の鉄分の方が吸収率は高いので、肉や魚介類を意識して食べるようにしましょう。緑黄色野菜や海藻類に含まれる植物性の鉄分は、ビタミンCと一緒にとると吸収率が高くなるのでおすすめです。

また、鉄分サプリを飲むと手軽に摂取できるので、体がだるくて調理が辛いときに活用してみましょう。

生理後に体がだるくなるのを予防する方法は?

毎月、生理後に体がだるくなっているなら、女性ホルモンのバランスを整えるべく、生活習慣の見直しをすると良いでしょう。

以下の4点は、女性ホルモンのバランスを整えるのにとても有効です。

  • 栄養バランスのとれた食事
  • 良質な睡眠
  • 適度な運動
  • ストレスの解消

また、貧血の予防も、生理後の体のだるさを軽減してくれます。日ごろから、鉄分が多く含まれている食材を意識して食べるようにしましょう。

鉄分が多く含まれている食材をご紹介します。

動物性食品
  • 牛・豚・鶏のレバーや赤身
  • カツオ
  • マグロ
  • イワシ
  • サバ など
植物性食品
  • 小松菜
  • トウモロコシ
  • ホウレンソウ
  • 枝豆
  • 切り干し大根
  • 乾燥ヒジキ など

また、体のだるさには血行も大きく関わっています。ウォーキングやストレッチの習慣をつける、入浴して体を温めることを、生活習慣に加えましょう。

体調不良が続くなら、一度病院で検査を受けよう

生理前の体調不良はPMS(月経前症候群)、生理中は生理痛や経血の排出に伴う不快症状が考えられますが、生理後に体がだるくなるのは、本来あることではないのです

生活習慣を改善しても、生理後の体のだるさが変わらない場合は、病気の兆候としてあらわれている可能性があります。

子宮内膜症や子宮筋腫を発症していると、不妊症につながっていくこともあるので、軽視してはいけません。

基礎体温をつけたり、生理中の異変がないかをチェックして、心配なときには病院で診察を受けましょう。婦人科検診によって病気が早期に見つかれば、完治も早くなるはずです。

  関連記事

精子過剰症の人は精子の量が正常な人の倍!影響や治療法について教えて

精子過剰症というのは読んで字のごとく、精子が過剰に作られてしまう状態のことをいい …

子宮癌の原因や症状を正しく知って、早期発見・早期治療を心がけよう!

女性特有の病気である子宮癌。以前は欧米の女性に多くみられる癌と言われてきましたが …

育休復帰後の2人目の妊娠のタイミングをどう考える?

晩婚化が進む日本では、高齢出産する女性が増えています。高齢出産は、子どもの先天性 …

初めて産婦人科を受診する際のポイントは?必要なものはある?

病院に行くのをいとわない女性であっても、初めて産婦人科を訪れるときには、敷居の高 …

生理前になるとおならが増える?妊活中なら妊娠の前兆かも!

女性の身体は、生理周期によって変化します。生理の影響で多く聞かれるのが、生理前と …

女性に多い病気「甲状腺機能低下症」について…妊娠や赤ちゃんへの影響は?

「甲状腺機能低下症」と聞いても、ピンとこないかもしれません。あまり耳馴染みのない …

インフルエンザの予防接種は意味がない?効果はある?

毎年寒い冬がやってくるとインフルエンザが大流行しますよね。学校では学級閉鎖になる …

卵巣年齢がわかる!?「AMH(抗ミュラー管ホルモン)」の検査について

「AMH(抗ミュラー管ホルモン)」という数値が存在します。あまり耳馴染みのないキ …

不妊症の原因にもなる!若い女性に増えている多嚢胞性卵巣症候群について知っておこう

近頃、若い女性でも排卵障害に悩んでいる人が多いのは知っていますか?その中でも多嚢 …

精子の質を下げる生活習慣を改善しよう!

かつての日本では、不妊の原因は女性にあると考える人が多かったものです。ですが近年 …