ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

生理前のむくみは、あなただけの悩みじゃない!「生理前のむくみ」のお悩み大解決!

   

生理が近くなると、顔がむくんで太って見える…。」「いつもより夕方の足のパンパンがすごくて、靴が入らない!」こんな経験ありませんか?

生理前のむくみ、実はあなただけの悩みではありません。生理の前にむくみがおこるのは、女性ホルモンが大きく影響するためだと言われており、多くの女性が悩んでいるのです。

そこで今回は、「生理前のむくみ」の原因と解消法・予防法をご紹介します。一緒に「生理前のむくみ」のお悩みを大解決していきましょう!

むくみとは

そもそも「むくみ」とは、どのようなものなのでしょうか。むくみは、医学的には「浮腫」と呼ばれ、血液中の水分が血管やリンパ管の外側に染み出し、ある部分に溜まってしまうことでおこります。

「仕事を終えるころには、足がパンパン!」「塩っ辛い物を食べ過ぎた後に顔がむくんでる!」こんな経験ある方は多いのではないのでしょうか。むくみは脚や顔、まぶたなどによくみられます。

一般的なむくみの原因は、ストレス、塩分の取りすぎ、睡眠不足、冷え、運動不足などです

生理前はなぜむくみやすいの?原因は?

一般的な原因によるむくみ以外にも、女性特有の「生理前のむくみ」があります。生理前のむくみは、月経前症候群(PMS)の代表的な症状の一つです

生理の3~10日前頃から全身・顔にむくみがおこります。症状の程度にもよりますが、むくみのせいでいつもの服や靴がきつく感じることも。この生理前のむくみは、女性ホルモンの働きによって引きおこされます

生理前に分泌量が増える「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、体の中で妊娠の準備をするホルモンです。その準備の一環として、栄養や水分を体に溜めこもうとする働きがあります。このホルモンの働きにより、生理前は水分の排出が行われにくくなり、カラダのさまざまな部分でむくみがおこってしまうのです。

生理前のむくみの解消法は?

生理前のむくみは、生理が始まりホルモンバランスが元に戻ると自然に治ります。しかし自然に戻るとは言え、むくんだ顔や足で生活することは辛い!

むくみが出てきたときにできる解消法をご紹介します。

冷温パック

温めたタオルと冷たいタオルを交互に顔に当て、血行をよくします。朝、むくみが気になるときなどに簡単にできるためオススメです。温タオルは、濡らして電子レンジで温めれば簡単に作れます。

それぞれのタオルを20秒ほどずつ、各3回位を目安にやってみましょう。

ゴキブリポーズの体操

仰向けに寝て、手足をあげ、力を抜いてぶらぶらと揺らします。寝おきや就寝前などに、1分間を目標に実践してみてください。脚を上げることで、脚で滞っていた水分が心臓に戻ることを助けます。

また、手足を動かすことで体が温まり、体全体の血行もよくなりますよ。

これらの他にも、シャワーではなく入浴して血行を促進するむくんでいる部分のマッサージをすることもむくみの解消に効果的です。

むくみの予防方法

生理前のむくみは、月経サイクルに欠かせない女性ホルモンの働きによりおこるため、根本的に無くすことは難しいです。しかし、生活を見直すことで症状を軽減することはできます

アルコールを控える

アルコールを摂取しすぎると、体内では水分の貯蓄をする働きがおこります。これは、アルコール濃度を少しでも下げようとするためです。

ただでさえむくみやすい飲み会の翌朝。生理前は特にむくむので、飲みすぎには注意しましょうね。

塩分の取りすぎに注意する

塩分を摂りすぎると、カラダは塩分を薄めるために水分を体内に残そうとします。薄味は健康のために重要ですので、生理前だけでなく日頃から塩分控えめを心掛けましょう。

カリウムの含まれる食品を摂る

カリウムには利尿作用があるため、体内の水分排出を助けてくれます。

カボチャやトマト、バナナ、海藻類、キノコ類に多く含まれているので、積極的に食事に取り入れましょう。

適度な水分摂取

「むくむ時期に水分を取ると、もっとむくみそう!」と思いがちですが、そうではありません。

カラダは足りていないものは、体内に溜めこんでおこうとします。これには水分も当てはまります。

適度に水分補給することも、むくみを予防するために必要なことなのです。

適度な運動、血行促進の工夫をする

脚や体全体を使った運動をすると、むくみはおこりにくくなります。毎日続けられる運動を生活に取り入れてみましょう。

入浴やマッサージで血行を促進することも◎!寝る時や立ち仕事をするときに、むくみ予防の着圧ソックス等を使用することもオススメです。

生活を見直し、生理前のむくみを軽減しよう!

生理前のむくみは、月経周期の中で女性のカラダが自然におこしてしまうものです。「すぐに治るし仕方ないか」と放置していませんか?ちょっとした習慣の見直しや解消法を生活に取り入れることで、むくみは軽減できるかもしれません

むくみのせいで「嫌な生理」になってしまわないよう、ご自分の生理前のむくみと向き合っていきましょう。

むくみの程度がひどい、生理前だけでなく持続的にむくんでいる場合には、他の病気や要因が影響しているかもしれません。このような場合には病院受診し、むくみの原因を見つけられるようにしてくださいね。

  関連記事

子宮筋腫は大きさや場所の違いで治療法が変わるって本当?その目安とは?

子宮筋腫という言葉を女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 子宮 …

不妊治療で果たすピルの役割って何?飲まなければいけないの?

ピルと聞くと、予定がある時に生理開始日をずらす、あるいは経口避妊薬としてイメージ …

不妊の原因にもなりうる!筋腫分娩の症状と治療法のこと

「筋腫分娩」と聞くと、出産に関わりがありそうだと思う人が多いと思いますが、これは …

女性の妊娠適齢期っていくつなの?その理由は?

現代の日本では、晩婚化が進んでいます。結婚後も仕事を続ける女性も多く、キャリアと …

着床前診断でわかることとは?メリットだけでなくデメリットについても覚えておこう!

着床前診断の詳細についてご紹介!費用やメリット・デメリットは? 現在妊活中の方で …

男性も知っておこう!女性の避妊手術とは?費用や方法、手術後の妊娠について

経済的にこれ以上妊娠はしたくないというママや、子宝に恵まれたのでもう十分と考えて …

不妊検査で卵管閉塞(卵管狭窄)が見つかった!妊娠できる?

女性側の不妊原因の一つに、卵管閉塞(卵管狭窄)があります。精子と卵子は卵管采で出 …

10代で妊娠するひとってどのくらいいるの?そのリスクとは?

初潮を迎えた女性は年齢に関わらず、避妊せずに性交渉をもつと妊娠する可能性がありま …

早期発見が難しい「卵巣がん」…少しでも早く治療をするために心がけたいこととは

卵巣の腫瘍のうち、悪性であると卵巣がんと診断されます。卵巣がんは、早期発見が難し …

検診で子宮頸がん疑い!妊娠はいつできる?

妊婦健診や健康診断のための検診で、子宮頸がんの疑いがあると告げられる女性が少なか …