ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

生理前や生理中に猛烈な眠気を感じるのはなぜ?対処法はあるの?

   

生理前や生理中に、不快な症状を感じるのは、女性にとって日常的なことかもしれません。ですが、それが猛烈な眠気だった場合、日常生活に支障をきたすこともあります。

そこで今回は、生理前や生理中に猛烈な眠気を感じる原因と対処法について、お話しします。

毎月、生理前や生理中に猛烈な眠気を感じているようなら、その時期がくるまでに予防措置を講じるのも一つの方法です。日常生活に影響が出ないように、上手に折り合っていきましょう。

生理前に眠気を感じる原因とは?

まず、生理前に眠気を感じやすくなる原因について、説明しましょう。

排卵日を過ぎると、受精卵を着床しやすく、妊娠を維持しやすいように、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増えます。プロゲステロンの分泌量が増えると、子宮を温めようとするので、基礎体温があがります

通常、睡眠時は体温が下がるので熟睡できるのですが、基礎体温が高いと睡眠の質が下がります。その結果、寝ている時間は変わらなくても、睡眠に入りにくくなってしまい、結果として眠り足りない状態が生まれるのです。

また、プロゲステロンには、脳の活動を休ませる働きがあります。そのため、眠りに導こうとするので、生理前に眠気を感じやすくなってしまうのです。

生理中に眠気を感じる原因は?

プロゲステロンの分泌量は生理が始まることにより、少しずつ減少します。ですが、その影響は生理中もまだ続いています。そのため、生理が始まっても、強い眠気を感じることがあるのです。

また、生理中は経血を排出するために、子宮収縮を促そうとし、身体の血液の多くが子宮周辺に集まります。すると、脳に十分な酸素や血液が送られなくなります。その結果、虚血性貧血がおこり、身体を休ませるために、眠気をもよおすこともあるのです。

よくも悪くも、女性の身体はホルモンバランスの変化に、大きく影響されます。生理中の眠気を改善するためには、まず生理周期に合わせて、正常な女性ホルモンのバランスを保つことが一番です。

自分の体調を知るには、基礎体温をつけるのがおすすめなので、妊活の予定がなくても、健康管理のために計測を習慣にすることをおすすめします。

生理前や生理中に感じる眠気の対処法は?

では、生理前や生理中に猛烈な眠気を感じるときには、どう対処したらよいのでしょうか。まず、可能であれば仮眠をとることです。

眠気は我慢すると強くなるので、15~20分の仮眠をとってしまうのです。仕事の昼休みに仮眠時間を組み込むと、午後は眠気を感じずに働けるようになります。

また、仮眠が難しければ、眠気を解消するツボを押してみましょう。眠気を解消するツボを2つご紹介します。

合谷

手の親指と人差し指の間で、やや人差し指寄りの部分

中衝

手の中指の親指側にある爪の生え際あたり

そのほかにも、眠気を感じたときにストレッチをする、冷たい水で顔を洗う、睡眠の質をあげることも、眠気防止には効果的です。

予防のために生活習慣を見直そう!

生理前や生理中の猛烈な眠気を改善するためには、ホルモンバランスを整え、貧血を予防し、良質な睡眠をとることが大切です。

そのためには、生活習慣を見直すのが一番です。ストレスの解消や食生活、睡眠環境の改善を心がけましょう。

以下は、寝つきをよくするのに、有効です。

  • アロマを活用する
  • 就寝前にゆっくり湯船につかる
  • 眠る1時間前にはパソコンやスマホ、テレビを見ない など

また、どうしても仮眠をとれないときには、目の覚めるアロマをかぐのも、方法の一つです。目の覚めるアロマを一部ご紹介します。

  • ペパーミント
  • ローズマリー
  • レモン
  • ユーカリ
  • ミルラ など

できることから、実践してみてください。

  関連記事

不妊を改善できるかも!治療薬「カバサール」の効果とリスク

なかなか妊娠できなくて…、と不妊にお悩みの方は、「高プロラクチン血症」にかかって …

ロキタンスキー症候群の女性に朗報!臨床研究に向け絵準備が進んでいる子宮移植のこと

医学の進歩に伴い、生殖補助医療技術は急速に進化し、世界に普及しています。1978 …

妊活を考えてる人必見!妊娠するタイミングとは?生理痛と排卵痛の痛みの違いを調査!

妊娠するにはタイミングが大事というのは多くの人が知っていると思いますが、排卵と妊 …

どうして排卵日が近づいてくるとおりものが伸びやすくなるの?排卵日前に性交をした時の妊娠する確率は?

妊娠を希望している方は、おりものの状態を日頃から観察している方も多いと思います。 …

育休復帰後の2人目の妊娠のタイミングをどう考える?

晩婚化が進む日本では、高齢出産する女性が増えています。高齢出産は、子どもの先天性 …

卵子提供は日本でも出来る?どんなリスクがあるのか、必ず知っておこう!

不妊治療を受けていても必ずしも妊娠に成功できるとはいえず、赤ちゃんをなかなか授か …

女性の妊娠適齢期っていくつなの?その理由は?

現代の日本では、晩婚化が進んでいます。結婚後も仕事を続ける女性も多く、キャリアと …

生理前に臭いがきつくなるのが気になる!その原因と対処法は?

生理前になると、デリケートゾーンの臭いがきつくなっているように感じる女性が、案外 …

生理の出血の中にレバーのような塊が!妊活に影響はある?

妊活中の女性は、生理の周期や状態をきちんと観察することが大切です。そしてもし、生 …

体外受精で行われる桑実胚移植って何?妊娠の確率は高い?

妊活を始めて、タイミング法や人工授精(AIH)を試しても効果がなかった際には、体 …